うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1091日 】 2017年03月26日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1091 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 飴町ゆゆき

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

心臓も右と左に分かれてて抱き合いながらどこまでもひとり

WPP

6 5+1 星

石勇斎伏屋なおえだまめせしんしま・しましま

ただただ腑に落ちる。ひとりだと思う。ひとりですもんね。
えだまめ


三月は去る月 僕のさびしさは心電図には映つてゐない

桔梗

5 4+1

ぽつり鳥尾鮭介きつねたべーた静ジャック

寂しさは心電図には映らない、当たり前のことだけどこの着想がいいですね。「三月は去る」本来はあっという間に過ぎ去るという意味だと思いますが、ここではそれに加えていろいろなものが去っていく月というニュアンスも込められているのでしょうね。さ、さ、さ、し、がとてもいいリズムを作っていると思います。
静ジャック


たくましい横綱の手がいつもより 「心」をやさしく描いた気がする

東風めかり

5 5

大野惠未じゃこ太田青磁梶原一人民生

色紙にサインしたのかな。 心の一字を。
村田馨

お相撲さんの書く字って、すっごくありがたみがありますよね。しかも字がきれい。書くじゃなくて描くと表現してはるところが、横綱の気持ちを感じられるようで良いなと思いました。
じゃこ

負傷をおしての本割、決定戦と心の強さを感じる千秋楽でした。見る人も記憶に残る場所になったのだと。細かい描写にも熱戦を制した余韻が伝わってきました。
太田青磁

村田さん、勝った力士が懸賞金を受け取る際の手刀を描写されているのだと読みました。
太田青磁

みなさんありがとうございました
太田青磁さんの言って頂いた手刀です!

東風めかり


核心に近づくごとに君の手は綺麗にパンケーキを切り分ける

森下裕隆

4 3+1

天田銀河ナタカカレーたべーた

手際よくパンケーキを切り分けてゆく「君」。それは手際よく主体(或いは誰か)を問い詰めて、核心に迫ってゆく「君」の姿と重なるのだろう。「綺麗にパンケーキを切り分ける」という描写の鮮明さが良いし、「君」の潔癖な性格を髣髴とさせるようで面白い表現と思う。
カレーたべーた


波打ったところをそっと押してみる すこしだけ知る心のありか

小泉夜雨

4 3+1


新天地「心配ないよ」というように桜のいろは故郷とおなじ

3 2+1


栄転を祝う会にてにわとりの心臓ばかり目の前にある

加治小雨

3 2+1 星 通算150首詠

こりけ☆忍☆ケリ子あせでべたべーた

恐らく他人の栄転を祝う会でしょう。そこで主体に差し出されるのはチキンハートという全体が示唆的な歌ですね。栄転する者と彼との強烈な対比がピリッとしていてよいと思います。

砂ずりもくれ
こりけ☆忍☆ケリ子

チキンハート。参列者のことだろうか。作者の立ち位置は?
村田馨


さいごには心不全しか選べない身として看取る四月、雪の死

那須ジョン 家

3 2+1


雨の心斎橋筋商店街でおばちゃんが飴と一緒にくれた幸せ

まめたべーた

3 2+1 星 葉 はじめて

村田馨涸れ井戸

大阪はアウェーだが、なぜかホロリとさせられる。上句の破調にも味があった。
村田馨


春うららそれはたとえば栃ノ心がやまとことばで話す感じで

牛隆佑

3 2+1

たかだ牛道桔梗

ジョージア出身の栃ノ心。やまとことばにはたどたどしさが残っているのかもしれない。でもひたむきさもあるはずだ。
村田馨


幾重にも分岐していく春の日に心のかたちを決めかねている

2 1+1

WPP

漠然としているが、何らかの迷いがあるのだろうか。
村田馨

本当に春のこの落ち着かなさは苦手です。主体の途方に暮れた感に共鳴しました。
WPP


窓を打つ雨の模様がきれいだとこころの弱きひととゐて

萩野聡

2 1+1 星

那須ジョン

映像がきれいだなと思いました。
「思ふ」で「もふ」と読むのは本当ですか?知りたいです。

うたの日での仮名

雰囲気は良く出ているように思うし、「窓を打つ雨の模様」という具体も詩情あるもののように思えるが、しっかり読み込もうとすると「こころの弱きひと」のところで困ってしまう。主体は、こころの弱きひとの傍に寄り添うようにして窓の外を眺めているのだろうと思う。もしかすると、その人が口を開くまでの沈黙が主体の目を窓のほうへと向けさせたのかもしれないが、ここまで深読みしてしまうと歌の価値を損なってしまうような気もする。「こころの弱きひと」という表現には詩情がありすぎるのが多少の難点ではないかと思う。
カレーたべーた

評ありがとうございます!

