うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1092日 】 2017年03月27日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1092 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 一字空け 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

うす紙で指ふかく切る 散る花もやさしい凶器だろうか風よ

かざなぎりん

6 5+1 星


一字空けみたいな距離でタリーズのカウンター席うまる夕暮れ

矢波多恵

5 4+1

CIPHER天使きらり静ジャック長月優

情景が見えてくる歌ですね。
横並びの席に着席の場合たいていの人は知らない人の隣は空けますもんね。

天使きらり

カウンター席はやっぱり一つおきに座ってしまいます。見知らぬ人と隣り合わせってちょっと気恥ずかしい。面白い所に目をつけてうまく短歌に仕上げていると思います。
静ジャック


一字空けみたいなあいだ詰めますね君と桜を見上げる今宵

久哲

5 4+1

木蓮万里葉木村比呂

一字空けが無いことで親密さが出ていて良いですね。
かわいらしい歌です。

木村比呂


鍵盤をやさしくはしるゆびさきが フォルテを叩くまでの一拍

冬桜莉奈小澤ほのかひなこ

フォルテを叩くまでの一拍を一字空けで表現されたかったのだと思いますが、全角ではなく半角しか空いてないのが残念です。半角と全角では、8分音符と4分音符くらいの違いがあると思うし、基本的にスペースは文字ではなく記号だと思うのですが、半角だとさらに記号感が増す気がします。それさえなければハートを捧げたいお歌でした。
ミオナマジコ


悔しさに唇噛んだそのままのかたちを保て Futureと言え

スコヲプ

5 4+1

たかだ牛道街田青々葵の助中牧正太

前向きでいい歌ですね。一字空けがよく効いてるなあと思いました。
街田青々


「も 二度と会へなく るわけぢや いよ」風がさらつてゆくきみの声

桔梗

4 3+1

梶原一人といじま

通しで読んだ後、一文字ずつ頭の中で声を出して穴を埋めていく度に光景が頭に浮かびました。
といじま


夜に飲むゆず酒の氷はりんと鳴る 君が返した踵を思う

せしん

4 3+1

鳥尾鮭介糸川東夏凪

半角ぢゃなく全角でもよかったとおもいます りんと鳴るの余韻
慣用句をひねった結句とか好きですけど夜に飲んでるというのはだいたい想像できるのでちがった初句にするのがいいかなとおもいました

白黒つけたいカフェオーレ


世界ごと水底になれ夜夜中 春雨深く深く眠ろう

七緒

3 2+1

かざなぎりん小泉夜雨

春の雨が長くて、自分が世界ごと沈んでしまいそうになる感じと、ゆるゆると眠りにおちていく感じの重なりがいいと思いました。「なれ」に気持ちの置き所のなさが感じられました。字空けでその感情から、眠ることで一時的にでも切り離されたいという思いへの切り替えが表現されていてよいと思いました。ただせっかくそういう「間」が造られているので、すこし平仮名にひらけるところはひらいて、見た目にも読むときにもゆったりとした感じを出してもいいのかなとも思いました。
かざなぎりん


5秒後にふたは自動で閉まります 清潔な街の中のわたくし

冬桜

3 2+1


消しゴムをまあるく使う人と居て世界はぬるい ちがった丸い

久哲キョースケ

お題である一字空けの、その効果をいちばん活かしている歌だと思いました。
牛隆佑


七人の席に六人座りおりモハメド アリは元気だろうか

中牧正太

3 2+1

雀來豆白黒つけたいカフェオーレ

おもしろいーモハメドアリの六字とスペース
字空けが視覚的な歌のおもしろさとしてまずあって七人掛けの座席の本来空くべき座席を表しててさらに電車の座席からの想念の飛躍としてモハメドアリという言葉が効いてますよね モハメドアリは日本の名前ぢゃないしどう読んでもいいけどモハメド=アリなんだよなやっぱり みんなに共通したそこで切れるかんじとかうまく使った歌だとおもいました 評がヘタクソ!

白黒つけたいカフェオーレ


二番目の少年だけが戻らない 風の舞う四月の野球場 

雀來豆

3 2+1


夕闇は溶けてあなたを夜にする やたらきれいなさよならの後

長月優

2 1+1 星

せしん

字空けて時間の飛躍とか表せる効果かなとおもうんですけどもちろんそれだけぢゃないとおもいますけど この歌についてはさよならの後であなたは夜になるていう倒置に読めるんですよね そこに字空けが必要だったかなとは少しおもいました その前後であなたはまったく別のものになるんだていうことなのかもしれませんけどね
歌としてはきれいに詠まれてるとおもいました

