うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1085日 】 2017年03月20日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1085 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

ボールペンみたいに命が透けてたらもつとやさしくできたでせうか

桔梗

8 7+1

ネネネ時子伏屋なお仙冬可夏凪街田青々椋鳥

柔らかな筆先と裏腹に優しく出来なかった過去。春雨の夕暮れか夜雨の中で届かぬ手紙をしたためている。ほんの一瞬、あるいはそれに気付いていたのかもしれない、でも気付かぬフリをしてしまった。そんな悔いも、このような歌になるかもしれませんね。
伏屋なお

❤と迷いました。
ボールペンの命、透けてますね。

井筒ふみ


春 髪を切つたあなたは耳と云ふ奇妙な翼を透き通らせる

森下裕隆

5 4+1


透明なたましいだけに降る雨を痛がるひとと並ぶまひるま

4 3+1

西村曜森下裕隆藤原頼良

「たましい」「ひと」「まひるま」がひらがななので、よりやわらかい雰囲気になっているとおもいました。やわらかくて、はかなくて、でもたしかにどこか苦しげなお歌で、とても惹かれました。
西村曜


不透明といふ優しさもあるだらう漂流硝子は傷を纏ひつ

仙冬可

4 3+1

鳥尾鮭介衣未(みみ)

考えたことはなかったですが、確かにシーグラスは傷ついているからあんな色なんですね。
寿々多実果

漂流しているガラスには無数の傷があり、そのために不透明。
傷を負う人がそのぶん優しくなれる。いろいろな人生を肯定している、秀歌と思います。

服部心子


「今日どんな一日だつた?」と訊くかはり透かして見たり小さき眼鏡

服部心子

4 3+1 星

木蓮井筒ふみ大橋春人

お子さんのメガネから、一日の様子を推測してるのでしょうか?
小さき眼鏡、だからそんなに大きなお子さんとも思えない。なにか心配事があるのかなあ?

井筒ふみ


見透かしてほしい猫より気分屋で強がっているわたしのことを

加治小雨

3 2+1 星

小澤ほのかおたまじゃくし先生

強がっている自分に気づいてもらいたいと求められている方はなかなか大変だと思います。でも、そんなところが可愛いと思ってくれる包容力のある人なんでしょうね。
ミオナマジコ


中学の五月の模試の思い出は透けるブラ紐ほのかにピンク

なつお

3 2+1


たくさんの人がひしめく町の中ただ透明な人になっていく

木蓮

3 2+1


ほそながい雨のむこうに透けている君の笑顔が告げるサヨナラ

井筒ふみ

3 2+1 星


とうめいな光のそそぐ部屋にいて君の手首の匂いを思う

大橋春人 家

3 2+1


週2回透析に通う日が続く 生かされている 生かされている

ササキ アンヨ

大変ですね……
そんな中でも、下の句のリフレインに、生の喜びと感謝が溢れてる気がしました。ご自愛ください。

ミオナマジコ

リフレインが活きているか否かがこの短歌の生命線だ。上句はいい。必要最小限の言葉で作中主体が置かれている状況が簡潔に記されている。「生かされている」は、生命にかかわる病を得た者にとってはごく自然な心の発露だろう。透析には時間がかかる。その時にこの言葉を反復していても、何の不思議もない。このリフレイン、立派に活きている。
雨宮 司


ふるさとの話をしてよ 君の目を透かして見ている穏やかな海

きい

2 1+1


どの雨も弾く透明人間のその孤独ならわかる気がする

松岡拓司

2 1+1

ミオナマジコ

お歌全体の寂寥感がとても好きです。大勢の人の中にいて馴染めないと、ふと、自分の存在意義を見失って、透明人間になったような感覚になることってありますよね。どの雨も弾くという表現が秀逸だなと思います。
ミオナマジコ

