うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1081日 】 2017年03月16日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1081 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 風野瑞人 小泉夜雨 高野 蒔

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

絵馬を下げ 梅の香充ちるこの街が私の故郷となりますように

莉奈

5 4+1 葉 はじめて

パコ・ベルデ笠和ささねひなこ田内一成

結婚して、嫁いできたのかな?ストーリーが次々と浮かんできます。御幸せに〜♫
せしん


梅干しの色が箸先に残る 靴擦れはもう直りましたか

ナタカ

5 4+1 星

淀美 佑子天使きらりSAKURAKO七緒

目の前の出来事と、遠くの人に問いかけるスタイルは短歌のスタンダードにして、なかなかどうして胸が締め付けられるところがありますね。かなり前であればあるほど、もうとっくになおっているだろうに、ふと気になってしまう。こういう短歌は好きです。
伏屋なお

思わぬところで恋しい人を気にかけるようすと捉えました。いえ、いつも心にあるからこそ身近なものがあなたに繋がるのかも知れません。恋しい人への記憶が薄らいでゆく寂しさのなか、心配するわたしの心が凛と寄りかかることなくたっていることが、このかたの魅力と思います。
外川菊絵

箸についた梅干しの色と、靴擦れとの見立てが絶妙だなと思いました。
全く関係ないのに、あーなんかわかる!という。
上の句の字足らず、不安定な感じはわざとでしょうか。
内容的にそれもありですが、定形におさめていれば
もっとすんなりイメージしやすいかなと思いました。

淀美 佑子

梅肉の色から靴連擦れの皮膚を連想する作者に拍手。
天使きらり

57577の定型になっている。上の句と下の句が繋がっていないようで繋がっていると私は思いました。靴擦れ?私はしていないです。お気遣いありがとうございます。
SAKURAKO

確かに梅干しの色って割り箸に移りますね。その何気ない風景から靴擦れを連想できるのが凄い視点、凄い感性だと思います。なにより日常の風景の中で折々に思い出す人のいること、そのあたたかさが、あたたかいのにどこか突き刺さってくるような歌で、そこが魅力的だと思いました。好きです。
七緒


梅干しの種ゴミ箱のうえで吐く私が撃てる弾丸として

外川菊絵

4 3+1

せしんナタカぽつり

梅干しの種ではなかったと思うけれど~の種、弾丸というと既視感というか他にもありそう感が。ゴミ箱のうえでというのも面白味がない。
と思ったけれど,ゴミ箱の中の何を撃とうとしたのだろう、と考えることができたり,下の句から想像するに「私」は普段うっぷんを晴らすのが上手ではなくて、ゴミ箱のうえで、という狭い範囲からせめて 梅干しの種 をゴミ箱の中に撃つという行為に,現代社会に生きる一人の人間、という感じが感じられるような気も致しました。
男性用小便器にハエ等のシール貼ると利用者の多くが((狩猟本能により(だったと思う。))無意識に?)狙って排尿するので尿が便器の外に飛び散らず掃除のコストがだいぶ削減されるというのは有名な話ですがそれも少し想起されました。

梅干しとかスイカとか、ぷっ!て種を吐く時、ちょっとルサンチマンを解放したような気になることがある。ほんの少しだけすっきりする。そんなひそやかな感触を思い出しました。
せしん


いちめんの花びら踏んで踏んでゆくピンク色した悲しみもある

七緒

4 3+1 星

弥生淡海わこ

(題「梅」と知っているから紅梅かと思えるけれど…。)「桜」にも「桃」にも「杏」にも該当しそう…(杏の花はネット上でしかたぶん見たことないですが。)


咲かずとも折れずにあれと青春の梅を見にゆくストリートビュー

中牧正太

4 3+1

寿々多実果木村比呂てんてん

現代ならではの行動ですよね。どうしても自分のゆかりの地を見て見たくなる。自然災害なんかで突然消えてしまう事があるので、胸が疼いてしまう感覚はすごく理解できます。
伏屋なお

