うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1072日 】 2017年03月07日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1072 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 三月海月

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 7音以上の名詞 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

驚くがいいドモホルンリンクルよ私の顔はこんなにも砂漠

WPP

6 5+1 星

小林礼歩寿々多実果といじま高木一由東風めかり

思わず、笑ってしまいました。自虐ネタを詠める人って、とても素敵な人だと思うのですよ。肌だけは20代と言われるアラフォーの私ですが、外側からのケアは何もしてないです。亡くなった森光子さんのお肌がとても美しかったので、彼女の食生活を真似して毎日卵を食べて、アボカドとトマトもよく食べます。あとは睡眠が大切ですね。
ミオナマジコ

ドモホルンリンクルのインパクトにやられました(笑)
小林礼歩

驚くがいい と 砂漠 で、その渇き具合に猛烈に共感しています。冬場は特に(ToT)顔だけじゃなく身体もカサカサです。
寿々多実果

読むなり笑ってしまったのでハートに。慌てふためくドモホルンリンクルを想像して更に笑いました。
といじま

ドモホルンリンクルの本気に期待したい!(笑)
ひの夕雅

ドモホルンリンクルに目がいきがちですが、このお歌の白眉は「こんなにも」だと思いました。
詠み手と読む側にはかなり隔たりがあるので、ぼんやりとしてしまう「こんなにも」をドモホルンリンクルという具体的な固有名詞との結びつきで成功させていて巧みです。

東風めかり


美しい過程を人は求めおりサグラダファミリア空に近づく

仙冬可

5 4+1 星


ていねいなくらしをつくる第一歩「プッチンプリンはお皿に移す」

高木一由 家

5 4+1

むうこ下弦祐鈴梶原一人

お皿にうつさず食べることが多い自分のがさつさを省みさせられる。
むうこ

プッチンプリンではないのですが、まさに今日ゼリーを食べるのに、お皿に移さないとさもしい人間になってしまうと思い、お皿に移して食べたのでした。
ミオナマジコ

もうこの先プリンそのままで食べられない…
祐鈴

昼間こういう写真を見た気がする(笑)
大橋春人


プレミアムフライデーならコピー機の横で上司に踏まれています。

御殿山みなみ

4 3+1

仙冬可えだまめ

今流行りの言葉を使った一首。帰りたいのに帰れない!という歌ですよね。上司に踏まれているという擬人的な表現がおかしく、また少し悲しいです。
大橋春人

風刺のきいたうまくまとまった歌。この句点はどうなんだろう。私はいらないと思いますがこの歌では効果があるような気もする。
泳二


集英社文庫の夏の一冊がかばんの中に春を待ちゐる

桔梗

4 3+1

けら木蓮きつね

ただ読み終わらなかっただけではなくて、
夏が終わらない理由があるのかな、なんて物語を感じました。

けら


(僕はもう見えないけれど)モンスターボール飛び交う公園にいる

きつね

4 3+1

さわ田マヨネ七緒大橋春人

ポケモンGOを詠んでいるんでしょうけど、この主体はやめちゃったからもう、見えないんですよね。本当は見えないものを見ている周囲と、本当は見えないものを見ていた主体のギャップがとてもユニークに思いました。
大橋春人

僕はもうアンインストールしちゃったんですかね。大人になって見えなくなってしまった、という読みもあるけどポケモンは大人がやっていたのでちょっと違うような。
泳二


ぼんやりと月夜あゆめばラスコーリニコフ心の路地に住むなり

シュンイチ

4 4

有櫛由之しま・しましまだゆう

「ラスコーリニコフ」はドストエフスキーの「罪と罰」の主人公のことと思います。
月夜の路地(路地とは書かれてませんが)を歩いていて、ふと彼の事を思い出して、なんで彼の事なんか思い出すんだろう、きっと心の中の路地に彼を住まわせていたんだって思う、という感じかなって思いました。さすがに人を殺してしまうぐらいの独善さをではないと思いますが、何かしらこの「罪と罰」の主人公と自身に重なる部分があるのかも知れません。「月夜」という情景が印象鮮明で惹かれるうたでした。

