うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1098日 】 2017年04月02日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1098 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 北咲あす佳 

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 チケット 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

野の花の開く音だけ取り出したコンサートチケットひとつ下さい

薄荷。

7 6+1


金色の木の葉二枚を差し出してきつね二名で通してもらう

きつね

5 4+1 星

さはらや苔井 茅ミオナマジコ二宮 隼人

童話『てぶくろをかいに』を思い出しました。あれは子狐が本物のお金を持って町へ行くんでしたね。こちらの短歌は「金色の木の葉」で通してもらうから、先述の童話よりはずっとメルヘンチックになるかな? 作中主体が不明ですが、「きつね二名で通してもらう」とあるから、ひょっとすると人間が動物の世界の映画を観に行っているのかもしれません。想像の翼は尽きないなぁ。 
雨宮 司

なんて可愛らしい!新美南吉さんの童話のようです!
ミオナマジコ


チケットの半券2枚をほんもののふたりみたいに大事にしてる

楓子

5 4+1


チケットを持たぬひとでも春行きの列車に揺られ眠くなる午後

4 3+1 星

せしん久保 直輝なぎさらさ

春らしくて好き。
乗客はみんな行き先を気にしたり
席取りにあくせくしたりしないで
のんびりとうつらうつらしてる映像が浮かびました。

久保 直輝

久保様、ハートと選評をありがとうございました。
気に入っていただけて嬉しいです。春は抱負や希望(チケット)を持つひとも持たないひとも眠くなりますね。電車の中でのんびりうとうとしてしまうのと似ている気がします。


風化して印字の消えたチケットに今はもうない劇場の印

堂那灼風 家

3 3

さらちほ笠和ささね

思い出として残していたいものの文字が退色していくのだけでも悲しいのに、その劇場が今はないというのが。
笠和ささね


走馬灯みるにはこちらのチケットを使ってください いってらっしゃい

うた猫

3 3

たかたかクラサワノゾミ荻森美帆

ちゃんと帰ってきてくださいね。
衣未(みみ)

結句のいってらっしゃいがいい感じに怖いです。
きつね


チケットを2枚もらったことにして君を映画に誘う青き日

すどちん

3 2+1

雨宮 司藤 哲也

私にも経験があります。観に行ったのは『マルコムX』でした。うーん、彼女の希望だったとは言え、時代を感じる(映画そのものはいい出来でした)。まあ、それはそれ。「青き日」が古風な表現で、意味が通じるかどうか。まあ、「青春の一日」と言えば通じないこともないが、逆に青臭くなってしまう。言葉は難物です。みんなこうして好きな人とのかけがえのないひと時を謳歌しているんですね。
雨宮 司

思いあたりますね〜。
藤 哲也


きみ行きのこのチケットは片道でいいです帰路は翼が生えます

二宮 隼人

3 2+1

詩音久哲

同じ片道のチケットでした。翼生えたらいいですね。
民生

おいおい。彼女をおいて舞い上がるなよ。でも、うまいなあ。♡
久哲


金ローで観るたび君と連番のまだ捨てられない半券も見る

史乃 家

3 2+1


ウイニングチケットという名馬いて後世に血を残すことなし

松木秀

2 1+1

七緒

確かにいましたね、そういう馬が。競馬には詳しくないから、どうして後世に血を残せなかったのかは知らないのですが、レース中に骨折したのでしょうか? 骨折の状況により、再起不能と判断されたら馬主の判断で薬殺されることも珍しくはありません。私の世代だとライスシャワーがそうでした。もしくは、血統が全ての世界で突然変異として現れた才能だったか。オグリキャップなどがそうでしたね。
雨宮 司


貰い物のチケット半分捨てる君 くずかごの中溜まってく僕

笠和ささね

2 1+1 星


大人へのチケット手渡されたキミ照れ臭そうなアルトで話す

衣未(みみ)

2 1+1 星

民生

声変わりでしょうか。キミの表情まで浮かんできます。
民生


ランドセルかたかた鳴らしてゆくだらうさくら色のチケット手に握りしめ

文屋亮

2 1+1 星


君行きの片道切符を買い占める いつかは君から来てくれないかな

あいう 家

2 1+1 葉 はじめて

堀之内有華

君行きの片道切符 こちらにも。一方的ではなく往復したいですね。
民生


あの人に会うため買ったチケットは栞になって眠ったままで

時子

1 1


半券は捨てないでいる またねって言う瞬間に未来はできる

七緒

1 0+1


チケットの半券だけを証拠とし映画のような夜が終わる

なぎさらさ

1 0+1


片道の切符が二枚行き先はひとつ隣で聞こえる寝息

久保 直輝 家

1 0+1 星


くちゃくちゃのチケットはもう捨てられて四月の雪が桜へと舞う

宮本背水

1 0+1


自転車のかごにチケット向かい風あきらめたくてひたすらに漕ぐ

ハナゾウ

1 0+1

そんなとこ入れておいたら飛んでっちゃうよって思ったら飛んでいって欲しいんですね!
きつね


エチケットマナーと違いがわからない咳払いしてマスクを外す

たかたか 家

1 0+1


整理券配布したのに割り込んだ小鳥におこされる眠り姫

久哲

1 0+1 星


君がためヤフーオークションで買うバンドのライブチケット捨てる

さはらや

1 0+1


チケットの半券見ればたちまちにひと時ながら思い出満ちる

雨宮 司

1 0+1 星


宝くじみたいな柄のチケットを手渡されたら端をもぎとる


チケットを購入する背ときめいて 1人コートに身を沈める

石勇斎 家

1 0+1


わくわくのバッグにありて星の降るコンサート券手に入れた夜

詩音

1 0+1


入場券回転させる助手席に未来のミュージアム流れている

堀之内有華

1 0+1

どんまい!

君行きの片道切符握りしめ降り立った駅 たった一人

民生

1 0+1 星

どんまい!

チケットはグラノーラより先鋭でシリアルよりは鈍長である

だゆう

0 0

身体感覚としてグラノーラの先鋭はわからないですが、シリアルの鈍重は感覚がつかめます。
チケットとの取り合わせはやや無理筋ではないかと思いましたが、例えが面白いです。

文屋亮


昨日 2017年04月02日(日) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 04 
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30