撮影されたのが春とは限らないから梅は咲いていないかもしれません。梅はそのままそこにあったでしょうか。私も子供の頃に住んでいた町をストリートビューで見て懐かしんだことがあります。
寿々多実果

同郷の仲間意識。「咲かずとも」が効いていて良い感じ。
木村比呂


春告げる紅白の梅満開に今日はじめての目白くる庭

多香子 家

4 3+1 星


ひとしれず梅がぽっかり咲いている光のように音符のように

花代

3 2+1

えだまめ

里山と里との境い目辺りでしょうか? ともかく、人からは見えにくい所に、梅の花が咲いている。「ぽっかり」というオノマトペがいい。いかにも、投げ込まれたまま咲いている印象を受ける。その様子が、「光のように音符のように」見えるというのだ。確かに、林の中でただ一株のみ咲いていたら、浄福と見えるであろう。それに似つかわしい言葉を持ってきたところに、この短歌の巧みさがある。
雨宮 司

下の句の比喩もナイスですが「ぽっかり(咲いている)」の部分がわたしがこの歌に惹かれた主なポイントです。

「音符のように」が良いなと思いました。音がひとつぽんと鳴るさまと、梅が一輪だけ咲いている光景がうまく重なると感じます。
ナタカ


しだれ梅はたわわと咲いて優しげに猫の鼻先をそっと撫でゆく

淡海わこ

3 2+1

小澤ほのか夏凪

可愛いなぁ。絵が浮かびます。しだれ梅たわわと咲いて優しげに猫の鼻先そっと撫でゆく としたら57577になる。今日のお題は冬から春に咲く花なので、大和の国を意識して定型にこだわってみました。ムッチャ偉そうやし、私 笑。
SAKURAKO


白梅の匂ひ漂ふ野に出でて歌詠鳥の鳴き渡るかな

薄荷。

3 2+1


菜種梅雨ぬるい雫にうたれつつ揺蕩う私を甘えさせてね

ひの夕雅

3 2+1


横顔の少女の小さき唇にあこがれ抱く小梅キャンディ

淀美 佑子

2 1+1 星

ひの夕雅

あの小梅キャンディのイラストの女の子、素敵ですよね!懐かしいなあと思って読みました。
ミオナマジコ

林静一さん…!


居酒屋で突然想いを告げられて梅水晶が箸から落ちる

二宮 隼人

2 1+1

伏屋なお

思いも寄らなかった人であればあるほど、反対に自分が良いなと思っていた人からの突然のアプローチは、それは箸も滑りますよね。居酒屋で告白する相手も、そんな事があるとはつゆ知らず、肴を楽しんでいる自分も、シチュエーションが抜群ですね。
伏屋なお

梅水晶は箸から落ちにくい一品ですよね。それを落としてしまうほどの驚きだったのですね。
お幸せに♡

天使きらり

いいな~。私が好きな山崎まさよしが居酒屋で出逢った女性と結婚したんだ。私が、その人になるはずだったのに。「想いを」の「を」を抜いたら57577になる。抜いても良いのでは?なーんて生意気言ってごめんなさい。まさやんを他の女性に持っていかれた八つ当たりです。笑
SAKURAKO


大宰府は学問の神と話しつつ梅が枝餅のことばかり思う

ぽつり

2 1+1

ミオナマジコ

私も旅行に行くと風景や建造物よりも、食べ物が気になるのでとてもよくわかります。
ミオナマジコ

建て前と本音。太宰府天満宮は菅原道真公を祀っていることで知られている天神さんである。そこの名物となっている和菓子が、梅が枝餅である。作中主体は遠来の友人を案内しているか、バスガイドかボランティアとしてお客様を案内していると考えられる。口では学問の神と言いながら、小腹が減ってきたのでしょう、梅が枝餅ばかり思っている。でも、それが人間らしいのですがね。
雨宮 司