しま・しましま


すいすいと3月の風寄ってくるムートンブーツを脱いだ足先

亜梨

4 3+1 星

遠井海堀口万理奈

ムートンブーツがいかに暖かかったかわかりますよね。私はまだタイツが脱げないです。
ミオナマジコ

つま先に感じる春の風の心地よさが伝わってきます。
シンプルでとても好きです。

遠井海


これ以上苦しまなくていいんだよ庭にあふれるマリーゴールド

文佳

4 3+1

小林通天閣ミオナマジコ涸れ井戸

マリーゴールドは本来は絶望という花言葉があるそうですが、黄色だと健康という花言葉だそうですね。きっと、この庭を眺めている主人公は病気で苦しんで絶望していて、庭にあふれるマリーゴールドを見て励まされたのでしょうか。素敵なお歌です。
ミオナマジコ


出先での一つ一つを噛みしめて箸運ぶ幕の内弁当

といじま

4 3+1 星

あいひなこ静ジャック

幕の内弁当がずっしり落ち着いていて存在感がありました。
あい

7音以上の名詞たちの中で、「幕の内弁当」が一番目につきました。僕の日常に近いものを感じるからかな。今日はこの歌の素朴なしっとり感に♥です。
静ジャック


遥かなるスピッツベルゲン島に住む友のコートのフードよ燃えよ

大橋春人 家

4 3+1 星


タスマニアデビルのあくび僕たちはぬるい春には飽きてしまった

ナタカ

3 2+1

須磨蛍宮嶋いつく

タスマニアデビル。今回使われた名詞の中でもかなり魅力的でした。うろ覚えですが黒い子熊みたいなかわいいやつですよね。でも気性が荒い。「タスマニアデビルのあくび」と「僕たちは~」が比喩というかニアリーイコールの関係性で絶妙のバランスだと思います。
泳二


ラブポーション・サーティーワンにかぶりつく 待つのはいつも私ばかりだ

3 2+1 星

亜梨小池佑

一人で食べてるんでしょうか、甘酸っぱい…!
アイスの説明にもある「恋の媚薬」っぽさをもうちょっと生かせてもよかったかも。あえてかもしれませんが、アイスに対し「かぶりつく」というのはちょっと違和感ありました。

亜梨

アイスの種類のチョイスがかわいくて勢いがあっていいなって思いました。
しま・しましま

亜梨さん、しま・しましまさん、コメントありがとうございます。
ラブポーションサーティーワンの可愛さをもうすこし活かせないか考えてみます!
かぶりつく、は、コーンのアイスにスプーン使わずにがぶっといくのを表したかった結果でした……。


パーソナルスペース広いきみと見るしづかに解体さるる船舶

萩野聡

3 2+1

秋山生糸ひの夕雅

素敵です。パーソナルスペースという言葉がこんなに詩的だなんて。
秋山生糸

きみと見る、とあるのに、パーソナルスペースが広いという初句で並んだ二人の間に微妙な空間があるのが見てとれ、更には目線の先に解体される船舶。奥行きにも広がりがありたっぷりとした情景描写だなぁと思いました。主体が何を考えているのかというのを想像し、情景と対比させると面白そうです。
ひの夕雅

パーソナルスペースが広いということは人を近くによせつけないということですよね。そんなきみと一緒に見るのは解体されている帆船。実物というよりテレビ番組かなにかでしょうか。微妙な距離感で微妙なものを見るふたりの面白さ。
泳二


「その蝶は、ツマジロスカシマダラだよ。硝子ガラスはねと飛ぶよ」

羊我堂

3 2+1

宮本背水うた猫

羽根がガラスのように透明な蝶ですかね。見たことないですが神秘的な。はらりに傍点が打たれていますがきっとはらりと飛ぶのでしょう。全体のカギ括弧の効果はあまり感じませんでした。
泳二


