うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1097日 】 2017年04月01日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1097 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 わたぬきそら 鏑矢一手

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

三日目のカレーを食べる四日目のカレーを食べるひとりでゐれば

桔梗

8 7+1


丹念に姉が塗り込む日焼け止め全てが敵かもしれない春に

葵の助

6 5+1 星

いずみ 美帆桔梗ただよう太田青磁のつちえこ

「全てが敵かもしれない」それでも装う姉の逞しさと美しさが目に見えるようです。
きむろみ

全てが敵かもという感覚と細かな描写がギャップを生んでいるようでいいなと思いました。結句の春にが効いています。
太田青磁

きむろみさん、太田さん、評をありがとうございいました。
春の紫外線は、夏と違って油断しがちですが結構強く、
新社会人や人事異動での新しい人間関係・まだ敵か味方か分からない人たち、
それらのものに対してバリアを張るイメージで詠みました。
票もたくさんいただいて嬉しかったです。ありがとうございました(^^)

葵の助


新人を泣かせてしまった日の夜は少しだけ米を丁寧に研ぐ

深影コトハ

4 3+1

大渕マコあわわツナマヨ

叱る難しさが表れていて良い歌だと思いました。
大渕マコ

べつに意地悪をして泣かせたわけではないでしょうが、言葉選びがよくなかったのか、相手がうたれ弱いのか。新人の教育も簡単ではありませんね。「丁寧に研ぐ」だけではなくて、その前に「少しだけ」があるのがいいなと思いました。
寿々多実果


日めくりを剝いでいく朝 傷口にうすかわ重ね癒える日はくる

ただよう

3 2+1


ベッドから出られない日々生きる気がなくても爪はのびてゆきます

ミルトン

3 2+1


ざまあみろ 最悪な日のおしまいにベイクドチーズケーキがうまい

七緒

3 2+1


野良猫がずっと表で鳴いていて今日はあなたに会いにいけない

寿々多実果

3 2+1 星


日記帳の頁にあなたばかりいる何度も春がめぐるみたいに

文佳

2 1+1


コンビニ弁当のごとく日報はその日のうちに廃棄されたり

太田青磁 家

2 1+1 星


煤けた日立ち食い蕎麦などすすってる割り箸の先いちどだけ噛む

2 1+1 星

きむろみ

噛んだ割り箸から沁み出る味を思い起こすような、素敵な歌。
きむろみ

目に留めてくださったみなさま、ありがとうございました。
きむろみさま、ありがとうございます! なんだかツイてなかった日に食べた立ち食い蕎麦の味が今も忘れられなかったりします。