うたの日の仮名さん

「おもふ」の変化した言葉としてあるみたいです。
http://kobun.weblio.jp/content/%E6%80%9D%E3%81%B5

萩野聡


心臓のあたりを飾るものとして白詰草を太々と編む

しま・しましま

2 1+1


恋文のなかのあなたのこころごと燃やして夜に散らばる火花

文佳

2 1+1

ミオナマジコ

ラブレターを燃やすくらいだから恋が終わったのだろうけれど、美しいお歌だなと思いました。
ミオナマジコ

恋に破れたのか、継続して燃えているのか。
村田馨


二画目に朱を入れられて黒々と僕の心はいつも傾く

なつたべーた

2 2 葉 はじめて


真昼間の月とあなたのまごころは指でふれたらきゅっと泣きそう

久哲

2 1+1 星

糸川東

きゅっと泣く、というのがチャーミングで心ひかれました。イルカの声のようなかわいい音で「泣きそう」ということはまだ触れていない、触れられないのでしょうか。かわいらしさと切ない感じがきれいに溶け合っていて、とても好きです。
糸川東


振られても馬穴の水はこぼれない 遠心力は未練に似てる

たかだ牛道

2 1+1

牛隆佑

第4句・結句に目を奪われました。

謎かけのよう。うまい。
村田馨


てのひらに乗るくらいの大きさで灯りに透けて輝くものよ

莉奈

2 1+1


心臓がふたつあつたらもうすこしひとにやさしくできたでせうか

カレーたべーた

2 1+1 星 葉 はじめて

加治小雨

余談ですがイカとタコは心臓3つあるそうです。2つは補助的なやつだそうですが。タコは9つ脳あるそうです。(8つは補助的なもの。)
まぁそう(短歌の内容)考える余裕があるなら今後ひととの接し方に活かせるのではないでしょうか。

うたの日での仮名


罪深きほどにをみなを愛すときこころの窓をたたく春嵐

梶原一人

2 1+1

文佳

言葉の美しさ、心の激しさに胸を打たれます。
WPP


心中を忖度すれば九億の土地が一億に下げられるあわれ

太田青磁 家

2 1+1 星


ころころところがる心と手をつなぐ ゆっくりゆっくり大きくなれよ


心臓をぶちぬきたくてつく嘘があんがいすてき辛いハチミツ

こりけ☆忍☆ケリ子

2 1+1 星 葉 はじめて

まめたべーた

「あんがいすてき」、魅力的でした。結句は、常套的でものたりず。
まめたべーた

からい、なんだろう。つらい、ではなく。
村田馨


この口が零す言葉がどれひとつ君を潤さないひどい雨

下弦

2 1+1

冬桜

心とどうつなげて読むか。
村田馨


「わーお前、冷てえー!」片手が包まれて胸のまわりが熱もつ不思議

2 1+1 星


心とは脳(なずき)であると思うときキャベツのほのり暗き断面

天田銀河

1 0+1 おとの日


心にも致死量はある 恋で死ぬ人がいないだなんて嘘です

篠宮

1 1

七緒

恋は相手に通じていなければ苦しいからねぇ。それでも一縷の望みをかけて相手に想いを伝えなければ、何となく心根が解かっていても、本当にそれが正しいのか(脈あり、脈なしの双方の場合で)確証が持てない。この苦しさに耐えかねて死を選ぶ人はいるかもしれない。恋が成就するのは無上の喜びだが、そこから発展させるのが苦しいという人もいるらしい。恋愛は難しい。本当に。
雨宮 司


中心に決してなれない毎日で点Oに刺すコンパスの針

七緒

1 0+1 おとの日 通算300首詠

中心になれないことは卑屈になるとではないのだが。悟るまで時間がかかるかもしれない。
村田馨


心ってどこにあるのと子に問われ胸のあたりに手を漂わす

静ジャック

1 0+1 星

理屈で言えば、心は脳内にあります。でも、今の脳科学でもまだまだ研究途中の領域であり、はっきりとした答を申し上げられないのです。行動と心の動きの関係は、ある程度解かってきているのですがねぇ。まあ、心臓が止まれば脳は死に、脳の全領域が死ねば心も消えます。だから「胸のあたりに手を漂わす」のも解からないではない。死んでしまえば心は失われるのですから。
雨宮 司

