うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1065日 】 2017年02月28日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1065 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   マサイ嵐 小向大也

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

ひそやかな逢瀬のやうに書き写す禁帯出の古い歌集を

桔梗

6 5+1 星

ミオナマジコ冬桜森下裕隆もたろー

普段は旧仮名遣いの短歌は好まないのです。現代を生きているのにわざわざ旧仮名遣いにする必要があるのかなと思うので。でも、このお歌は、この時代に、デートではなく逢瀬、コピーではなくて手書きで写す、さらに書き写してるのは禁帯出になるほどの古い歌集と、全体的に昔を思わせているので、旧仮名遣いが不自然ではありませんでした。素晴らしいと思います。
ミオナマジコ

いいですね。このひそやかな逢瀬。書庫の匂い。ページをめくるのもドキドキします。
もたろー

これはしっとりと上手くまとまった歌。きっと票を集めるだろうなあ。お題の使い方が絶妙にうまい。
泳二


見返しに「元気ですか」の書込みあり初版帯なしやや小口ヤケ

泳二

6 5+1 星

七緒みちか桔梗かんぬきたくみ坊斎

好きです。すごく好きです。こういうところが古本のもつ力ですよね。お題の『帯』もとてもスマートに詠みこまれています。上の句がややロマンチックな情景なのに対して、結句「やや小口ヤケ」のリアルさがビシッと効いているところもとても良いです。
七緒

誰かからのプレゼントが古本屋に売られてしまったのでしょう。いわゆる「痕跡本」というやつですね。どんな思いで本を贈ったのかと想像が膨らみます。
桔梗


捨てられたゴミの影でも花は咲く中央分離帯にも来る春

むうこ 家

5 4+1 星

きい静ジャックおたまじゃくし先生

少々「も」が多い気がするが、短歌としてはそんなに悪い出来ではないと思う。どうして中央分離帯へゴミが次々捨てられる(事実として)かも謎だが、分離帯の植え込みで花を咲かせる植物があるという事実にも驚かされる。花の植え替えは行なわれているのだろうか。定期的に植え替えをしているのなら、花が咲いても驚きはしないが、ずっと放っておかれたのなら、素直に驚きたい。
雨宮 司

歌意はよくわかりますが、「捨てられたゴミ」「でも~にも」の辺りはもう少し整理できそう。
泳二

ゴミの陰ではないのかなあ。目の付け所がとても好きです。お題の使い方も面白かったです。
静ジャック

雨宮さん、泳二さん、静ジャックさん、評をありがとうございました。
雨宮さんへ。うちのあたりは運転マナーが悪い地域なのか、一番右の車線を走るトラックドライバーが幅が広い花壇型の分離帯にゴミを捨てることが多いのです。放っておいても花が咲くタイプの低木が植えられているケースが多いですが、その根元の方で種が根付いて花が咲いているのも見ます。
泳二さんへ。おっしゃるように、もう少し工夫できますよね。精進します。
静ジャックさんへ。「影」ではなくてこの場合「陰」とするべきでした。ご指摘ありがとうございます。

