うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1054日 】 2017年02月17日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1054 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

うっかりと漏れた本音を希釈するために顔文字飾る今夜も

仙冬可

5 4+1

須磨蛍珠子久保 直輝永昌

ネットでのコミュニケーションで良く起こる情景ですよね。テキストだけではとても冷たく感じるものが顔文字で飾ることで気持ちを少し伝えられます。
とても共感性のある良いお歌だと思います。「希釈」「今夜も」が効果的に使われていて上手いと思いました。

須磨蛍

わかります。顔文字がないときつい印象を与えてしまう言葉ってありますからね。
ミオナマジコ

「希釈」の使い方にしびれる憧れる。
久保 直輝

顔文字の本質はそこにあったのか。
村田馨


今日もまた君が良い夢見れるように大きな月を夜空に飾る

薄荷。

4 3+1

小泉夜雨宮本背水静ジャック

「見れる」の抜き言葉が気になる。
村田馨

君のためにできることなら何でもしてあげようという思いが伝わってくるようでした。「大きな月を夜空に飾る」って素敵ですね。僕にはできないのでうらやましい。
静ジャック

「ら抜き」です。失礼しました。
村田馨


三つ編みは昼間の飾りとばかりに改札前でほどかれる髪

といじま

4 3+1 星

久哲高槻杏衣未(みみ)

JKあたりの実景かな?女はいくつも顔を持つ♡
久哲

カッコいいしセクシー。
久保 直輝


九年前君が選んだひな飾り 娘と飾るよ君の写真も

小李広花栄

4 3+1


電飾の巻かれる街の木を指してあなたが不意に「ぬくそう」と言う

牛隆佑 家

3 3

小李広花栄はだし大橋春人

街の木に飾られるので冬、イルミネーションがきらきらしてる中でしょうか。「ぬくそう」がやばいっすね。いい雰囲気をちょっと現実へ引き戻す感じがあって。でもたぶんそれは一瞬で、また”いい雰囲気”に戻った時に、なんか効いてくる気がします、「ぬくそう」は。イルミネーションの良さに、さらなる価値が追加されてくような。で、この場でたぶん、ふたりだけがそれを共有してる感じ、に思えて、なんか、よかったです。
はだし

「ぬくそう」がいいですね。あったかそう、ではなく「ぬくそう」だから良いです。
大橋春人


魂の装飾品が多すぎて輪廻のゲートで呼び止められる

深影コトハ

3 2+1

なぎさらさいずみ 美帆

シンプルに生きて死ぬ。難しいのかもな。ゲート、想像して笑っちゃいました。
外川菊絵

現代人だけでながい列作ってそうです
はだし


「タコさんがいつもいるよね」不器用な母が覚えた飾り包丁

須磨蛍

3 2+1 星


飾らずに僕のとなりで泣くきみの姿に嬉しくなってごめんね

宮本背水

3 2+1

信りさこミオナマジコ

いいですね。好きな人の前だと強がらずに泣けることも、それを温かく見守ってくれることも、幸せな関係だなと思います。
ミオナマジコ


飾らない君が好きだと飾られた私に語るキミが愛しい

瀬和璃羽

3 3

鳥尾鮭介加治小雨小池佑

飾ってることに気づかない彼を愛しく思えることが素敵です。これが、仲が悪いとそこが不満になりますからね。
ミオナマジコ

こういうことをこういう風に詠みたかったです。最後に毒っぽい言葉があってもハートにしていたと思います。
加治小雨


玄関に飾った花が造花だと気付いてしまう冬の紫陽花

加治小雨

3 2+1 星


悲しみの回想なのにまちがえて飾ってしまう花のエフェクト

久哲

3 2+1 星


スーパーの雛飾りは二ヶ月前のクリスマスなんて知らない顔で

なぎさらさ

3 2+1


飾らないひとなんだろう黒縁の眼鏡を三度買い替えている

永昌

2 1+1

倉橋千帆

細かいところをよく見てますね。同じ色で似たフレームだと眼鏡が違うことになかなか気づかないものですが。
大橋春人

トレードマークになってるかもしれませんね。黒縁眼鏡のひと。
倉橋千帆


サバンナをはだかで駆けるライオンの飾らぬままに生きる凛々しさ

静ジャック

2 1+1 星


ピアスはもうどこにもなくて耳たぶの小さな穴が飾りのすべて

荻森美帆

2 1+1

といじま

ちいさな穴が今までのすべてを語っている。かつてそこにあったピアスのすべて。
久保 直輝

なくなってしまったのかな。忙しくてお洒落ができなくなってきているのかも。でもいつかまたここに飾ろうと、主張しているみたい。切なくて共感しました。
外川菊絵

単にピアスをする習慣がなくなったと読むべきなのかもしれませんが。
頭から爪先まで身体についてる物は外して飾りは小さなこの穴だけ(ばばーん)という意味で読みました。

