うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1082日 】 2017年03月17日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1082 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

暦では誰も知らない記念日に祖父は今年も花束送り

龍也

6 6


暦には歯磨きできたご褒美のアンパンマンのシールが並ぶ

衣未(みみ)

5 4+1

ミオナマジコ塩麹藤 哲也伏屋なお

なんて可愛らしい!アンパンマンのシールは、日々、お子さんが成長されている証なのですね。ただの暦も宝物になりますね。
ミオナマジコ


孫が来る日に孫の名が実直に書き込まれている粗品の暦

しちみとう

4 3+1


純白のタオルをきつく縊り終え暦の上では春の手のひら

七緒

3 2+1


2000年問題とかがあったよねそれからもいろいろあったよね

塩麹

3 2+1

えんどうけいこ七緒

ありましたねー。生まれたばかりなのにデータ上で100歳になってたりしましたね。
伏屋なお


通販の種苗屋さんのカタログを花暦として庭を眺める

薄荷。

2 1+1

小林礼歩

サカタのタネでしょうか?「花暦」という捉え方が素敵です…!
小林礼歩

私はチャペックも好きだし、「みどりのゆび」も大好き。食い意地が張っているから、もっぱら野菜やハーブが中心ですがね。通販を利用したことはありませんが、よくホームセンターには出かけて苗を買って来たりしています。そんなバックグラウンドがあるから、この短歌は他人事として読めませんでした。花暦は季節感に溢れていますね。
雨宮 司


「うぐいすの鳴くころですね」と君からのメールが届く パソコンに春

宮本背水

2 1+1

遠木音

今年はウグイスの囀りを、まだ聞いていませんね。そろそろだと思うのですが。……と、まるでこの短歌の内容みたいな導入部になっちゃいました(事実です)。結句「パソコンに春」が、なかなかの佳品です。パソコン以前は電話、それ以前はハガキか手紙だったでしょうからね。メールで季節を伝えるのはなかなか味がありますよ。では。
雨宮 司


旧暦にかどわかされて春の日は啓蟄の字に気配を残す

小林礼歩

2 1+1 星


グレゴリオ歴にたゆたうこの生を春分の陽はやわく照らさむ

さはらや

2 1+1

堀之内有華

歴はわざとではないと思うので…惜しいです。
寿々多実果


逃げる気力も失ってくったりと壁にもたれる2月の暦

 家

2 1+1


日暦ひめくりを破いて恋を呼び覚ませ 駆け出す背中押す今日の風

わたぬきそら

2 1+1


コンプトゥス・パスカーリス 階段をゆく革靴よ 血よ 咎なき月よ

小林通天閣 家

2 1+1


暦の上は春だって聞いたので南の丘のような場所かと

遠木音

2 1+1


遅春の三寒四温を過ぎ来<こ>して暦に違わず桜咲くらむ

藤 哲也

2 1+1


星を読む 変わり行く君 切なくて 時の流れに区切りをつけた

莉奈

2 1+1


ひめくりの黒字に透ける青と赤 無修正にてお目にかけたし

鳥尾鮭介

2 1+1


プロポーズされずにめくるカレンダー 部屋の隅っこたたずむゼクシィ

すどちん

1 0+1 星

プロポーズされたくて『ゼクシィ』も買って眺めてるのに、せつないですね。
ミオナマジコ

ミオナマジコさん
選評ありがとうございます。
切なさ伝わって良かったです。

すどちん


旧暦で何月何日だか知らぬ私の下にも春分は来る

雨宮 司

1 0+1 星


日めくりは薄氷のごと薄さにて暦日の上ひんやり歩く

1 0+1


忘れたい憂鬱の理由わけ鮮やかに突きつけてくる暦の日付

ぽつり

1 0+1


すぐ終わる そう思っていた 君との日々 今も暦をめくり続ける

シキ

1 1

雨宮 司

う~ん、個人的には半角空けは最小限にしてほしいけれど……。内容には不満はありません。武者小路実篤の「仲良きことは良きこと哉」という、判ったような判らんような揮毫を思い出しました。「君との日々」が、当初の意に反してずっと続いているんですね。長所も欠点も解かりすぎるほど分かったうえで、それでも別れられないのなら、それは事実婚に近いかもしれませんね。
雨宮 司

雨宮様、ご意見ありがとうございます。
まだまだ探り探り句を捻ってる段階なので、半角空けた方がいいのかと思ってました。

シキ


カレンダー水着の股間がキレキレで九月が来ても八月のまま

こたきひろし 家

1 1


運命とたたかった日々がありましてずっと暦の下にいました

照屋沙流堂 家

1 1


きまぐれにサイコロ振ってDecember95日を生きることにする

猫旦那

1 0+1


暦すらわからない徒歩キヨスクの週刊文春靴擦れのあと

堀之内有華

1 0+1


長い日のくる日もくる日も休日の世帯主あり暦の真っ赤

荻森美帆

1 0+1


忘れられ忘れゆくうた雪でさえ暦を忘れおちるを仰ぐ

小川窓子

1 0+1

どんまい!

人間に正確な仕事は無理だ グレゴリオ暦だってずれてる

どんまい!

西暦でお願いします ああそうか年下はみんな二千年代

今村風子

0 0

また元号が変わればますますわからなくなります💦
寿々多実果


ぼくらしくありたいだけのまいにちをきみらしくないとあなたはこばむ

紙魚子

0 0 葉 はじめて


みられてた!ホームカメラに残ってる暦ベリベリ破る幼児ワタシ

どんまい!

昨日 2017年03月17日(金) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 03 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31