うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1084日 】 2017年03月19日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1084 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

三章の途中、主のもういない栞をまだ追い越せないでいる

史乃

10 9+1 秀歌

大庭伏屋なお莉奈寿々多実果ホシキョウイチぽつりえだまめ淀美 佑子ひなこ

読点が活きている歌だと思いました。追い越せない感覚が視覚からも伝わってきました。ちょっとだけ下の句の字余りが気になってしまいましたが、それを置いておいても好きな歌です。
荻森美帆


一章のほんのわずかな行でいい 君の話に残りたいのだ

時子

4 3+1

むうこミオナマジコ夏凪

好きな人の心の中に少しでも自分の居場所があるといいなと願うことがよくあるので、とても共感できました。
ミオナマジコ


飛ぶ鳥を模したねじ式校章はたまに名札を飛び立っていた

むうこ 家

4 3+1

史乃わらび

名札につけるねじ式のピン類って外れて落ちることもあるんですよね。何度廊下で拾ったか。
それを「飛び立つ」とした表現が素敵でした。校章もたまには違う場所に留まりたかったんですかね……

わらび


ほんとうのことは知らないままでいい 子供のように眠る終章

小泉夜雨

3 2+1 星

時子多香子

確かに知らなければ良かった事はあるでしょう。推理小説では終章に謎解きが無いと困りますけど。「子供のように眠る」がよかった。
多香子

選評、♡♪ ありがとうございました
最近読んだ本の結末を思って詠みました
しらなくていいこともこの世にはあるよな と…笑

小泉夜雨


思秋期と誰か名付けし人生の次の章へと君を連れ往く

伏屋なお

3 2+1 星

森下裕隆nonたん

思秋期ですか。一時期話題になった言葉だけれど、今も変わらず使われているのでしょうか? 少なくとも、私の周囲では日常的に使っている人はいません。私の父が、とてつもない寂寥感に捉われていた時期がありました。ああいう時期が思秋期なのでしょうか。内容には異存はないのですが、構成上、「次の章」が思秋期なのか思秋期の先なのか、少々分かりづらい。その辺りを明確にされれば。
雨宮 司


勲章もノーベル賞もいらんけど君の心は欲しい(ください)

3 2+1 星


この冬も終章にきて眠りますホットミルクの膜にくるまり

朝倉洋

3 2+1


物語開いて始めるこの春のきみとわたしの第一楽章

多香子 家

3 2+1 星

荻森美帆たかたか

春のはじまりの明るさを感じました。第一楽章という結句で一気に音楽があふれだしてくるようです。
荻森美帆


長靴で水溜まりへと五歳児はスキップ 事件の序章に過ぎぬ

淀美 佑子

2 1+1

おたまじゃくし先生

五歳児のスキップで始まる事件、気になります。
伏屋なお

ハートと迷いました。さあこの後どうなるだろうと思うけど、大体想像はつきますね。
多香子


プロローグかも知れぬ朝 寝過ごしたバスの後部席ヒロインは私

ひなこ

2 1+1 星


校章を高めの襟に光らせて応援団が屋上で吠ゆ

笹谷香菜

いま春の甲子園?ですね(あまり関係ないけど)
やっぱり応援団てカッコイイ。


人生の新しい章始めましょう なんてったって季節は春です

衣未(みみ)

新しい生活を始めようと言う人にとっては応援歌ですね。
多香子


サンシャイン水族館の平日にひたる身ひとつ新章ひらく

荻森美帆

2 1+1 星


次章ではきっとふたりで笑ってる ひとりで描くしあわせな話

莉奈

2 1+1


ソシンロウバイ素心蝋梅去ってゆく冬に勲章なんていらない

森下裕隆

2 1+1


今はなき母校を思う 柏葉と波とペンとを象る校章

久保 直輝 家

1 0+1

結構いいデザインだったのですね。私の廃校になった小学校は校章のデザインが「キ」と言うカタカナに見えるので「木印学校」と言っていて、歌にも詠めない。
多香子


人生の最終章は悔いのなく笑って笑って楽しく終えたい

うた猫

1 1

CIPHER

まったくそうですよね。私は事ある毎に言っていますよ。「金のあるなしとか、長寿かどうかなんて関係ない。最後に心からにっこり笑って死ねれば、それで人生は勝ちなんだ」と。心の底からそう思います。一種の信仰と言ってもいいでしょうね。別に教祖様になるつもりはないし、なれもしないだろうけど。問題は、最終章がいつなのか誰にも分からない、ということなんだよね。それさえ分かれば。
雨宮 司


終章は君がいちばん可愛くてハッピーだけど結局エンド

nonたん

1 0+1


第2章「リラを選んだガスパール、その時リサはなんと突然...」

UrbanBlues

1 0+1


うしろゆびさされておれはたまきわる日章旗掲げて走るんだ

宮本背水

1 0+1

印象に残った歌でした。枕詞でもある「たまきわる」がここに置かれている、という潔さが怖いくらいでした。まろやかな文体に強い語気が合わさっていて、ドキッとしました。たまきわるの「き」から下の句にかけて出てくる「k」の音(か行の音)が歌を引き締めているように思います。
荻森美帆


体裁が整いそうでレポートで章立てしたら中身が消えた

たかたか 家

1 0+1

お辛いことでしょう…
小泉夜雨


章という名前に未だ動揺す30年前叶わぬ初恋

秋桜

0 0 葉 はじめて


昨日 2017年03月19日(日) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 03 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31