温かい親子の会話。何気ないやりとりに惹かれた。
村田馨

そう言われると、どこだろう?って考えてしまいました。迷いのある感じが伝わります。
加治小雨


少しずつ月は膨らむ心臓もひっぱられてる見透かされてる

えだまめ

1 0+1 星


曾根崎のお初天神通りにて心中のこと思ひつ酒を

涸れ井戸

1 0+1


うすいうすい水彩絵の具のそら色できみの心の隅に咲きます

藤 かづえ

1 0+1


心臓が右のほうからうるさくて春がそこまで来てる証拠ね

じゃこ

1 0+1 星


自他共に認める晴れ女の君の心を映す今日の星空


ポケットに救心薬を忍ばせて仕事に向かうきみの背遠く

キョースケ

1 1

久哲

『求心薬』とはじつに使いにくそうなアイテムで、よくぞここまで読ませていただきました。
♡ですね。ありがとうございます。

久哲


心にはいつも刃を上に置き社会の闇を忍び駆け行く

心伝

1 1

だゆう

面白い。現代ても忍びは居る。
村田馨


年収が倍になってもおかわりの珈琲はまだこころなし薄い


心だけ鬼にしとけばいんですよ新米ママさん生えてます、ツノ

鳥尾鮭介

1 0+1

なかなかそうはいかない。お察しします。
村田馨


心臓を鍋で茹でたい 微笑みで冷たい海をかくし持つきみの

石勇斎 家

1 0+1

恐いな。
村田馨

強烈。きみのこころを温めたい、を主体が訳したら「きみの心臓を鍋で茹でたい」になるのか〜!とわくわくしました。不器用な感じがたまらないです。続きを少女マンガで読みたくなりました。
加治小雨

君は私に微笑みかけてはくれるけれど、私を愛してくれている訳ではないのだろうなと想像しました。冷たい海(私に靡かないあなたの心)を沸騰させたいから、君の心臓を茹でたいのでしょうか
七遊司


悲しさをスープにまぜる「ごめんなさい…」君の皿だけ塩気が強くて

七遊司

1 0+1 葉 はじめて

まさか涙ではないよね。
村田馨


見せてよと困らせてみた手のひらに2こころがったジェリービーンズ

けら

1 0+1


本当のあなたの心は霧のなか僕はまっすぐ進んでいくだけ

村田馨

1 0+1 星


哀叫の蛇心の剱 永遠に常夜とこよの月になれぬさだめか

大野惠未

1 0+1


心臓が痛い朝にはいちごジャムがけヨーグルトゆっくり飲み込む

冬桜

1 0+1

雰囲気が好きです。心臓が痛い朝は食欲がない。だから冷たいヨーグルトを食べたい心理がよくわかります
七遊司


新人の点字名刺を受け取って心の隅のしこりが消える

0 0


心にもなかったことを言い合ってわからないまま傷つけあって

野守風聴

0 0

茶番?感傷に浸るための?
うたの日での仮名

それが若さなんだろう。
村田馨


きみの後なんとなくついていきたかった心療内科を出たところから

がんまならん

0 0 葉 はじめて


配るから心はすぐにさようなら帰ってこない置いてかないで

さくらちあ

0 0


恭の字に言いあてられて下ごころ もろ手にもらう右手まばゆく

小林通天閣 家

0 0


みづどりは わたりかれにき こころなき みのひびにきく すずめのさへずり

金魚先生

0 0

どんまい!

心臓がエイトビートを刻むレントゲン写真を貼る医師の前

大橋春人 家

0 0

どんまい!

昨日 2017年03月26日(日) 明日

出詠した人選歌した人

まめたべーた きつねたべーた 小林通天閣家 静ジャック 冬桜 あせでべたべーた 涸れ井戸 がんまならん 心伝 天田銀河 篠宮 キョースケ 莉奈 森下裕隆 WPP なつたべーた 野守風聴 さくらちあ しま・しましま 久哲 太田青磁家 こりけ☆忍☆ケリ子 けら たかだ牛道 小泉夜雨 大野惠未 石勇斎家 萩野聡 那須ジョン家 桔梗 大橋春人家 金魚先生 加治小雨 七緒 えだまめ 下弦 村田馨 じゃこ 牛隆佑 カレーたべーた うたの日での仮名 七遊司 藤 かづえ 鳥尾鮭介 東風めかり 梶原一人 文佳

ミオナマジコ 久哲 石勇斎家 小泉夜雨 伏屋なお けら ぽつり こりけ☆忍☆ケリ子 まめたべーた たかだ牛道 那須ジョン家 うたの日での仮名 冬桜 天田銀河 下弦 莉奈 寿々多実果 七緒 加治小雨 鳥尾鮭介 WPP だゆう えだまめ 大野惠未 桔梗 きつねたべーた 衣未(みみ) せしん 萩野聡 藤 かづえ 糸川東 じゃこ 村田馨 涸れ井戸 牛隆佑 ナタカ しま・しましま 太田青磁家 あせでべたべーた 静ジャック 梶原一人 民生 夏凪 森下裕隆 カレーたべーた 文佳

51 人

49 人



 2017 03 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31