うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1082日 】 2017年03月17日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1082 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

劣化したタイヤを踏めば春の夜のあさりのやうに砂を吐きたり

天田銀河

9 8+1 星

いっくんママ天野うずめといじま衣未(みみ)可奈美ナタカ深影コトハ夏凪

タイヤを踏んだのは作者だろう。タイヤとあさりという意外な取り合わせが面白い。
村田馨

浜辺に放置されたタイヤでしょうか?
ふにゃとした感触が伝わってくるようです。

井筒ふみ

いかにも古タイヤ、という寂れた情景がいいですね。鈍い音が聞こえそうです。
といじま

比喩がとても良いと思いました。
ナタカ

「春の夜」が素敵です。そしてあさりが春の季語だとはじめて知りました。ありがとうございます。(無知ですみません💦)
夏凪

ありがとうございます。
天田銀河


劣化した青年として春の日の駅の階段駆け下りてゆく

静ジャック

6 5+1 星

加治小雨たかだ牛道天田銀河村田馨

壮年、中年、熟年といろいろ言葉はあるが、劣化した青年は芯をついている。表情も身体も確実に老いてゆく作者の忸怩たる気持ちが汲み取れる。
村田馨


「優劣」と書くとき劣のハネばかり尖ってしまうことのかなしさ

ナタカ

5 4+1 星


わからないところがどこかもわからない 深爪の手をひらいて閉じる

4 3+1


噛み砕く錠剤の音ぐぉりとして世界が少し劣化した気が

井筒ふみ

4 3+1 星


ハイパント蹴られて退がる後衛のごと劣勢に冬はなりゆく

梶原一人

4 3+1

ホシキョウイチ中牧正太静ジャック

比喩が上手い。ハイパントはラグビーの戦術のひとつで、長距離を進む為に高いキックでボールを飛ばし、相手チームの機動力を奪うものです。ちょうど、晩冬・早春の三寒四温の時季に、勢力を伸ばしてきた寒気団が太平洋からの暖かい風に押し戻されるのに似ています。俯瞰して見れば、の話ですがね。もう冬の終わりも近いですね。こんな天候になる機会も多くなりそうです。
雨宮 司

これは比喩にやられました。ハイパントを蹴った方が強豪春チームなのですね。ちょっと盛り返したりもするけど、やがて春が勝つ。
静ジャック

佐佐木幸綱「ハイパントあげ走りゆく吾の前青きジャージーの敵いるばかり」と対をなすような一首。
村田馨


ぼくが日々そばにいるという劣悪な環境ですが暮らしませんか

寿々多実果スコヲプ小川けいと

この自虐的な誘い方はなんだろう。
村田馨

シワがいくつかついてる服とそう新しくない壁の薄いアパートが浮かびました。
とてもいいなと思います。

本日 春彦


わたくしはお姉さまにはなれません 揃いの靴をそっとしまった

時子

3 2+1


たんぽぽは劣等感を飼い慣らし路地や野原の短歌を歌う

いっくんママ

3 2+1


あるのですばっかみたいな愛ならばそこの鳩にも負けず劣らず

中牧正太

3 2+1


無花果をもげば滴る劣情の白に躊躇とまどふ女となれば

WPP

2 1+1

時子

春日井建の「童貞のするどき指に房もげば葡萄のみどり滴るばかり」を意識しての作だろうか。
村田馨


スカートの脚に反応しないのにダメージデニムにきざす劣情

たかだ牛道

2 1+1

東風めかり

お題のつかいかたも巧みで、男目線の主体の詠みと素直に捉えずに、女性から見透かすように「彼」の
ことを観察しているって感じで読むとすごくいいなと思いました!
ちょっとエロい感じも好きです!

東風めかり


卑劣にも釘煮を炊いているなんて もう白旗をあげた嗅覚

東風めかり

2 1+1 星

えだまめ

ご家族から禁酒令でも出ているのでしょうか。帰宅した時に釘煮の匂いがして「これで呑むな、なんて拷問だ」みたいな感じでしょうか。喧嘩でもしていたら、これはもう白旗をあげるしかないですね。
伏屋なお

喧嘩してたんでしょうか。釘煮の甘い美味しそうな香りはたまりませんね。白旗あげてしまいましょう。♡もつけましょう!
えだまめ


優劣をつけられ出荷されてゆく力を尽くし咲いた花々

小川けいと

2 1+1

ミオナマジコ

「世界にひとつだけの花」の花屋の店先に並んだ花々をどれもみんな綺麗だねと作詞した槇原敬之さんは書いてましたけど、花屋に並ぶ前に優劣がつけられてるんだなあと気づきました。下の句が優しいですね。
ミオナマジコ