あまり詩的ではないけれど、梅が枝餅食べたい―となったから♪。
多香子

同じく「梅ヶ枝餅」をモチーフに選んだものです♪勝手に親近感を覚えてしまいました。。
えだまめ


土曜日にたくさんの梅見てきたと話した人は匂いもつれて

さくらちあ

2 2


病む前の母に似た人見かけしは梅見行かんと問いたきたもふ

SAKURAKO 家

2 1+1 星


君が手渡すあお梅の香を嗅ぐと唇を刺すかすかな産毛

田内一成

2 1+1

もたろ

青梅の清々しさがよく伝わってきます。季節はちょっと早いですね。
もたろ


きみが飲む梅酒サワーをひとくちとねだる甘えをどうか許して

2 1+1


青空に心を飛ばす大宰府の地よりあなたへこの梅のごと

ひなこ

2 1+1

多香子

飛び梅の故事を踏まえている所に♡を。
多香子


古寺に吹き迷ふ風その他に音も無くただ踏み張る野梅

伏屋なお

2 1+1 星


梅の花コートのフードにこぼれおち君は幸せそうして運ぶ

ふるたつむぎ

2 1+1


たまによく千切りたくなる(ヤだなオレ…)梅より白い貴女のこころ

2 1+1 星

久哲

皆さん。無難?と言う感じが強い中、まだこの冒険心を買って♡
久哲


新しい春がきたよと菜種梅雨の春がわたしへ染み込んでゆく

もたろ

1 0+1 星


僕たちが急ぎすぎてるからいつも桃の節句に梅が咲いてる

木村比呂 家

1 0+1 星

そうじゃなくて陰暦の行事を新暦でやるから一月近くのギャップが生まれるのですね。などと書いても仕方ないけど。
多香子


パステルな春の駅伝 幕があく 第一走者じいちゃんの梅

てんてん

1 0+1 星

「♪」ありがとうございました。
てんてん


梅見月びりっと落とすこの一枚いったい吾は何していたのか

天使きらり

1 0+1 星


春の日の梅ヶ枝餅は赤ちゃんの頬っぺたみたいむしゃむしゃ食べちゃう

えだまめ

1 0+1 星


いなかった子と妹の香りして(梅)曇天にくっきりぼっち

久哲

1 0+1 星


紅が散る早咲きの梅きみの頬言わなくていいキスしたいから

nonたん

1 0+1


梅ヶ丘!土曜の次はサンデーズ!理想の青春乗り越し、桔梗

笠和ささね

1 0+1

どんまい!

ふんわりと大人のかおり纏いたく白梅香の香油を髪に


たのしみにしていたおにぎり よく見たら めんたいではなく 紀州梅の字

はなだいろ

0 0 葉 はじめて

字の色が似ていて間違って買ってしまったのでしょうか…紀州梅も美味しいよ!
(でも作中主体はめんたいがよかったんですよね…)


目隠しの君のお口に放り込む幸せの味(紀州南高梅)

野守風聴

0 0


昨日 2017年03月16日(木) 明日

出詠した人選歌した人

もたろ さくらちあ キナコモチコ 伏屋なお 久哲 はなだいろ 花代 えだまめ 天使きらり 笠和ささね てんてん 多香子家 ひなこ 淡海わこ nonたん 中牧正太 ふるたつむぎ ナタカ SAKURAKO家 ぽつり 淀美 佑子 莉奈 七緒 外川菊絵 二宮 隼人 薄荷。 ひの夕雅 野守風聴 田内一成 木村比呂家

ミオナマジコ せしん 小澤ほのか 薄荷。 nonたん 伏屋なお ふるたつむぎ 二宮 隼人 ナタカ パコ・ベルデ 藤 哲也 もたろ 淀美 佑子 ぽつり 寿々多実果 バリバリ 花代 木村比呂家 久哲 天使きらり 多香子家 SAKURAKO家 民生 夏凪 弥生 七緒 てんてん 笠和ささね えだまめ ひなこ 莉奈 ひの夕雅 中牧正太 だゆう 衣未(みみ) 淡海わこ 田内一成

32 人

40 人



 2017 03 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31