むうこ


おつかれのかわりに寡黙なあのひとの安全帯が「かちゃり」と言った

東風めかり

4 3+1 星

ふたり寿々多実果むうこ

これは萌えポイントかも。帰り仕度の前に歩いているときの安全帯や安全靴が鳴る音、私は好きです。
寿々多実果

この情景を見守る主体が「あのひと」に寄せる優しい気持ちを感じました。
むうこ


ひわ色という色を知る在りし日の母のよそゆきの帯の色なり

天使きらり

3 2+1

花代泳二

お母様のよそゆきの帯、素敵なのでしょうね。私もこのお歌で初めて知った色です。
ミオナマジコ

主体がどうしてその色を知ったのか、また知ってから母の帯を思いだす、その過程がいろいろと思い巡らされるいい歌だと思います。「ひわ色」というのも絶妙でした。
泳二


水槽には海を知らない熱帯魚私はパスポートを持たない

寿々多実果

3 2+1 星


ひるひなか君望むまま帯解けば 溢れ出すのはやはらかき毒

みちか

3 2+1

須磨蛍梶原一人

初句「ひるひなか」三句「帯解けば」結句「やはらかき毒」と昭和初期のようなレトロなエロスの世界観を構築されている、とても素敵なお歌だと思います。
須磨蛍


春風がほどいてしまう包帯のひらりひらりと不安な心

きつね

3 2+1 星


目も鼻も赤みを帯びずに鼻うがいしている広告まじまじと見る

きい

3 2+1

楢原もか荻森美帆

ほんとに。鼻うがいあんなに楽々できませんよ。水か鼻水かだらだら垂れて。まじまじと見るが面白い。
泳二


母船から宇宙遊泳するように臍帯だけで繋がっていた

須磨蛍

2 1+1 星

薄荷。

胎内が宇宙というトポロジカルな真理。繋がっていた、という主体の独白のようなところが気になると言えば気になる。面白いといえば面白い。
泳二


帯にさえ鳥肌が立つこの本をおすすめしたい内緒にしたい

2 1+1

小李広花栄

おすすめしたいけど内緒にしたいという気持ち、わかります!
ミオナマジコ


たぶん今寒いであろう帯広の君を思って見上げる夜空

可奈美

2 1+1


あの人の乗る飛行機が切り裂いた空に包帯巻いてあげたい

七緒

2 1+1 星

きつね

飛行機雲が切り裂いた空に自分の心を投影しているようです。
きつね

空に包帯を巻きたいというのは面白いですが、「あの人」とは好きな人ではないようですね。そうするとあの人がどんな人か気になります。
泳二


帯広にあなたがいるというだけで豚丼はこんなにもしょっぱい


悲しみを帯びてるんだろう暗やみで必死にまたたく六等星は

もたろー

2 1+1 星


携帯であなたの声がいつだって聞けてしまうね さびしいですね

UrbanBlues

2 1+1


一面をブルーで塗られた画用紙の空でも泳ぐエンゼルフィッシュ

薄荷。

2 1+1


紅を淡く散らした帯揚げをみずからといてまっすぐにいく

ふたり

2 1+1


イラストで説明されて好きになるその久保帯人みたいなタッチも

楢原もか

2 1+1


包帯が足りなくなるほど血を流しそれでも聖地と呼ぶかシリアを

梶原一人

1 0+1 おとの日


原因は温帯低気圧だろうパスタがうまく作れないのも

冬桜

1 0+1

私も気圧の変化で体調が悪くなる体質なので、気持ちはわかる気がします。不調な時は料理するのも辛いですよね。
ミオナマジコ

つまりこれは温帯低気圧が原因ではないとわかっているということですね。「パスタ」はもう一押し具体的に迫っても良かったように思います。
泳二


平積みの本をのんきに見渡すとわたしを呼ぶのだ文庫の帯が

荻森美帆

1 0+1


祭囃子赤き帯せし青年のくちづけそつと温度から消ゆ

1 0+1


たてがみのような白波ねじ伏せて帯電してゆく真夏のボード

深影コトハ

1 0+1

見事な描写。白波ねじ伏せて帯電していく。かっこいい。
泳二


腹帯をしながら吾子に呼びかける弱気な母の力になって

花代

1 0+1

弱気といいながら、強くなろうという決意も持っておられるのではないでしょうか。強くなります。お腹にいるときも生まれてからも、子は母に力をくれますから。
寿々多実果


夜寝ると勝手に点いて押入れにピントの当たる携帯カメラ

面白いホラー短歌。ただ誰の視点なのかがわからないのがもったいないかも。
泳二


日本酒に負けたあなたは帯屋町商店街に眠ろうとする

大橋春人 家

1 1

東風めかり

ほんなとこで寝よったら風邪ひきゆうよ(似非)
泳二

帯屋町は高知でしょうか…?
高知には訪れたことがないのですが
このお歌でいってみたいなと改めて思いました。
日本酒に負けたの表現と、帯屋町
いまにも眠りそうな あなた。
歌のゆったりした印象とは異なり当然そのとき介抱する わたし は大変な筈ですが、流れていってしまう時間の一点を捕らえた素敵なお歌です。

東風めかり


右ひざの靱帯断裂 窓からの街は昨日と変わらずに在る

静ジャック

1 0+1 星

病室の窓からの景色でしょうか。「右ひざ靭帯断裂」に妙なリアリティがありますね。
泳二


わたくしを本にしたなら帯につく宣伝文になるような人

篠宮

1 0+1


如月はコートを羽織り密命を帯びた兵士のように笑った

森下裕隆

1 0+1 星

かっこいい。かっこいいけど意味はよくわからない。
泳二


悪代官おなごの帯をくるくると ほどくシーン実は都市伝説だ

しちみとう

1 0+1


日本は亜熱帯ではないはずだ どうして夏はあんなに暑い

調べたら西日本は亜熱帯でした(Wikipedia)。「あんなに」では実感が損なわれてもったいないのでは。季節外れでも「こんなに」の方がいいと思いました。
泳二


他人様に賜る枠が煩くて温帯地域を否む一歩目

坊斎

1 0+1


携帯をパタリと閉じて続かなくなってしまったRe:の字を想う

野守風聴

0 0


本の帯語る壮絶怖いと友云ひて手にせず鳥居の歌集

SAKURAKO 家

0 0

『キリンの子』、もっと多くのひとに読まれると良いですね。
森下裕隆


帯といてのんべんだらり横になる一人の時はこれでいいだろ

心伝

0 0

「のんべんだらり」がすごくぴったり。「これでいいだろ」も、もう喋る気もなさそう。
泳二


烈風の熱帯低気圧を駆り君が開けと窓を叩く

どんまい!

昨日 2017年02月28日(火) 明日

出詠した人選歌した人

かんぬきたくみ 大橋春人家 冬桜 おたまじゃくし先生 荻森美帆 静ジャック 花代 寿々多実果 もたろー パコ・ベルデ むうこ家 楢原もか ふたり 天使きらり カオリナマンダイ 薄荷。 泳二 篠宮 野守風聴 可奈美 須磨蛍 心伝 桔梗 しちみとう 森下裕隆 梶原一人 みちか きい きつね 深影コトハ SAKURAKO家 UrbanBlues 東風めかり 七緒 坊斎

ぽつり ふたり 花代 だゆう 衣未(みみ) ミオナマジコ 寿々多実果 いばひでき 楢原もか 可奈美 夏凪 七緒 荻森美帆 みちか 龍也 しちみとう 天使きらり 須磨蛍 梶原一人 薄荷。 むうこ家 冬桜 深影コトハ 森下裕隆 桔梗 きい 泳二 もたろー きつね かんぬきたくみ 坊斎 篠宮 東風めかり 静ジャック おたまじゃくし先生 小李広花栄 UrbanBlues

37 人

39 人



 2017 02 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28