「もう歩かなくてすみます」スニーカーの底晴ればれと粉々になる

矢波多恵

2 1+1

井筒ふみ

これは、もう脱帽です。劣化をこんなに晴ればれと詠まれては!
井筒ふみ


笑う影 門をくぐって消えて行く オレンジゼリーの教室にひとり

本日 春彦 家

2 1+1 葉 はじめて

あい

卒業生を送り出した先生ですか?がらんどうの教室は切ないですね。西日の差す感じ、オレンジゼリーってステキ。でも劣が読み取れなくて迷いました。。
えだまめ


優劣があってたまるかただのチョコ俺に聞くなよきの子たけの子

といじま

2 1+1 星


学校じゃ劣等生でも冬空の一等星が蹴上げる空き缶

西村湯呑

2 1+1


美しく改ざんされる思い出を劣化と呼ばないことにしている

加治小雨

2 1+1

たかたか

思い出は美化されるもの。劣化と呼ばないといいつつ、劣化であることはわかってる。強がりだろうか。
村田馨

本人にとって良ければそれでよし、ですよね。美しくなった思い出で楽しめているのがうらやましいです。
たかたか


劣化したウランを捨てる術はなく三人寄れと文殊は出でず

村田馨

2 1+1 星

ササキ アンヨ

もんじゅと掛けられていてうまい!と感じました。
ササキ アンヨ


捨てられるパセリみたいだ劣等種感じてお昼休みを生きる

天野うずめ

1 0+1 おとの日


劣化したプラスチックがほろほろとボーロのように崩れる浜辺

可奈美

1 0+1


劣勢であるなら深く潜ろうか浮上に向けて浸かるバスタブ

スコヲプ

1 0+1


いつまでも少し力が足りなくて理想ばかりを追いかけころぶ

さくらちあ

1 1

梶原一人

劣の字を分解して「少」と「力」。自分もそれで詠めないか少し考えた。
村田馨


劣化した小説家たち図書館に未だ居場所の残っていること

さやこ

1 0+1

劣化した小説家。作品を発表できなくなった元小説家のことだろうか。
村田馨


劣化したビデオデッキのクリーニング説明映像お前は誰だ

たかたか 家

1 0+1 星 通算100首詠


進化とは劣りゆくこと そうだろう?弱い心と脆い体は

ササキ アンヨ

1 0+1 星


優劣を競うわけではないのだが歌を褒められるとありがたい

大橋春人 家

1 0+1

良薬は口に苦しというが、褒められると嬉しいのは本音でしょうね。素直でよろしい。
村田馨


空っぽのわたしはいつも底無しのあなたが大変うらやましくて

小泉夜雨

1 0+1


劣情をあえて隠さず好感を得る作戦は失敗したよ

涸れ井戸

1 0+1

もう少し具体が欲しい。
村田馨


梅 桜 菜の花 水仙 チューリップ 優劣はないみな咲き誇れ

寿々多実果

1 0+1

真っすぐな詠みでとても好感が持てました。人それぞれ好みはあれど優劣はないですよね。
静ジャック


自己嫌悪劣等感に感謝して負けず嫌いに乾杯をする


補習用プリント裏に「あの人も劣化したね」と書き込みはあり

もりのさと

1 0+1


愛されることに貪欲な人ばかり愛してしまう劣性遺伝子

深影コトハ

1 0+1

劣性遺伝子の意味をはき違えているようだが、それはわざとか。
村田馨


ゴルァァが言えない中二巻き舌のコツを検索してみた結果

あい

1 0+1

劣性遺伝なんですよね、巻き舌(笑)
井筒ふみ


馬鹿にされ劣等生は悔しがる、のちのしくじり先生である

1 0+1

「しくじり先生」というテレビ番組が流行っているようだ。
村田馨


ありがとう君に出会ってから僕は劣等感を解放できた

知己凛

1 0+1


若者に劣等感しか持てないが年取ることも悪くはないな

あんこ

0 0

加齢による衰えは避けられないが、どう乗り越えるかが大事。本作のように軽くいなすのも悪くない。
村田馨


優劣をつければ君はクロワッサンより好きで肉まんより嫌い

大庭

0 0


アナタより劣るワタシは壁の花?『いつか〇す』と笑顔を咲かす

瀬和璃羽

0 0

『いつか○す』がわからない。
村田馨


そう僕は卑怯者君といるのは君の劣等感を知るため

田内一成

0 0


うたの日に 投稿しにき 慰むる 術なき心 劣劣と詠む


劣勢を覆すのが醍醐味よ軍師の秘策お見せしようか

心伝

0 0

ちょっと違う。戦争はしないにこした事はない。大量の金と血と食料が必要になるからだ。それらを最小限に抑えにかかるのが軍師の仕事であって、いつも「劣勢を覆す」ことばかり考えていたら、いくら賢明な軍師でも身体がもたない。それはそれ。劣勢に立たされた軍を優勢に転じさせるのには策が要る。見られるものなら見たいところだが、血が流れることに変わりはない。戦は小説ではないのだ。
雨宮 司


うたの日に 投稿しにき 慰むる 術なき心 劣劣と詠む

金魚先生

0 0

どんまい!

昨日 2017年03月17日(金) 明日

出詠した人選歌した人

さくらちあ 小川けいと 加治小雨 涸れ井戸 天野うずめ たかたか家 井筒ふみ 大橋春人家 中牧正太 WPP もりのさと ナタカ 寿々多実果 可奈美 天田銀河 ササキ アンヨ 矢波多恵 ぬか橋るみ子 心伝 時子 本日 春彦家 たかだ牛道 西村湯呑 小泉夜雨 静ジャック あい 梶原一人 いっくんママ 村田馨 深影コトハ といじま 大庭 知己凛 うたの日に 投稿しにき 慰むる 術なき情 劣劣と詠む 金魚先生 ホシキョウイチ あんこ 田内一成 瀬和璃羽 さやこ スコヲプ 東風めかり

ミオナマジコ あい けら いっくんママ 民生 天野うずめ家 さやこ WPP 加治小雨 ルナク といじま 知己凛 寿々多実果 矢波多恵 藤 哲也 衣未(みみ) 井筒ふみ たかだ牛道 スコヲプ せしん ホシキョウイチ 伏屋なお もりのさと えだまめ ササキ アンヨ 天田銀河 可奈美 梶原一人 小澤ほのか 大橋春人家 ナタカ 深影コトハ たかたか家 夏凪 村田馨 西村湯呑 中牧正太 涸れ井戸 静ジャック 小泉夜雨 莉奈 時子 小川けいと 東風めかり

44 人

46 人



 2017 03 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31