うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1073日 】 2017年03月08日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1073 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 罫線 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

昨日よりゆっくりあるく水曜日 罫線のない日記を買って

七緒

6 5+1

ぽつりわたぬきそらけら二宮 隼人下弦

罫線は等間隔に書かれていて、規則正しさの暗喩があると思います。主体はそうした規則正しさを少し崩したくて罫線のない日記を買ったのではないでしょうか。そして、その帰り道は、急かされるような日常を少し離れてゆっくりと歩いている、ゆったりとして自由な感情が溢れてくるような素敵なお歌だと思いました。
須磨蛍

罫線のない日記っていいですね。絵を描いてもいいし思いついたことを思うままに掛けそうです。それを買ったことで何を書こうか周りを見ながらゆっくり歩いてるところが想像できます。
泳二


しがみつくように残った鉄骨を罫線にして書く物語

大葉れい

4 3+1 星

あいいずみ 美帆静ジャック

建物の解体現場、外壁はすでに取り壊されてしまったのでしょう、鉄骨だけが残っている。その鉄骨を罫線に見立てて物語を書く。「しがみつくように」だからきっとその建物にまつわる思い出、記憶なのでしょう。言葉一つ一つがしっかりと仕事をしていて、見事な三十一文字だと思います。
静ジャック


わたしとふけものがをりぬ縦罫のツバメノートのやさしい檻に

桔梗

4 3+1

大葉れいといじま西村曜

「けもの」と「ツバメ」でごちゃごちゃしているところ、「やさしき」ではないかなあというところ、はあるのですが、わたし=けものを閉じ込めておく檻という表現がとても好きです。書かずにはいられない、けれど誰に見せることもできない気持ちなのかなと思います。
大葉れい

「縦罫のツバメノート」、わたしも使っているのですが(短歌ノートにしています)それを檻に例えるとは、脱帽です。「やさしい檻」、まさに。たとえばノートに書き出すと、どんなぐちゃぐちゃな感情でも、ある程度まとまりをもつようになるんですよね。縦罫ノートの「やさしい檻」は、「わたしといふけもの」を制御してくれているんだなあ、とおもいました。
西村曜

ノートの縦罫が檻の柵に見立てる視点がすごいと思いました。言いたいことも受け止めてくれる檻ならけものは飼い慣らされてくれるでしょうか。
といじま


罫線の上にも下にも触れぬよな 浮いた気持ちで書くラブレター

はちみつ 家

4 3+1

衣未(みみ)泳二五條ひくいち

浮いた気持ちの比喩として「罫線の上にも下にも触れぬ」はわかるようでわからないようでわかる加減が絶妙だったと思います。字が小さいってことだけじゃないんですよね。
泳二


君たちはまだ真っ白なノートです(だから罫線引いておきます)

泳二

3 2+1 星

はだしいっくんママ

先生から生徒への言葉でしょうか。素敵ですね!
ミオナマジコ

先生とかでしょうか。未来はこうあるべきだ、って押し付けない優しいまなざし。それが罫線の淡かったり最小限の線だったりなところに合ってるな、と思いました。
はだし


日本語は縦にまっすぐ書きましょう横になるならだらだらしましょう

えだまめ

3 2+1 星

須磨蛍寿々多実果

上の句の教育標語的な真っ当な歌意から一転、下の句では人の本質を軽く表現されていて、その対比がとても面白いです。「ましょう」の韻を踏んだところがさらにリズミカルなお歌にしていて楽しくなりました。
須磨蛍

ほんとにだらだらしていいのかなぁ。 いまは何でも横書きばっかりだから、ずっとだらだらしそうです(^_^;)
寿々多実果


罫線に沿わないきみの手紙からいつか飛び出すうみどりの群れ

一〇〇八

3 2+1


罫線があってもなくてもまっすぐに「君がキライ」と書いてあげるね

@aokikenichi 家

3 2+1

龍也中牧正太

どんなに君のことを嫌っているのか伝わってきます。ストレートでわかりやすいです。
ミオナマジコ


罫線のごと降る雨にあなたへの別れの手紙の下書きをした

天使きらり

3 2+1 星

えだまめシキ

雨はいつしか罫線に。雨音が聞こえてきそうです。
えだまめ


電線の罫線を行く飛行機を摘まんできみにあげる ハレルヤ!