自動ドアに反応してもらえない自分もわかる気がしました。
加治小雨


かくしごとしているきみを責めているわけじゃないよと透けているイカ

一〇〇八

2 1+1


透明な付箋は透ける グラビアの女の恥部にそれを貼る午後

西村曜

2 1+1 星

一〇〇八

隠したいのか、目立たせたいのか。
寿々多実果


君が去る姿が見えて息を吐く そうか 結露ももういないのか

夏凪

2 1+1


「透明なインクでこれを書いている」遺書を解読している夕べ

ササキ アンヨ

2 1+1


シースルーの餅をまとった丸見えの餡子が夜と交じるのを見る

橙田千尋

2 1+1

静ジャック

お菓子の歌なのに色っぽい。シースルー、丸見え、夜と交じる、など。でもお菓子の歌。というわけでとても美味しそうです。
静ジャック


透きとほる眼を覗いたら水面のひまはり不意に咲き誇りたり

萩野聡

2 1+1

あつのり

「ひまはり」は瞳孔のことだと詠みました。ひまはりに例えられたのは見事だと思いました。このような描写がある歌を自分も詠んでみたいです。勉強になります。
あつのり


透明な空が描けず泣いたのに怒られたから塗りつぶした青

大庭 家

1 1


ゆっくりと時間をかけて限りなく透明になれ、ふたりの記憶

ネネネ

1 0+1

寂しいのにクリーンな感じがいいなぁと思いました。
加治小雨


おしょくじけん とうめいこうそく けんかだい 正しく変換できてしまった

史乃

1 0+1

問題となりそうな言葉が全てひらがなで表記されていて、多義性を獲得している点がミソ。お食事券か汚職事件か、東名高速か透明拘束か、献花台か喧嘩代か。意地悪な私は、作中主体に向かって「本当に正しく変換できているの?」と言いたくなってしまう。適度な皮肉を備えた言語行為は、それだけで心が豊かになる可能性を秘めている。ジョイスとまではいかなくても、その顰には倣いたい。
雨宮 司


なまぬるく湿気った部屋で宙を舞うジェリー・フィッシュ越しに見る空

クロカワ鮪 家

1 1 葉 はじめて


何気ないあいさつを日々重ねよう透明な薔薇一輪として

鳥尾鮭介

1 0+1

日々のあいさつを薔薇に例えた、その発想がとても好きです。
透明な薔薇一輪……いいなあ……

椋鳥


透明なわたしでずっといたかった 心はすぐに濁ってしまう

藤原頼良

1 0+1

生きていれば、それは仕方のないことです。でも、濁ったらすぐに浄化することができるのもまた人間のいいところではないでしょうか。
ミオナマジコ


掴めないのに会いたいに手を伸ばす 無色透明はいつも恋しい

街田青々

1 0+1 葉 はじめて


新しい季節の風が吹いている わたしのからだ透きとおってく

せしん

1 0+1


透明な貴方の気持ち映し出す透写紙なぞる鉛筆になる


透明の花びら越しに見る街は回想シーンみたいにかすむ

静ジャック

1 0+1 星


透明人間と事故って以来車にはドライブレコーダーを付けた

たかだ牛道

1 0+1


透明な鯛焼き母が火傷する鯛焼きプレート内蔵メーカーで

だゆう

1 0+1


見え透いた嘘を第二の真実と言うトランプ氏の「嘘の戦争」

藤 哲也

1 0+1


透明なガラスの瓶に入れられてもがくダンゴムシ見て笑むあくま

可奈美

1 0+1


あの日からあなたは言葉に透明のざらつく棘を纏わせている

あわわ 家

0 0


春の陽で背中合わせのあなたの心透けて覗けて見えたらいいのに

秋桜

0 0


1000円の天然氷と〆めの茶はどこで生まれてどこへ流れる

右投唯

0 0 葉 はじめて


昨日 2017年03月20日(月) 明日

出詠した人選歌した人

街田青々 ササキ アンヨ クロカワ鮪家 加治小雨 鳥尾鮭介 松岡拓司 井筒ふみ 大庭家 藤 哲也 ネネネ 夏凪 服部心子 あわわ家 静ジャック 桔梗 山と渓谷と酒 たかだ牛道 萩野聡 西村曜 可奈美 せしん 仙冬可 おたまじゃくし先生 大橋春人家 藤原頼良 秋桜 右投唯 一〇〇八 木蓮 だゆう きい なつお 森下裕隆 史乃 橙田千尋

ネネネ ぽつり ササキ アンヨ ミオナマジコ 松岡拓司 時子 木蓮 せしん 寿々多実果 小澤ほのか 莉奈 伏屋なお 藤 哲也 服部心子 井筒ふみ たかだ牛道 大橋春人家 鳥尾鮭介 仙冬可 可奈美 聖徳太子 夏凪 西村曜 WPP 一〇〇八 森下裕隆 萩野聡 街田青々 藤原頼良 史乃 桔梗 加治小雨 椋鳥 衣未(みみ) きい なつお あつのり家 おたまじゃくし先生 静ジャック 橙田千尋 だゆう

36 人

42 人



 2017 03 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31