日吉台ホワイトハウスの玄関に光るSECOMと散らばった数珠


妻生<あ>れる日なりといひて豆つまみ互いの老いを労わりあひぬ

藤 哲也

2 1+1


日陰から跳びだしてきた塊はニャルと一鳴き残して消えた


こんな日はフォルクスへ行くステーキが無駄になってもサラダを食べる

堀口万理奈

2 1+1

静ジャック

わたしもパンとサラダでいいんですけどお肉を頼まないとサラダバーつけられないんですよね。肉食の人と一緒に行ってお肉分けてあげたら無駄にならないかも。
寿々多実果


何年もあなたに片恋した日々は馬鹿らしいやら愛しいやらの

あわわ 家

2 1+1


この森が燃えてしまった日にきみが木でできていたことに気づいた

雀來豆

1 1

萩野聡

「きみ」は森とともに燃えてしまったのでしょうか。淡々とした言い回しのなかに不思議な世界観と切ない感情を感じました。
萩野聡


寝て起きて 寝て起きてまた寝て起きて 地層みたいに日々が溜まって

藤原蛍 家

1 1


好日に精神科へと歩むきみ陽の光すら突き抜けていく

キョースケ

1 0+1


縁日で何も知らずにぐるぐると泳ぎ続ける小さな金魚

可奈美

1 1


君の眼に映る夕日がゆつくりと小さくなりて消ゆるまでを見つ

萩野聡

1 0+1 星


今日こそはなにかが変わる気がしてた何も変わらぬ日の朝焼けに

ツナマヨ

1 0+1


明らんだ昨日と今日のさかいめにすっかり喧嘩が吸い込まれてく

大渕マコ

1 0+1 星


「ほぼ日」が初値の後は下げ基調いつかは戻るか「美味しい生活」


日めくりを掛けてそのまま北側の部屋にはうずくまった歳神

下弦

1 0+1


地平線に沈む夕日は知らない小さな島で育ったボクら

井筒ふみ

1 0+1


今日は赤い錠剤となり自己嫌悪する真夜中に一錠飲み込む

篠宮

1 0+1


日時計の影の長さが短くて夏至は六月今日から四月

松木秀

1 0+1


寂しいと思い出すから毎日をきみ中毒で生きる僕です

きむろみ

1 0+1 星


二時間は確保したから眠らねば出来れば木漏れ日の下で寝たい

涸れ井戸

1 0+1

最高の贅沢でしょう。木漏れ日の下で眠るのは。まず晴れていなければいけないし、眠るのに適した場所を確保しなければならない。眠るに充分なまとまった時間を確保しなければならないのは、この短歌にも詠まれている通り。作中主体は幸運にも、このいくつかの条件をクリアした状態にある。さあ、ここまで来たら迷うことなく眠らねば。楽しい時間が待っていますよ。
雨宮 司


April Fool 暮れき 行き来す 人々は 家路や 脚の 早くとも見き

金魚先生

1 0+1

どんまい!

今日はついたちの土曜日翌日はふつか日曜 日本に生きる

静ジャック

1 0+1

どんまい!

今日もまたうたの日である勝ち負けにこだわらず詠むわたくしの歌

大橋春人 家

0 0


こんな日に本当だって言わないで嘘と言ってよ なんか言ってよ

野守風聴

0 0


土日祝、休め遊べと国は言う、サービス業には縁ない話

瀬和璃羽

0 0

まったくです。サービス業関係の人間にとっては土日祝日こそが稼ぐ基となる日々です。労働の基本となる日々であり、それらから外れた日々は付け足しと極論しても過言ではない。国が進める休みとは、最初から外れた日々を休む必要がある。来たる黄金週間にも、基本的には総出勤。その分の代休も取れる保証はない。自身の休みの日は極楽ですけれどね。休みは楽しまないと。それでは。
雨宮 司


春の日のそぼ降る雨の朝しずかあなたの鼓動の音が聞こえた

木蓮

0 0


木漏れ日と神社参詣真ん中を歩けぬ君と歩く人生

小肴多岐 家

0 0


武蔵野へ昔の愛の異動先 新聞で追う4月1日

真坂きみか

0 0


今は待つ夜の寒さを吹き飛ばす朝日が昇るその瞬間を

心伝

0 0


夜は明けぬ クマは朝日を望まない 氷のような夢が終焉

どんまい!

昨日 2017年04月01日(土) 明日

出詠した人選歌した人

藤 哲也 かんぬきたくみ あわわ家 寿々多実果 静ジャック 可奈美 涸れ井戸 ミルトン 藤原蛍家 くまを食べる ただよう 堀口万理奈 こりけ☆忍☆ケリ子 ホシキョウイチ 野守風聴 井筒ふみ 大渕マコ 葵の助 萩野聡 太田青磁家 小肴多岐家 心伝 篠宮 金魚先生 木蓮 松木秀 大橋春人家 真坂きみか 七緒 雀來豆 深影コトハ 桔梗 下弦 キョースケ 文佳 瀬和璃羽 ツナマヨ きむろみ

大渕マコ ぽつり 七緒 寿々多実果 こりけ☆忍☆ケリ子 松木秀 堀口万理奈 萩野聡 葵の助 下弦 涸れ井戸 ミルトン いずみ 美帆家 キョースケ ホシキョウイチ 深影コトハ 桔梗 かんぬきたくみ きむろみ ただよう 篠宮 あわわ家 太田青磁家 苔井 茅 あい 藤 哲也 のつちえこ 井筒ふみ 金魚先生 ツナマヨ 静ジャック 衣未(みみ) 文佳

39 人

34 人



 2017 04 
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30