西村曜

3 2+1 星


罫線を等間隔で引けるのは一種の特技だと思ってる

あい

3 2+1

小李広花栄藤 かづえ

立派な特技です。問題はその罫線に何を書くかですが。という短歌ですね。
泳二


罫線も支配もルールと呼ぶ国の百年桜がまた蕾みだす

須磨蛍

3 2+1 星


罫線を引くようにして決めていくふたりのためのルールいくつか

長月優

2 1+1

冬桜

同棲、もしくは新婚生活を始めるにあたって、ふたりで約束事を作ったのでしょうか。最低限の約束を決めておかないと、結局は不仲になっていくのではないか、と思います。まあ、あんまりガチガチに守りすぎても面白みがありませんが。「罫線を引くようにして」という喩が独特ですね。おそらく作中主体は基本事項と考えているはず。時と場合によっては破って謝りなさいよ。
雨宮 司

いくつかのルールで罫線を引くように決めていく、というと結婚や同棲といった暮らしを共にする二人が想起されます。どんなに仲が良くて阿吽の呼吸ができるような二人でも、どこかで線引きをしておくほうが良いことが多いのでしょうね。語順を倒置することで定型に収まっていて、結句も助詞がないほうが好きです。
須磨蛍

ルールというのは罫線そのものですね。だから比喩としてはちょっとありきたりではありますが、「ふたりのためのルールいくつか」に物語が感じられて良いと思います。
泳二


どうしても罫線はみ出すやつだった 友のラインも越えてしまった

二宮 隼人

2 1+1

詩音

ちょっと大喜利的な気もするけど上手なお歌だと思います。
ミオナマジコ

相手の破天荒な人柄が感じられて面白い歌だと思います。
詩音


罫線のない便箋でしたためる一行毎に左へかし

雨宮 司

2 1+1 星

こういうのありますね。最初はほぼまっすぐだったのに、書いていくうちにだんだんずれていく。どんな内容なのかは読者ごとの想像になりますが、修正をすることを忘れてしまうような集中して書く手紙だったのだろうなと読みました。
須磨蛍


罫線からはみ出る文字も好きですと言えれば春になるのだろうか

藤 かづえ

2 1+1 星

@aokikenichi

好きな人のことはどんな小さな長所でも好きになりますよね。
ミオナマジコ

う~ん、罫線からはみ出る文字にもいろいろあるからなぁ。私なんぞは夜中に短歌のアイデアが湧いてきて、メモ帳にしっかり書き留めた、つもりが文字としても行としても体を成さない、なんてことがけっこうあります。どうしても罫線のはみ出しが好きになれないのなら、それは言えばいいと思いますよ。そこまで知っているなら、もう充分に好きになっていると思いますがね。後は勇気です。
雨宮 司

ミオナマジコさん、雨宮さん、選評をありがとうございました。
藤 かづえ


細すぎるキャンパスノートの罫線じゃ支えきれない春昼の文字


どろどろと溢れる思い渦を巻く 罫線決壊守りきれない

もうふ

2 1+1


罫線ははみ出てもいい異国語がうたって踊るpqgy

下弦

2 1+1


罫線に沿ってきちんと書けてたらどんな大人になれたのだろう

小川けいと

2 1+1


ウミガメは300匹はいるだろう月を向き洲を這いすすんでる

涸れ井戸

2 1+1

ミオナマジコ

罫線という言葉は使われてないんですけど、ウミガメの列を罫線に見立てるなんてすごい発想だなあと思います。月夜の晩に浜辺を進むウミガメたち、神秘的で綺麗です。
ミオナマジコ


罫線はいっそ不要な午前二時大きくきれいな円を描いて

冬桜

2 1+1


ゆるやかに意見を分けて書き込んだキャンパスノートの淡い罫線

井筒ふみ

2 1+1


難しい方程式も君となら罫線上に踊るメロディ

わたぬきそら 家

2 1+1


揃える為の影などいらない真っ白なノートを自由に生きたい

てんてん

2 1+1 星

雨宮 司

罫線のない、いわゆる無地のノートが文具店に並び始めたのは、いったいいつの事だったでしょうか。私などはレイアウトの能力に乏しいから、ちらりと見ただけですぐに手を引っ込めてしまいますが、絵心のある人や自由に書き込みをしたい方などには福音とも呼べる存在なのではと愚考します。真っ白なノートに自身の望む通りに書きこみを続けるのは、さぞや気持ちがいいでしょうね。
雨宮 司

「♥︎」「♪」ありがとうございました。
雨宮 司さん、評をありがとうございます。大袈裟ですが人生を重ねてみました。
真っ白なノートを自由に生きる文字や絵の様に、生きられたら素敵だろうな〜と。
自由帳なるものが今でもありますが(笑)これが一番、私にはしっくりきます。
評を頂けて、嬉しかったです。

