うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1072日 】 2017年03月07日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1072 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 三月海月

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

君は今日帰つてしまふ朝顔の蕾のやうに傘を畳みぬ

文月郁葉

10 9+1 星 秀歌

石勇斎民生須磨蛍秋山生糸えだまめいっくんママだゆう

「ぬ」!「ぬ」がどうなのか!そこだけだなあ。比喩は抜群ですね。比喩が抜群です。お手上げです。
中牧正太

「朝顔の蕾のやうに傘を畳みぬ」の表現が面白いと思いました。上の句との繋がりがわかりにくい気もしますが…。

帰る。畳む。かなしいけど美しいですね。。
えだまめ

久しぶりの投稿でしたが、びっくりしました…!ありがとうございます。
中牧さんの仰る通り、他動詞なので「ぬ」ではなく「つ」ですよね……?ご指摘ありがとうございます。

文月郁葉


クリスマスローズがそっと咲いており気づかずにいた蕾の時間

5 4+1 星

小澤ほのか可奈美常盤このは衣未(みみ)

人を重ねてみたくなる歌ですね。昔はパッとしなかった人が大人になってすごく垢抜けてたりする驚き、ありますね。「蕾の時間」という体言止めがいいと思いました。
中牧正太


水がないくらいで泣くな頑張れと言われ続けて蕾は枯れた

 家

4 3+1

ミオナマジコわらび遠木音

悲しいですね。人にも同じことがいえますよね。SOSを出してる人に対して励ましのつもりで頑張れと声をかけたことが、最悪、その人を死ぬほど追いつめてしまうこともある。深いお歌だなと思いました。
ミオナマジコ

頑張れという言葉が時には逆効果になることもありますよね。
本人にはどうしようもないことに対してかけられる「頑張れ」なら尚更に。
こういう時、どういった言葉をかけるのが正解なのか悩みます。

わらび

ここに何か一つ救いがあるといいなとは思いますが、現代社会をわかりやすく喩えていると思いました。
中牧正太


春待てばやがて蕾はひらくから善意の指でこじ開けないで

森下裕隆

3 2+1

ぽつり千葉ちゃん

若者に対して世間は少々せっかちかもしれません。あるいはあれこれと手を加えようとしすぎているのかもしれませんね。「蕾」「善意の指」の隠喩がなかなかに深淵。
中牧正太


春風にしろいティシューの蝶々はあからむ鼻を蕾ととまる

3 2+1 星

しちみとう小池佑

つらい苦しい花粉症ですが、こんなふうに想像するとちょっと楽しくなりますね。ティッシュではなくティシューとしたことで音がふわっとやわらかくなりました。歌の雰囲気、春のイメージとぴったりですね。
中牧正太

比喩がきれいですね。
シキ

♪、♡をありがとうございます!中牧さま、シキさま評をありがとうございます!花粉や鼻炎でティッシュにはお世話になりっぱなしなのです。ティシューというと普段使うちり紙とは別物のようにおしゃれだと感じます。


三月の春風たちはおびている蕾くすぐり笑わす使命

遠木音

3 2+1 日丸1年皆勤

桜望子森下裕隆

「おびている」!いい倒置ですね。こういうの好きだなぁ。上句最高。
中牧正太


爆破するみたいに開けたんぽぽの蕾いやなこと光にかえて

桜望子

3 2+1

てんてん

確かにたんぽぽは爆発の光みたい。上句の命令調がすきです。要求が具体的なところがいい。
中牧正太


梅蕾花咲くころは別々に生きているんだ悲しいけれど

平屋紀子

3 2+1

あんこ西村湯呑

卒業、進学、転勤。春は別れの季節でもありますね。韻律がきれいで口ずさみやすいところがいいですね。「梅蕾」という初句の入り方もすきです。
中牧正太


何いろのどんなかたちの花だろう私は膝をかかえて蕾む

中牧正太

2 1+1 星


菜の花の咲う頃にはわたくしの十月十日の蕾も笑う

わらび

2 1+1 星

羊我堂

短歌としてはやや喜びすぎな感、何か一つ影の部分が入ってるといいようにも思いましたが、いやいや、そりゃあうれいしいですよね。あんなに幸せな瞬間ってないなと思いますね。
中牧正太

♡、♪ありがとうございました!
そして、中牧正太さま!
まさかわたしにまで評をいただけるとは思いもせず……感激です。
ありがたいご指摘、本当に恐縮です。短歌始めたばかりなので、とても勉強になりました。精進します!

