うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1103日 】 2017年04月07日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1103 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 近所 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

「お願いね」回覧板を頼まれておとなになった気がしたあの日

二宮 隼人

8 7+1

かんぬきたくみハナゾウむうこぽつりCIPHERきい遠木音

自分にもそんな頃がありました。お隣に回覧板を持っていくだけなのに大人になった気分になる不思議。今は面倒?!なのに。
むうこ


もう吠えない近所のわんこをなでている満期のような春が来ました

西村湯呑

6 5+1


ここからは家の近所と言えるので呼吸は更に無意識となる

鳥尾鮭介

6 5+1

松木秀キョースケ堂那灼風小林通天閣衣未(みみ)

無意識になったはずの呼吸をあえて意識化・対象化して短歌にしているのが面白いです。作中主体は呼吸が無意識になったことにどうやって気づいたのでしょうか。ある意味でウソをついている歌に見えるのですが、あまりにも身近な呼吸というものの不気味さ・とらえどころのなさにかえって共感させられます。
小林通天閣


話したくない事ぜんぶ夕焼けに近所の猫が溶かしてくれた

苔井 茅

4 3+1


「近所まで行く」とニートのおとうとがどうも気にしているハクモクレン

西村曜

3 2+1 星


丸善が近所にあればそれで良いここが実家であればなお良い

大橋春人 家

3 2+1 星


神さまの家も近所にあるんだよ石のわんこが目印だって

わらび

3 2+1 星

詩音森下裕隆

「石のわんこ」は狛犬のことでしょうか。小さな子どもが初めてひとりで近所を探検してきて、それを自慢げに親に報告しているような可愛らしさがあります。
森下裕隆


ご近所のおじさんはもう帰らない百日紅がまだ芽吹く前の日

民生

3 2+1 星

白子わらび

切ない……!
きっと美しく咲くのであろう百日紅をおじさんは(理由が何であれ)見られないのかと思うと涙が……

わらび

♡に♪ありがとうございました。

わらび さま
貴重な評をありがとうございます。この近所のおじさん(おじいさん)は一人暮らしで、ずっとご家族と暮らすのを拒んでいたのに、通院途中でご家族に連れて行かれたままでした。ご挨拶もできずに。お元気でいらっしゃることを願うばかりです。せつない気持ちが伝わってよかったです。

民生


おとなりに越してきましたまみです。と納豆巻きを渡してくれる

森下裕隆

3 2+1 星

大橋春人西村湯呑

間違っていたら申し訳ないのですが、これは「手紙魔まみ」のパロディ(?)短歌なのでしょうか。「まみ」という名前と「納豆巻き」(納豆巻きの短歌がたしかあったのです)からそうかと判断したのですが……。どちらにせよ、たのしいお歌です。引っ越しの挨拶に納豆巻きを渡してくれるまみ、かわいいです。
西村曜

手紙魔かもしれませんね。
大橋春人


顔を見たこともないけどいつもいつも美味しい夕餉の匂うあの窓

ハナゾウ

2 1+1

民生

通りがかりでも、美味しいにおいのしてくるお宅がありますよね。なんだかほっとしたりもします。
民生


つっかけで豆腐屋へ行く夕まぐれ転勤族を今は忘れて

葵の助

2 1+1

西村曜

うちも転勤族だったので、馴染みの店のようなものに憧れました。つっかけで行ける距離に豆腐屋さんがえるのはいいですね。
民生


愛欲を持て余しつつ真夜中にうろついている 変身しそう

ミルトン

2 1+1


ひび割れは近所にもあり俺たちは見ないふりして破局へ走る

堂那灼風 家

2 1+1


裏に住む幼なじみにまたひとり生まれたことを新聞で知る

桔梗

1 0+1


ご近所の名もない祭りの焼きそばがたまに美味くて気になる季節

松岡拓司

1 1

鳥尾鮭介

先週の日曜、近所で桜祭がありました。まだ満開には程遠かったけれども、各種屋台が並んでいて、心づくしの料理を売っていました。少々寒かったのですが、こんな時におでんを食べたくなるのは何故なんでしょうね? まあ、おでんも旨いけれど、焼きそばを食べる気がそそられるのも屋台ならでは。ソースと青海苔と紅生姜の香りがたまらない。季節によるものじゃないけれど、気にはなりますね。
雨宮 司


深呼吸代わりに上を見上げれば近所の田中さんちの桜

天野うずめ 家

1 0+1


ご近所の平均年齢高くなり夜は早く更け静かな月夜

遠木音

1 0+1


いつもなら近所の塀を闊歩する猫は見合わせている 花あらし

1 1


隣家から幼い子らの声聞こえ子のない身には不思議な旋律

キョースケ

1 0+1


あの角を曲がればすぐにぼくの家隣近所に春が住んでる

白子

1 0+1


本年度、組長を引き受けたので「組長」と呼ばなきゃ働かないよ

えだまめ

1 0+1


ご近所の花屋で買った桜だけど吾子は信じる「花さかじいさん」

1 0+1


野良猫に餌をやるなよ どうしても餌をやるなら家で飼ってよ

詩音

1 0+1


詰め襟の学生つぎつぎジャスコへとすいこまれていく春の駅前

1 0+1


ここ数年で近所のハゲはみんな死にふさふさな人しか生きてない

松木秀

1 0+1

ハゲなので死ぬかもしれません(笑)
大橋春人


いつの間に店仕舞いしたの?ご近所のローストビーフ丼店

きい

1 0+1

どんまい!

見覚えのある自転車がスーパーに話が長いご近所ママかも

むうこ 家

1 0+1 星

どんまい!

ご近所の廃墟を侵すゴロツキを地獄へ送る即時通報

どんまい!

近所とは3キロ先を言うここはもしかせんでも秘境なのかな

心伝

0 0

北海道かな? それとも山間部? どうもはっきりしませんが、人口密集地でないことは確かですね。自宅から3キロ圏内に家がないのは充分に過疎地です。「秘境」と言われると反射的に人外魔境を連想してしまって嫌なのですが、この場合は「秘境」の語を用いても、差し支えない現状のようですね。過疎地では、車がないと行動にも支障をきたします。「秘境」でしょうね。私が言うのも何ですが。
雨宮 司


ご近所へ挨拶に行く役割は家族の中で猫たちらしい

0 0


我が家から曲がり角を進んだら猫の集会場所があります

うた猫

0 0


昨日 2017年04月07日(金) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 04 
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30