うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1071日 】 2017年03月06日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1071 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 五條ひくいち 絵空事贋作 清水ここに

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

神様を気まぐれと言う僕たちは気分次第で仏に縋る

 家

5 4+1

聖徳太子佐須葉子涸れ井戸もたろ

たしかに、気まぐれなのは「僕たち」のほうなのかもしれませんね。歌題『第』で「気分次第」の「第」とは考えられているなあと、そこもおもしろかったです。
西村曜

結婚式は牧師の前で誓い、初詣は神社に参拝し、お葬式はお坊さんを呼ぶ国ならではのお歌だなと思いました。
ミオナマジコ

信仰とはそういうものかもしれませんね。気まぐれならざる神よ来たれ。
もたろ


第六次性徴くらいになったならやっと目を見て話せるだろう

西村曜

4 3+1 星


傷つけるつもりは毛頭ありません第一これは絹ごし豆腐

しま・しましま

4 3+1 星

祐鈴橙田千尋

角でアタマを狙う様子が見えるようです。衝撃すごそう。
祐鈴


履歴書に水泳と書く(本当はラジオ体操第一第二)

祐鈴

4 3+1 星

ミオナマジコ静ジャック

出ました! 水泳と、ラジオ体操第一第二との切っても切れない関係。プールに入る前には必ず体操をしました。私は実は水泳部でした。あまり早くはなかったのですが。アキレス腱の運動と柔軟運動、かかり水、バタ足は水泳実施前の必須運動でしたね。今でもプールでは、定期的に客を上がらせてラジオ体操をさせますね。作中主体、泳がせてもらえなかったのでしょうかね? 知らんけど。
雨宮 司

趣味か特技かわかりませんけど、発想がユニークですね。ラジオ体操第一第二でもいいと思いますが。
ミオナマジコ

履歴書というのはだいたい盛って書くものです。僕も身に覚えが。お題の使い方が独創的でした。
静ジャック


序章から第四章にいたるまであなたのゐないお話でした

桔梗

3 2+1

外川菊絵ゆうき

あなたにあうまでの時間はなんだったんだろう。という想いをいだくほどの恋を思いました。でもおだやかな語りなので、そのあとの切ない展開を匂わせていますね。
外川菊絵


車窓から次第に小さくなる君が大きくなって僕からあふれた

もたろ

3 2+1 星

久哲五條ひくいち

大きく出て小さく集約すると言うテクがありますが、それを逆手に取った秀作ですね。
久哲

よく表現される内容なのですが、ことばの並べ方が巧みで、ぐいぐいとスピードをあげて気持ちまでもが溢れていくさまを見せつけられました。
外川菊絵

目に見える「君」は次第に小さく、「僕」のこころの中の「君」はそれに反比例して大きくなっていくって感じでしょうか。「車窓から」ということは、「僕」の方が電車か何かに乗って離れていっているということかと思うんですが、離れていく側の辛さもいいなって思いました。
しま・しましま


式次第ひとつひとつを噛み締めて司会者いちばん立派な背筋

外川菊絵

3 2+1 星


街中で人間らしさをテストされ及第点をギリギリ超えない

五條ひくいち

3 2+1  Birthday


友がいて家族もいるって気がついて頭の中で流れる「第九」

木蓮

3 2+1


バス停で歓喜の歌をささやけばやがて合唱となる春の日

宮本背水

2 1+1

衣未(みみ)

第九には冬のイメージがあるのですけど、バス停で合唱する春、いいですね。
ミオナマジコ

春の始まりが、バス停でのささやき声から、次第に大きな合唱となって広がっていくって素適なイメージだなって思いました。第九の「第」ということだと思うんですが、題詠としてはどうなんだろうということが分からなくなってしまいました。
しま・しましま


受かったと第一報のメールくる来年次女かと気を引き締める

しま・しましま

合格おめでとうございます!受験生の親御さんは大変ですね。
ミオナマジコ

高校か大学の合格報告でしょうか。親としてもほっとして肩の荷が降りそうなところですが、またすぐ来年には次女の入試がある、と。実際に勉強してテストを受けるのは子供ですが、親も大変ですよね。三句目の「くる」結句の「引き締める」と二つのフレーズが終止形で終わっているのが少し流れが悪いかなぁって気もしますが、親としての正直な思いがあっていいなって思いました。
しま・しましま


人生の第四コーナー見据えてるしんがりからの逆転劇を

宮嶋いつく

2 1+1


第3位「ワンワンワワンワンワワン」 なるほどこれは許せませんね

橙田千尋

2 1+1


第一が第二がチェロがコントラが宇宙の真理はきっと調和だ

静ジャック

2 1+1 星

宮嶋いつく

ハルモニですね。(でも、オケやってる人じゃないと、「第一」「第二」がバイオリンのことだとはわかりづらいかも…?と思いました)
佐須葉子


第二音楽室の床いっぱいに広がっている合唱曲譜

2 1+1


第一があるのであればありそうな第二生命 ああめんどくさ


虹色の油膜が水を覆うように第六感をきわめつづける

金魚先生

虹色の 橋はあるらし Jimi Hendrixの 掻き鳴らしそむ Purple Haze.
金魚先生

恋は水色。
金魚先生


Wordでは略字の「第」が出せなくて彼の砕けた感じでなくて

聖徳太子

1 0+1

何気ない彼の特徴に愛情を寄せていて、恋することの尊さを思いました。
外川菊絵


第三種接近遭遇めいめいの母船のことを教えてほしい

七緒

1 0+1

それはもう第五種ではないかと思うんですが、母星のことではなく船のことを聞きたいというずれた科学者(?)像が面白いなって思いました。「めいめいの」ということは、宇宙船に乗ってやってきたのは明らかに複数のグループだったということでしょうか。
しま・しましま


第一次世界大戦塹壕戦日記を書くな写真を撮るなと

だゆう

1 0+1

実際に日記の執筆や写真の撮影が禁止されていたんですか? レマルクの『西部戦線異状なし』は、日記体の戦争文学の傑作のひとつですが、原形となる日記はなく、後に全て創作されたと考えていいわけですね。まあ、太平洋戦争の際に日本の軍人の手紙が検閲を受けていたのは有名な話で、驚くにはあたりませんが。今の日本なら、さしずめメーカーの開発室の中心部でしょう。平和でよかった。
雨宮 司


第1の言葉がノドにつっかえて続かぬ99のねぇねぇ

下弦

1 0+1


くちびるの吐息が産みだす幸せを願ってぼくら第九を歌う

404notF0816

1 1


フィボナッチフィボナッチとなえてるキミ 第一小学校二年生

井筒ふみ

1 0+1


第6感信じて今日もわたくしは人生という荒野を駆ける


毎月第三水曜日 君と僕 会えない日々が愛しさになる

ゆうき

1 0+1 葉 はじめて

どんまい!

式次第四つ目からは『辞』ばかりが並んで忍耐力試される

ぽつり

0 0 おとの日


どこからか第九の合唱流れきて使徒食うエヴァを思い出す風

天野うずめ 家

0 0


起き次第脳がスイッチ入れていく感情はまだ点いておらずに

いばひでき

0 0


刻もうか第一回の優勝を始めて俺が栄冠掴む

心伝

0 0

どんまい!

昨日 2017年03月06日(月) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 03 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31