わらび


明日を待つ桔梗の蕾は幼子の無邪気な指でぽんと弾けた

しちみとう

2 1+1 星

あい

蕾と子どもは相性いいですね。描写がわかりやすくて、擬音も心地良い歌だと思いました。
中牧正太

中牧正太さん
評していただきありがとうございました。

しちみとう


そうだよな!ブロッコリーにはマヨだよな! だから君には僕がひつよう

てんてん

2 1+1 星

この無理やりさ加減と、蕾の題でブロッコリーに着目したギャップにやられました。
文月郁葉

つながらない因果をあると言い切る短歌、好きです。短歌らしいと思う。
中牧正太

皆様、「♥︎」&「♪」ありがとうございました。
文月郁葉さん、中牧正太さん、評を下さりありがとうございます。
蕾から連想して花蕾(カライ)・・・ブロッコリー(笑)と,楽しみながら詠みました。

てんてん


フェンス越し爪先立ちで嗅いでみる蕾ほんのりもうライラック

常盤このは

2 1+1

UrbanBlues

蕾なんだけど、ちゃんと花の匂いがするっていうことなんでしょうね。「もうライラック」っていいですね。いい。
中牧正太


閉ざしてた蕾の想い色をつけパンッと音して弾けそうです

2 1+1 星

時子

恋かな。これから告白するぞっていうときの心境でしょうか。若々しく、力強く、気持ちのいい歌だと思いました。
中牧正太

中牧正太さん、♪と嬉しい評をありがとうございます。
時子さん、💛嬉しいです。
♪のみなさん、有難うございます。


ふきのとう、ふきのとう ホームで叫ぶ 任意の5文字をあてて咲かせて

西村湯呑

2 1+1

文月郁葉

「任意の5文字」を歌意のブランクにしたことで、まったく像は結ばないんだけど歌の雰囲気がぐっと立ったと思います。わかんないけど、なんかわかる。そういうのもアリですよね。
中牧正太


咲く蕾咲けない蕾も花になれ咲かずに落ちた蕾を拾う

えだまめ

2 1+1 星

まったく、作中主体のような奇特なお方がおられて良かったと思いますよ。普通、「咲かずに落ちた蕾を拾う」御仁はいませんよ。大抵は頭上の花に目を留めるばかりで、足元を見ることはない。まあ、「咲けない蕾も花になれ」と、無茶な話を申しておられますが。蕾は未来の花ですから、遅咲きを待てという意味だとは思うのです。作中主体はどんな思いで蕾を拾ったのでしょうか?
雨宮 司

咲かずに落ちた蕾は、詩人が拾うしかないですからね。
中牧正太

雨宮 司さま。
とても丁寧な評をありがとうございました。庭に枝垂れ梅がありまして。昔、子どもが小さかった頃、やはり距離的に近いのか蕾を拾うんですね。メジロなんかがつついて落としてしまった開く前の蕾を両手にたくさん拾って見せに来る。それを皿に張った水に浸けておくと翌日には開くんです。とまあそういう実体験を元に、ここ最近のうたの日掲示板を見ながらの私自身の想いです。咲けない蕾がここにはたくさんあり、それぞれ咲けるはずだと。そういう気持ちでした(恥ずかしい)。

えだまめ

中牧正太さん。
貴重な言葉をありがとうございます。嬉しい♪
その言葉のおかげで、拙いうたが昇華できたような気がします。

えだまめ


舌を出すあなたの味蕾ひとつずつひらかせてやる真っ赤な朝に

金子りさ

2 1+1

WPP

恋の歌と読みました。恋をすると変なこと思いますよね。この歌に描かれた決意もとても変な決意で、すなわちそれは世界に一つだけの決意。自己中心的にそういうことを思うのって、恋心としてとてもリアルだなと思いました。
中牧正太


薄桃の蕾に伸ばす指先の冷たきことは君のみぞ知る

寿々多実果

1 0+1 星 おとの日

確かに自分の指が冷たいことって相手にしかわかんないですよね。すごい発見。官能的な意味で読みましたが、感情を抑えてきれいに詠われていると思いました。
中牧正太

ほんのりエロティックで好きです。
えだまめ


黄昏の消えゆく先に夜が咲くからめた指は罪の蕾か

1 0+1 おとの日

夜を花に喩えるというのは面白いですね。「罪の蕾」。お昼のドラマの空気が匂いたちます。
中牧正太


一万の味蕾が美味いと感じてもあなたはいつも一言「ふつう」

可奈美

1 0+1 おとの日

味音痴なのかめんどくさがりなのか…。「おいしいね」って言ってほしいですよね。
寿々多実果

私は料理を作るのが好きですが、作っていて一番張り合いがないのが、「ふつう」を連発して他の言葉を言わない人です。「ここは○○を入れた方がもっと美味しく感じる」とか、「ちょっと薄味が過ぎたね」とか、いろんな意見を言ってくれる人の方がありがたい。我が儘放題も困るが、無関心を決めこまれるのが最も困る。幸せな家庭を作りたいなら、そこでは諍いを起こしなさいよ。
雨宮 司