あんたならおんなじ青と言うんだろうサンクトペテルブルクの空も

七緒

3 2+1

羊我堂夏凪

遠く離れたサンクトペテルブルクの空と、僕たちの見る空は繋がっている。その奇跡を奇跡と思わないだろう「あんた」のことを、愛おしく思う主体がいるのですね。素敵な作品だと思いました。
シュンイチ


黒猫がスマホの上でダンスして「テラヤマシュウジ」と打ちて去りたる

梶原一人

3 2+1


実は今朝自分でつけた傷である過酸化水素水を嗅ぐため

Y川

3 2+1

井筒ふみ絹更ミハル

七音以上の名詞で過酸化水素水を思いつくのは素晴らしいし、それを自然に詠み込めていてさらにすごいです。過酸化水素水を嗅ぐのが本当の目的なら、傷をつけなくても皮膚にたらせばいいので、自分で傷を作った本当の理由は、別のところにあるのではないかなと思わせます。しかし歌には不思議と自傷の後ろ暗さはなく、本当はうっかり傷をつけたことを自分でつけたと言い張っているのかもしれません。
絹更ミハル


大人たちをビルにしまってハイティーンガールは今夜駆け落ちてゆく

小林通天閣 家

3 2+1

時子泳二

よくわからないところもあるのですが強く惹かれた一首。ハイティーンガール、駆け落ちという少しノスタルジックな言葉。働く大人たちは彼女たちがビルにしまってたんですね。少女を中心に世界が回るファンタジーとリアルの境界の危うさを感じます。なにいってるかわからないけど。
泳二


メルセデスベンツ言うのはただやからストラディバリウスロマネコンティ

西村曜

2 1+1 星


リュウグウノツカイはいつも目的を達成できず浜で死んでる

小川けいと

2 1+1

@aokikenichi

「あれが最後の一匹とは思えない。いずれ第2第3のリュウグウノツカイが現れた時、我々はいかなる手段を講じればいいのか」すみませ~ん。思わず初代ゴジラのパロディを入れちゃいました。確か、駿河湾だったと思うけれど、台風の後に海中で泳ぐリュウグウノツカイの映像が撮られていた気がします。あれは美しい映像だったなぁ。きっといろんなリュウグウノツカイがいるんですよ。
雨宮 司

行って帰るまでがお使いだとすると、浜で死んでいるのは目的が達成されたとはいえないかも。「いつも」はどうかんがえても大げさだけど、確かにわたしたちの目に触れるのは浜で死んでいるリュウグウノツカイだけですよね。
しま・しましま

達成した後だと思いたい。
久哲


チロリアンテープの赤い縁取りで少し跳ねてる上履き袋

けら

2 1+1 星

民生

「チロリアンテープ」の可愛らしさと語感の良さと、「赤い縁取り」がいいなって思いました。跳ねたくなる気持がわかるような愛らしさって思いました。
しま・しましま


ニューヨーク・チーズケーキを食べている田舎の平屋のこたつの中で

ひの夕雅

2 1+1 星

久哲

対比がわかりやすく、かつおもしろいです。「平屋の」としたことで、より田舎感が出ている気がします。そうすると「ニューヨーク・チーズケーキ」もなんだかつられてダサいように感じられてきて(褒め言葉です)田舎住みとしては共感をもって読めるお歌でした。
西村曜

チーズケーキもこの歌もうまい!と思う。
久哲


常夏の空に散らせよ 隕石とサーターアンダギーを交互に

まそ

2 1+1

WPP

こら!食べ物で遊んではいけません!
ミオナマジコ

一字あけは要らないかなとも思いましたが、ポップでシュールな感じがとても好き。
WPP

言われてみれば隕石とサーターアンダギーって似てますね。楽しい感じが伝わってきます。
むうこ


まどろみの春さりがたききみの家にミツユビナマケモノのほほゑみ

有櫛由之

2 1+1

ナタカ

二句の句割れの「春」で切れるんですよね。居心地のいいきみの家でついいつまでもごろごろうとうと。ナマケモノのあのふにゃーっとした笑っているような顔がそのまま主体の感情ですね。
泳二