白黒つけたいカフェオーレ


問題5 カルキの匂ひただよひて春風消ゆる距離を答へよ

2 1+1

井筒ふみ

問題文のかんじは前に一度流行っちゃったやつなのでもったいないかんじがしました 詩情あるかんじなのに
白黒つけたいカフェオーレ


つま先に雪のはて ああ、改札を出たらいけない乗り換えなのか

荻森美帆

2 1+1


ゆびさきに落ちるかみなり寒の入り告げる合図は抜き打ちで 痛

鳥尾鮭介

2 1+1

矢波多恵

痛いですよね、静電気。乾燥しやすいからバチバチするのでスーパーの陳列台とかが恐怖です。
寿々多実果


鳴りやまぬ拍手 指揮者は壇上を往ったり来たり往ったり来たり

静ジャック

2 1+1 星

ミオナマジコ

万雷の拍手の中、指揮者がアンコールに応えてステージの上に何度も登場する場面が目に浮かぶようです。
ミオナマジコ


神よ わが伴侶はいづこ春霖にその人泣かばお前を憎む

梶原一人

2 1+1


オピニオンリーダーとして東京の宣言したり さくら開花を

たかだ牛道

2 1+1


夏 つくえ 絵の具 グランド どこまでも続くしりとり 凛として夏

シュンイチ

1 0+1 おとの日

しりとりなんですね。
寿々多実果

とてもスマートな歌です。
結句の「凛として夏」が私には読み取れませんでした。

天使きらり


きみ想い苦しいほどの歌を詠む 一字空けたらこぼれていきそう

1 0+1


三月ぶり「お元気ですか」のその前に一文字空ける春の躊躇い

莉奈

1 0+1

新学期に入っちゃって手紙やメールなどしていなかった間柄てちょっとためらいがあるのわかりますよね
これは文面上で一文字あけるていうかんじに読めますけど気持ちの上でそう感じるんだろうなあ 空白キーを指が空押ししてるとことか想像します 三月ぶり‥はもうすこし説明的でない言葉を挿れられたかな

白黒つけたいカフェオーレ


はじまりは小説みたい1字空けて目立たぬようにきみを見ていた

万里葉

1 0+1 星

1字? 一字?どちらになりますか?
ひなこ

1を漢字にするのを忘れました。
万里葉

短歌の一字空けの歌多かったとおもいますけど文章も詩以外はあたま一字空けますね 新鮮でした歌の内容もきれい
白黒つけたいカフェオーレ

ありがとうございます。
敢えて一字空けない歌にしてみました。
一歩引いて目立たないようにしていたので、気づいて貰えて嬉しいですw

万里葉


強い人 だから結婚したのよと言われる人の涙を見てる

葵の助

1 0+1


澄みきった水面に広がる不透明水彩の赤 哀しいのです

chari 家

1 1

石勇斎

「不透明水彩の赤」が透明な水面に広がっている。赤潮でしょうか? 感覚的には違う気もするのですが。不吉な赤色が広がる様と、「哀しいのです」という結句がよく合っています。
雨宮 司


雨でした どこかへ消えた人がいて小さな花は咲いたのでした

けら

1 0+1


まだきみは花咲く前の 一字空け みたいにしろい三月の空

木村比呂 家

1 0+1 星

いいとおもいました 一字空けの部分が歌の核心だと思いますけどそれを「一字空け」ていうふうに言っちゃう これは詩というか短歌やってる人にはある程度共通した感覚があって(まあやってない人は句ごとに切るという謎の文化があるので‥) その一字空けのようにそこへ託された或は凝縮された時間や言葉をあなたは持ってるんだそういう魅力なんだよていうことを詩人でしか分からないやり方で伝えるていう歌のキザさていうのが鼻につきながらも歌としてけっこう好きにおもいます
白黒つけたいカフェオーレ


一字空け できればしないアイフォンから何度打っても半角のまま

木蓮

1 0+1


泣くときは泣けばいいので今はただ笑っています 泣きそうなので

街田青々

1 0+1 星


あ れ き み の 声 が 遅れ て 聞こ える よ いま 春 が ゆっ く り 来る よ うに

牛隆佑

1 1


雨に濡れるぬり絵 あなたの大切な大切なものをひとつ奪うの

小泉夜雨

1 0+1

塗り絵があなたのものでそれを預かっているわたしが雨に濡らしてしまっているてことでしょうか 大切なをリフレインしてますが読みが定まらない歌では読み手と詠み手の熱量に開きが出てしまうかなとおもいます 結句の「の」とかウェットな雰囲気からは大切な人との親密さとか一方的な想いみたいなのを感じます
白黒つけたいカフェオーレ


争ったあとに気づいた 「ごめんね」という切り札のあったこと知る

天使きらり

1 0+1 星

気づいた と 知る はどちらかひとつにしてもう少し整理してもよいのかなと思います。
「ごめんね」のタイミングって難しいですけど、
あとからでも気づいたのなら謝ってみたらどうでしょうか。

寿々多実果

「気づいた」と「あったこと知る」が意味内容として被っていてもったいなく思います。どちらかにしてより描写にあたると、歌の光景がもっとわかりやすくなるのではないでしょうか。
長月優