てんてん


ていねいに書けば書くほど罫線をはみ出てしまう鬱という文字

たかだ牛道

1 1

天使きらり

わかります。私も上手に書くことができない字のひとつです。
ミオナマジコ

面白い発見です。私は、鷲という漢字がはみ出しますね。
そう、画数の多い漢字はていねいに書こうとしますもんね。

天使きらり

あるある歌なんだけど、なぜ「鬱」という字を丁寧に書かなくてはならないかという背景を考えさせる。主題をあるあるに隠したところが上手い。
泳二


永遠に出逢うことなき運命よ さあ変えるんだ、あみだくじとなれ

茉莉

1 1


罫線の幅へひよこを鉛筆でならべてうまれすぎてしまった

はだし

1 0+1 星


スケジュールなんてほとんど埋めないで罫線のない白紙に暮らす

けら

1 0+1


罫線を春色にした手紙から見える気がするあなたの笑顔

木蓮

1 0+1


「さよなら」とひと言だけの便箋に隠した気持ち探す罫線

いずみ 美帆 家

1 0+1 星

歌意はわかるのですが、下句がちょっと伝わりにくいように思います。主体は手紙を受け取った手紙のどこかに「さよなら」以外の気持ちが隠れていないか探している、ということだと思いますがやや言葉を詰め込み過ぎた気がします。
泳二

♪ありがとうございました
泳二さまへ。アドバイスありがとうございました!そうなのです、罫線にまで意味を探してしまったお手紙でした。勉強します!

いずみ 美帆


罫線をはみ出した字は永遠に真っ白な紙の世界さまよう

詩音

1 0+1 星


エクセルの檻の一升どなたかの一億円がけらけら笑う

中牧正太

1 0+1


罫線の上を歩いた英文は通じないまま 心に届く

ササキ アンヨ

1 0+1

「通じないまま心に届く」はいいですね。「罫線の上を歩いた」というのがよくわかりませんでした。
泳二


ああつらいケー線こえる狭すぎる初めて習うABCよ

bemu

1 0+1 葉 はじめて


罫線の上に白黒置いていく見えてくるのは囲碁の宇宙か

心伝

1 1


罫線の上を踊って跳ねる文字 記憶の君に好きだと告げる

1 0+1


罫線の三行でマジ三くだり半タチも悪くてノーヒントだと

といじま

1 0+1 星


罫線をはみ出したこと無いけれど無地の世界ではみ出して今

小李広花栄

1 0+1


便箋に並んだ文字が踊り出す罫線上のダンスホール

龍也

1 0+1


淡淡と罫線に桜のにじむ恋文でないものを棄てかね


罫線をはみ出た君の「好きです」が少し左に傾いている

静ジャック

1 0+1 星


罫線で自分の字体を統御するペン字教室節約したり

だゆう

1 0+1


覚えしは ルーズリーフの罫線に きれいに揃え 綴られている

シキ

1 0+1

どんまい!

罫線を気にせずに書く 芯を持て自信を持てよ新しい私

0 0


罫線に沿って書いた筈なのに想いはみ出し消しゴムの跡


罫線を外す設定できなくて午後もワードとにらめっこする

天野うずめ 家

0 0


あおむしが罫線のうえ這うように筆記体にも春が来た

404notF0816

0 0


I love you.幼い文字が罫線の左から右へ流れています

大橋春人 家

0 0


website uproadは横書きの うた便箋に写す 縦罫の便箋に

金魚先生

0 0

どんまい!

昨日 2017年03月08日(水) 明日

出詠した人選歌した人

あい シキ 二宮 隼人 木蓮 冬桜 @aokikenichi家 静ジャック 涸れ井戸 わたぬきそら家 パコ・ベルデ 天野うずめ家 大橋春人家 雨宮 司 もうふ 西村曜 いずみ 美帆家 泳二 有櫛由之 中牧正太 はちみつ家 天使きらり 小李広花栄 井筒ふみ けら ササキ アンヨ bemu えだまめ 小川けいと 龍也 といじま たかだ牛道 一〇〇八 てんてん 茉莉 長月優 金魚先生 詩音 心伝 しま・しましま 桔梗 大葉れい 須磨蛍 七緒 下弦 だゆう 藤 かづえ 404notF0816 はだし

ぽつり はちみつ家 わたぬきそら家 えだまめ 井筒ふみ ミオナマジコ あい 天使きらり 大葉れい 有櫛由之 詩音 須磨蛍 けら 二宮 隼人 てんてん といじま 長月優 小李広花栄 もうふ 西村曜 衣未(みみ) 木蓮 聖徳太子 雨宮 司 寿々多実果 七緒 ササキ アンヨ 下弦 いずみ 美帆家 龍也 桔梗 シキ 泳二 五條ひくいち 冬桜 bemu 中牧正太 @aokikenichi家 小川けいと はだし 一〇〇八 涸れ井戸 静ジャック 藤 かづえ いっくんママ だゆう

50 人

47 人



 2017 03 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31