厳選を重ねてつくるシルバニアファミリーファミリーの終わらない春

しま・しましま

2 1+1 星


ゆびさきで無難な日々を変えてゆく サラダに散らすゴルゴンゾーラ

東風めかり

2 1+1 星

404notF0816

ゴルゴンゾーラを選んだところが上手いと思いました。
些細な暮らしの変化の一歩としてゴルゴンゾーラは癖があってよいです。

404notF0816

たまにはサラダにオシャレにゴルゴンゾーラチーズを散らしてみる。その程度のアクセントを「無難な日々を変えてゆく」とまで言ってしまうところがかえっていじましい。
泳二


老いるまで親友でいる約束にふたつに割ったエンゼルショコラ

絹更ミハル 家

2 1+1 星

小川けいと

私は友達がいないので食べ物を半分こにできる関係ってとても羨ましく思います。
ミオナマジコ

「老いるまで」は極端としても、生涯の友情を結びたがるのは、若い世代の特権という気がします。そういえば、『三国志演義』も桃園の誓いから始まっていましたね。おっと、話がそれました。親友とふたりで生涯の友情を誓い合ったのですね。エンゼルショコラを二つに割って誓ったというのがいい。「心に通じる道は必ず胃を通る」と、開高健が書いていました。訳知りの行動だと思います。
雨宮 司


空の下 文学少女は本を読むその横顔に恋をしたんだ

うた猫

2 1+1


ひとつだけ自分の為の行動すネイチャーメイドマルチビタミン

祐鈴

1 0+1 星 おとの日


今はただ駅名だけが残ってる思い出の中の向ケ丘遊園

むうこ 家

1 0+1 星 おとの日


少年の日々の冴えない心には筋肉少女帯が響いた

宮嶋いつく

1 0+1 おとの日


君は今笑ってますか ふと白いナンジャモンジャノキを仰ぎ見る

木蓮

1 0+1 おとの日

「ヒトツバタゴ」っていう木の別名が「ナンジャモンジャ」ですよね。遠目にボリュームのある白い雲みたいに見えるあの満開の花の感じは、つい誰かのことを思わせてしまうのかもって思いました。
しま・しましま


たそがれの万博記念公園に青き孔雀が羽を広げる

静ジャック

1 0+1 星 おとの日


金曜の残業手当としてもらうハーゲンダッツのラムレーズンを

404notF0816

1 0+1 星 おとの日

残業手当として食品を支給するのはどうかと思いますが、ハーゲンダッツのラムレーズンなら話は別です。秋冬限定ですからね。
ミオナマジコ

疲れた体と心に沁みそうですね。でもほんの少しの残業だったら、ですが。
仙冬可


雪崩式バックドロップ君はまた僕を抱きしめロープに上る

泳二

1 0+1 星


ポリビニルピロリドンの糊がはがれ切手が盆踊りのように舞う

さわ田マヨネ

1 0+1


謝罪から始まるメール返信もブラインドタッチだからはやい

秋山生糸 家

1 0+1 星

よくあるテーマの歌といえばそうですが、下句の句跨りがこの歌ではブラインドタッチ感が出ていてよかったと思います。あとブラインドタッチってキーボードを見ずに打つことだけどなぜか自動書記的に感情がこもっていない印象があるんですよね。
泳二