寿々多実果さま、長月優さま
コメントありがとうございます。
これこそ本当にあとで気づきました。重複してましたね。

天使きらり


関ケ原月山富田城読み方は がっさんとだじょうがっさんとだじょう

だゆう

1 1

東風めかり

月山富田城は尼子氏の拠った城郭。がっさんとだじょうがっさんとだじょう
とくりかえされるフレーズに一目惚れしました。1字開けに尼子氏再興をこころざした
もののふ たちの息吹も聞こえてくるような気持ちも…

東風めかり


揺れ 倒れ 割れ 鳴り響き 開かぬドア ただひたすらに 夜明けを待てり

ひなこ

1 0+1 星


そっちかよ 今言いたいこと当てようかあすなろ抱きはおでんじゃないよ

といじま

1 0+1 星

こういうの好きて言ってしまえばそれまでなんですけど読み手を置いていっても詠みたいことを詠むていう姿勢がすきです
あすなろ抱きてわたしはなんのことか分かんないんですけど言葉がもうおもしろいですよね 字空けのかんじも会話の間とか行って帰ってくるかんじに見えて自然

白黒つけたいカフェオーレ

ありがとうございました。読んでもらうための出詠なのに無理がありました。あすなろ抱きていうのは男性が女性を後ろから抱きしめるやつですね。関東炊きの親戚ではありません。
といじま


はみ出してしまうんですよね句またがりだと思ってください どうか

井筒ふみ

1 0+1


たんたんと足音がする春の山 永遠のとき君を待っていた

キョースケ

1 0+1

簡単な語彙と永遠のときていう言葉が不思議ちゃんなかんじしてます 君を待っていたはかなりポップス的でもっと詩をつくる言葉があったとわたしはおもいます
けど字空けもすんなり入ってきてよかったです‥ていうのは続く「永遠のとき」が目を引くからかな

白黒つけたいカフェオーレ


八月の よっこいしょういち 大三元 あたらしい顔だよ 小三元


渾身の集大成の跳躍をホップ、ステップ、ジャ~~ンプ! 赤旗

CIPHER

1 0+1


トルアキと赤字だらけのゲラ刷りに迷いがなくていいなと云われ

ひの夕雅

1 0+1


一字空け 空いた隙間に込められた意味を求めて終わりない旅へ

石勇斎 家

1 0+1


夕映に照らされている 映像は都市の夜景に切り替えられる

大橋春人 家

1 0+1

雰囲気すきです 字空けのお題にもこの読めなさが活きてるとおもうし
ただ前後半で語彙の共有部分がかぶっているというかおんなじような景を詠んでいるのかなというかんじで採れませんでした 飛躍がすこしでもあったらおもしろかったかな

白黒つけたいカフェオーレ


一字空け二字空けそしてもうひとつ心の隙間が文字にならない

ぽつり

0 0


ハードルはなぎ倒されて後続の ペンギンたちは閉じた翼で

0 0


だれも幸せになれない日曜日 青いおはじきぱちんと弾く

0 0

やっぱり、二物衝迫の手法と一字空けの手法は相性がいいみたいですね。日曜日とおはじきは直接には関連性がないのですが、こうやって並べると関連性があるように思えてきます。
雨宮 司


きつく手を腰から這わせ脱皮する 体に残る煙草の匂いも

七遊司

0 0


はじめての授業参観 少年の日の背中背中を見下ろす

涸れ井戸

0 0


真ん中にぽつんと一字空いており仲間はどれと漢字を探す

心伝

0 0

どんまい!

昨日 2017年03月27日(月) 明日

出詠した人選歌した人

静ジャック 冬桜 牛隆佑 ぽつり シュンイチ 小泉夜雨 天使きらり 大橋春人家 荻森美帆 chari家 中牧正太 木蓮 たかだ牛道 久哲 雀來豆 ひなこ せしん 石勇斎家 木村比呂家 万里葉 涸れ井戸 けら 葵の助 ひの夕雅 心伝 キョースケ 桔梗 街田青々 かざなぎりん 矢波多恵 井筒ふみ CIPHER 東風めかり 長月優 だゆう 梶原一人 スコヲプ しま・しましま といじま 鳥尾鮭介 莉奈 七遊司 七緒 白黒つけたいカフェオーレ

石勇斎家 ミオナマジコ たかだ牛道 冬桜 木蓮 鳥尾鮭介 井筒ふみ シュンイチ 莉奈 衣未(みみ) 雀來豆 寿々多実果 けら CIPHER スコヲプ 久哲 天使きらり 桔梗 かざなぎりん ルナク 荻森美帆 糸川東 ひの夕雅 梶原一人 絹更ミハル 小澤ほのか といじま 矢波多恵 静ジャック 街田青々 せしん ひなこ 大橋春人家 小泉夜雨 葵の助 七緒 万里葉 キョースケ 木村比呂家 長月優 中牧正太 しま・しましま 夏凪 東風めかり 白黒つけたいカフェオーレ

48 人

47 人



 2017 03 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31