大げさな言い方から極めて平凡な家庭の様子に展開していくところが面白いですね。
中牧正太


待ちわびた春晴れの日の今よりも蕾の頃は桜色濃く

Holly

1 1

平屋紀子

観察力、そこに気づく目、すごいですね。「春晴れ」という音もいい。
中牧正太

中牧さま
下の句がイマイチなのが残念ですが、開花直前、蕾一杯の桜が全身薄紅に染まる姿を読み取ってもらえて嬉しいです。評、ありがとうございました。

Holly


蕾とは天使の名なり花束にまぎれる薔薇のかたき唇

chari 家

1 1

金子りさ

下句の観察力。いいですね。うつくしく描きすぎていないところに好感をもちます。
中牧正太


花開く前の苦味がいいんですよね春の味はちょっと悲しい

あんこ

1 0+1 葉 はじめて

おひたし、でしょうか。「いい」と言いながら「悲しい」。春という季節には、そういうところあるかもしれませんね。
中牧正太


まだ蕾だと気がついた春の日に涙の意味を問いたりしない

UrbanBlues

1 0+1

しずかなやさしさ、深いおもいやりを感じます。涙の意味を問わずにいられるというのは大人ですね。
中牧正太


膨らんだクイーン・エリザベスの蕾 庭師は不穏な呟きを聞く

いっくんママ

1 0+1

どんな呟きだったんでしょう。エリザベス女王の何らかのヒストリが背景にあるのかもしれませんね。絵本の世界のような神秘的な歌ですね。
中牧正太


咲き誇る未来を思い第一歩踏み出したのは君の隣へ

石勇斎 家

1 0+1

自分を花にたとえる自意識というのは、いいですね。読者を突き放すんだけど、こういうのはいい突き放しだと思う。文句いえないですもん。
中牧正太


これもまた権力闘争 春荒れに白木蓮の蕾は落ちて

須磨蛍

1 0+1

白木蓮というのはそうやって自ら花の数を減らす性質があるのでしょうか。うつくしい花のちょっと違った側面をクールに描いていて、ウッと思わされる歌ですね。
中牧正太


咲いたのは全部枯れたし幸せの蕾は蕾のまま愛でる主義

小池佑

1 0+1

いい美意識だなと思いました。年齢を重ねるにつれ、手に入れることが怖くなりますね。
中牧正太


めまいにて引き籠もってたその間 虫は起き出し蕾膨らむ

小澤ほのか

1 0+1

時制をととのえたらバシッときまる歌だと思いました。虫が起き出すという表現がストーリーにうまく合っていていいですね。
中牧正太


雨降りの固くて冷たい蕾さん、ふんわり抱いたら開いてくれる?

夏凪

1 1

中牧正太

一般的な感覚で聞けば完全に危険人物の言葉だけど、それが短歌ですよね。抱いたって絶対ひらかないですけど、ひらいてくれたらいいなと思いますもんね。それが短歌ですよね。
中牧正太


蕾だと言い張れないね 大輪の花火のように燃えてる気持ち

千葉ちゃん

1 0+1

本物の花ではなく、蕾を花火と対比させたところが面白い。
中牧正太


花が咲く前の蕾を手折っては「失敗した」と嘆く者ども

怒ってますね。怒られてる気がする。なんか、ごめんなさい。
中牧正太


春はいま淡くしずかにふくらんで ぷつり針をさせば花ふぶき

あける 家

0 0

風船がはぜるように桜がわっと咲く、その前の様子をとてもきれい描いていると思いました。春を待つ高揚感が伝わってきます。
中牧正太


まだ雪が降る三月の川辺なり桜の蕾は大きいままに

天野うずめ 家

0 0

季節の詠みかたとして「ずらし」が効いてると思いました。結びかたもいいですね。きれいな余韻のある歌だと思います。
中牧正太


少女から女に変わるその時に蕾が開くさまを見たよう

心伝

0 0

その瞬間を見るというのは、どういうシーンなのかはわからないですけど、すごいことですよね。一生わすれないかもしれないですね。
中牧正太


大丈夫‼受験間近の蕾たち大輪の笑顔はな咲かせてみせて

応援というのはいつだって無責任なものですけど、あたたかいものですよね。気持ちが伝わってくる歌だと思いました。元気が出ますね。
中牧正太


桃の蕾 花咲くことなく 落ちていく 君への想いが 実らぬように

シキ

0 0

桃のチョイスがいいですね。誰も見てない感じがします。実らぬ想いとよく混ざりあいますね。
中牧正太

中牧様、評をありがとうございます。桃の節句用の切り花が、いつも蕾が咲ききれずに切なかったので。。
シキ


昨日 2017年03月07日(火) 明日

出詠した人選歌した人

キナコモチコ シキ 千葉ちゃん わらび えだまめ 天野うずめ家 心伝 夏凪 寿々多実果 あける家 森下裕隆 小澤ほのか 可奈美 しちみとう Holly chari家 金子りさ ササキ アンヨ 小池佑 遠木音 家 平屋紀子 桜望子 石勇斎家 文月郁葉 てんてん 常盤このは 中牧正太 いっくんママ あんこ 西村湯呑 UrbanBlues 須磨蛍

桜望子 石勇斎家 平屋紀子 ミオナマジコ 小澤ほのか 寿々多実果 時子 文月郁葉 ぽつり しちみとう 家 千葉ちゃん 可奈美 常盤このは わらび 民生 遠木音 WPP あい 小池佑 UrbanBlues 羊我堂 あんこ 衣未(みみ) 中牧正太 金子りさ 須磨蛍 秋山生糸家 西村湯呑 えだまめ 森下裕隆 いっくんママ てんてん だゆう

37 人

38 人



 2017 03 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31