FOREVER21永遠を装うための硬貨三枚

堀口万理奈

1 0+1


親指を下に立てたい気分だし連れていってよターミネーター

下弦

1 0+1


赤丸がスリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ彼の地図帳どこか淋しい

@aokikenichi 家

1 0+1

何を思ってスリランカの首都に丸をつけたのか、色々想像します。
むうこ


通販でカラー筆ペン手に入れてモノクロの世に反撃をする

涸れ井戸

1 0+1

カラー筆ペンというものがあることを初めて知りました。ありがとうございます。通販も通信販売と言いたくなりますが、好きなお歌です。
ミオナマジコ


愛息子に会いたい枡野浩一のことは知らない石川啄木

遠井海

1 0+1 星


間違い電話まちがい電話まちがいでんわ ずっと話していたい

井筒ふみ

1 0+1


城壁が守った街を守っている人々の住むローテンブルク

小林礼歩

1 0+1 星


早く来て!待ちくたびれてレアチーズケーキを食べてしまうじゃないか。

あい

1 0+1 星


紅茶の香 スリジャヤワルダナプラコッテ 心は火傷 舌噛む痛み

わたぬきそら 家

1 0+1


8時だョ!コントの締めに「だめだこりゃ」が恋しくなるザ・ドリフターズ

ミオナマジコ

1 0+1 星


7音以上の名詞だけのしりとりでまた君に勝てない 知らない言葉ばかりだ

宮本背水

1 0+1

なんだろう。お題をそのまま詠み込んだ散文のような一首だけど、なにか惹かれるものがあるようにも思います。しかしその正体がわからないのでちょっと採れなかった。
泳二


三次元デビューしましたよろしくね春の高密着マスク様

ひなこ

1 0+1


太平洋戦争若者カレー食べ甘酒を飲む夕暮れ仮眠

だゆう

1 0+1

どんまい!

なんとなく買って帰るか今日だけは優しい気分でハーゲンダッツ

小李広花栄

0 0 おとの日


春浅き横断歩道で待つ人のバレッタに咲いた春を見つけた

もたろ

0 0

まだ寒さが続いていて冬物のコートは脱げないけれど、この人は、髪飾りに春を取り入れたのですね。
ミオナマジコ


ダメな子でいいよ君がいいんだよシングルベッドに入れてあげるよ


以外にも7音以上の氏名多し麗しの君あの子にこの子

0 0

「意外にも」…。
うたの日での仮名

あ、ホントだ…。ありがとうございます。


脳内の思考と空想をハンドミキサーで掻き回されている

尾崎七遊

0 0

どんまい!

昨日 2017年03月07日(火) 明日

出詠した人選歌した人

祐鈴 ミオナマジコ 大橋春人家 羊我堂 わたぬきそら家 うた猫 @aokikenichi家 涸れ井戸 さわ田マヨネ まそ もたろ WPP ナタカ 絹更ミハル家 Y川 梶原一人 高木一由家 むうこ家 木蓮 小李広花栄 けら 宮嶋いつく 萩野聡 仙冬可 ひの夕雅 堀口万理奈 しま・しましま 井筒ふみ ひなこ 小川けいと 有櫛由之 遠井海 西村曜 尾崎七遊 御殿山みなみ 泳二 シュンイチ 静ジャック 七緒 桔梗 小林通天閣家 下弦 といじま だゆう あい 宮本背水 亜梨 小林礼歩 秋山生糸家 五條ひくいち 404notF0816 文佳 きつね 東風めかり

あい むうこ家 下弦 WPP 衣未(みみ) 羊我堂 けら 御殿山みなみ 小林通天閣家 木蓮 うたの日での仮名 さわ田マヨネ 民生 秋山生糸家 西村曜 小林礼歩 ミオナマジコ 須磨蛍 家 宮本背水 有櫛由之 @aokikenichi家 寿々多実果 宮嶋いつく 萩野聡 といじま 遠井海 まそ ぽつり 七緒 時子 仙冬可 井筒ふみ 祐鈴 404notF0816 涸れ井戸 きつね 高木一由家 高松紗都子 ナタカ 小川けいと しま・しましま 桔梗 えだまめ 大橋春人家 ひの夕雅 うた猫 Y川家 泳二 東風めかり ひなこ 梶原一人 絹更ミハル家 堀口万理奈 久哲 文佳 亜梨 静ジャック 夏凪 小池佑 わたぬきそら家 だゆう

56 人

64 人



 2017 03 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31