うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1097日 】 2017年04月01日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1097 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 わたぬきそら 鏑矢一手

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 馬鹿 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

ばかと云ふことばが愛といふ意味の街でふたりが交わした約束

宮本背水

7 6+1

も もたろ小林礼歩なぎさらさ久保 直輝太田宣子ただよう

いい街ですね。自分に素直になれそうです。
も もたろ

素子さんの小説に出てくる「莫迦」のニュアンスでしょうか。素敵な一首だと思いました。
小林礼歩

その街は東京♪♪
多香子

色っぽい歌。霧にぼんやりとにじむネオンを想像しました。❤️です。
久保 直輝


誤解したうぬぼれだった馬鹿だった恋の終わりはいつも曇天

7 6+1 星

時子わらびけらえだまめ西村湯呑小澤ほのか

前半のテンポの良さに惹かれました。「馬鹿だった」という結論に収束するので語順も納得です。
曇天がいつか晴れ空になるのを祈っております。

わらび

わらび様、ハートと選評をありがとうございました。
上の句のテンポと語順に注目していただけて嬉しかったです。いつか晴天になればいいのですが。

ハート、音符をくださった皆様、薔薇をありがとうございました。


ありがとう。馬鹿がつくほどまっすぐにわたしのことを信じてくれて

淡海わこ

5 4+1

雨宮 司久哲ミオナマジコ

いいなあ。これは「馬鹿正直」というよりも、「お馬鹿さん」と言った方がすんなり通じるのかもしれないね。「お馬鹿さん」は単なる「馬鹿」ではありません。周囲の人々を幸せにできる馬鹿者なんです(遠藤周作の作品のファンならお判りですね)。何があっても個人を信じ続けることのできる馬鹿は、単なる馬鹿ではあり得ませんよ。いい相手に出会えましたね。
雨宮 司

直球だが、気に入りました♡
久哲

こういう素直なお歌は大好きです。句点は要らないと思いました。
ミオナマジコ


阿保やから馬鹿になれへん 花びらの落下軌道の計算をする

も もたろ

4 3+1 星 葉 はじめて

伏屋なお森下裕隆苔井 茅

恋愛にも通じる歌かなと思って感銘を受けています。相手の状況か、こちらの弱気ゆえか、思いの儘に相手を追いかけられない何かがあって、「馬鹿」になれない。要らない計算をして早々に身を引く覚悟でいる。でも諦められないでもいる。なんと切ない歌なんでしょう。
伏屋なお

とても良い歌なのですが、一般には「阿呆」かと思います。でもとても好きな歌。
西村湯呑


そんなんで泣くかばーかばーかと言う最後の語尾がかすれてたこと

西村湯呑

4 3+1 星

衣未(みみ)多香子うた猫

こちらは口論を常にしていた間柄の様です。世間には「喧嘩するほど仲がいい」なんて言葉があるくらい、喧嘩相手は実は相性がいい。「そんなんで泣くかばーかばーか」が作中主体の発言か相手の発言かはっきりしないのが難ですが、最後まで口論をして別れた様です。おそらく、別れは二人の本意ではなく、進学か引っ越しに伴うものでしょう。和解をするほど歳を経てはいないのです。いい短歌ですね。
雨宮 司

この強がってほんとは傷ついている少年のころのような歌、いいです。
多香子


ばかだからすべてをわすれてしまふからすべてゆるしてしまふのね、春

太田宣子

3 2+1


むかしから馬鹿なわたしの絵日記に太陽と赤いカニの親子連れ

3 2+1


賑やかに四月が来たのに馬鹿者は動けずにいる三月の中

なぎさらさ

2 1+1

淡海わこ

わかります。でも、まだまだ寒いですし、毛布に包まれてのんびりしてたいです。
ミオナマジコ


風邪なんて夏じゃなければひかないしわたしは高いところが好きだ

宮嶋いつく

2 1+1


馬鹿だなと頭をなでて欲しいから今日も少しだけ背伸びしてみる

高木一由 家

2 1+1


このシャツは馬鹿色らしい赤鼻のトナカイはこんな気持ちだったか

椋鳥

2 2


四月だというのにドカ雪 嘘よりも馬鹿げた事実に呆れている日

久保 直輝 家

2 1+1 星


「待つ」と「馬鹿」間にイコール浮かんでは消し去る為に雨に打たれる

夏凪

2 1+1


馬鹿なひと、夢にさえ出てこない人 ひとりの夜にスバルまたたく

多香子 家

1 0+1 星


馬鹿だからきみの気持ちに気づかないまた会いたいねなんて言ってた

nonたん

1 1

ぽつり

馬鹿という言葉ほどややこしいものもない。親愛の情をこめることもあれば、侮蔑の情をこめることもある。この場合は自己卑下かな。「きみ」と作中主体とは、どうやら、友達以上恋人未満の間柄だったようです。作中主体は「きみ」の恋情に気づかず、おそらくは卒業式の時だと思うのですが、「また会いたいね」などと話していた様です。それがどんなに「きみ」にとって残酷な言葉かも気づかずに。
雨宮 司


抱きしめて瞳を覗いて口付けてそして笑って言ってばかって

史乃 家

1 0+1

語尾が揃っていて、メロディを付けて歌いたくなりますね。
伏屋なお

少し歌謡曲だけど、調子がいいので♪。
多香子


おばかさん ママが笑ってくれるからときどき馬鹿を発動させてる

小林礼歩

1 0+1 星


ぷれみあむふらいでいえいぷりるさたでいい?ほんとにあべさんでいい?

森下裕隆

1 0+1

普段は「仮名詠み」は読みづらくて嫌いなのだけど、この歌はその読みづらさの中に隠している意味があるので、あえてとりました。あべはいや。
多香子


本当の愚か者とは自身には及ばぬ者を馬鹿にする奴

雨宮 司

1 0+1 星

説明的ではありますけど、こういうわかりやすいお歌は好きです。『フォレスト・ガンプ~一期一会~』の中で主人公のフォレストが「馬鹿と言う者が馬鹿です」と言う台詞があるんですけど、それを思い出しました。
ミオナマジコ


空気読まない馬鹿なので泣く君の隣で笑う 明日は晴れるさ

わらび

1 0+1 星


美味しいよ馬肉と鹿肉どちらともだから卑下することなどないよ


母に怒られてしまった馬鹿と行くお菓子売り場で床を見つめる

荻森美帆

1 0+1


馬鹿だから背中押す手にふりむいて抱きしめ君の(ばかっ)ゲットだぜ

久哲

1 0+1 星

どんまい!

「もうお馬鹿っおたんこなすび!てへぺろろ」 あのおばさんに会うのがツライ

鶴田よめ 家

1 0+1

どんまい!

変なところにお茶が入ってむせる春どんなところか知らぬうましか

照屋沙流堂 家

0 0


バカにだけされないことを考えて 書くぞつくるぞ自己紹介文


犬猿の仲はイメージできるけどウマシカの仲イメージつかぬ

果糖カヲル

0 0

どんまい!

昨日 2017年04月01日(土) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 04 
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30