といじま


飾らない人柄でした 風花を空が手向けてきみの出棺たびだち

のぅてんき

2 2

むーん桜望子

かなしい。ひたすらかなしい。
久保 直輝

「飾らない人柄」とい語句は定番。「 風花を空が手向けて」に惹かれた。出棺に「たびだち」とルビを振るのはあざとさを感じなくもない。
村田馨


バレンタイン渡しそびれたあなたへのチョコも想いも飾られたまま

珠子

2 1+1


灰色の街に魔法をかけたようショーウィンドウに飾られた春 

きい

2 1+1


靴下の飾りひとつが注意され学生たちは川底の石

外川菊絵

2 1+1 星

ふるたつむぎ

川底の石という比喩の重さ。無個性という美徳よ。
久保 直輝


葛飾区亀有公園前交番。派出所という昭和のことば

大橋春人 家

2 1+1 星

村田馨

派出所はもう存在しない言葉なのでしょうかね?
久保 直輝

こち亀が終わって半年。これからはこち亀をジャンプで読んだことのない世代が増えるのでしょう。派出所ってなに?という世代も増えるのでしょう。
村田馨


君のこと隠してしまったその飾り剥がしてほんとのきみを知りたい

霜月実結

2 1+1

たかたか

わかります。本当のが知りたいですよね。でも相手が自分の前で飾っていることを考えると・・・ なんだか切なくなってきます
たかたか


そうですね、飾りのようなものです とわたしの横へ座ってしまう

はだし

2 1+1 星


美味しいのたった一言が嬉しくて食器を洗う手が軽くなる

龍也

2 1+1

外川菊絵

言われたい。手が軽くなるってあまり使わないけどウキウキする感じでうらやましい。
外川菊絵

めっちゃシンプルですが、気持ちがちゃんと伝わってきてなんかこちらまで軽くなります。いいでっす
はだし


「さようなら、髪飾り(これ)は私のかわりです」第二ボタンの気持ちがわかる

信りさこ

2 1+1


古民家の格子戸ごしに飾り雛みんなならんで流刑地のごと

松岡拓司

1 1

仙冬可

風情のあるお歌だなと思いました。「格子戸」の無色の向こうに華やかな「飾り雛」の鮮やかな色がちらちらしている情景が浮かびました。下の句は表現的にはとても好きなのですが、上の句とのつながりから「流刑地」がちょっと強いかもと思いました。
須磨蛍


下り坂耳に眠るは悔いる夜行く春胸に耳飾り抱く くだりざかみみにねむるはくいるよるいくはるむねにみみかざりだく

久保 直輝 家

1 0+1 星

回文短歌ですね。ちょっと動詞が多いのですが、こればかりは仕方がない。遊びが前提になっているから、意味の取りにくい部分もあります。上句はどういう意味だろう? 電車か何かに乗っていて、下り坂の音を耳にしながら眠っているのでしょうか。夜を悔いているのか、眠りを悔いているのかが、どうもよく分かりません。下句は清新なイメージで統一されています。
雨宮 司


空蝉のいつとなく消ゆ我もまたいずれ夜空を飾る星なり

鳥尾鮭介

1 0+1


磨かれた飾り窓から陽はさしてふたたび息を吹き返すポトス

小泉夜雨

1 0+1


目を背けたくって借りたトイレにも子どもの写真が飾られていて

小池佑

1 0+1


着飾らない方が好きとか言わないであなたのために着飾ったのに

桜望子

1 0+1


泣くときはさくらさくらと唱えなさい髪の飾りとおんなじさくら

1 0+1


両雄はならび立ちおり寅さんと両さんの像葛飾にあり

村田馨

1 0+1 星

上の句がとてもいいなと思います。確かに、寅さんと両さんは両雄ですね。4句目は字あまりでも助詞を付けるか、結句前に読点を付けたほうが読みやすいかもと思いました。
須磨蛍

葛飾すごい。♪。
久保 直輝


公園の木々が桜を着飾って薄紅色の風薫る春

いずみ 美帆 家

1 0+1


デパートの飾りは一夜で変容し誰かのためのリボンを結ぶ

倉橋千帆

1 0+1 星

ショーウインドウの飾りつけのことでしょうか?確かに前日までハロウィンだったものがクリスマスに、クリスマスだったものがお正月にと一瞬で変容しますよね。動きのある情景の浮かぶ、好きなお歌です。
須磨蛍


髪飾り5つも6つもつけた子がアイドルになると踊るリビング

ふるたつむぎ

1 0+1


言葉ではきれいに飾れば飾るほど汚れていくものこそが真実

1 0+1

「巧言令色鮮し仁」ですか。言葉を飾る必要は全くないのですが、時と場合によってはたわいもない話題に華を咲かせることも必要です。私は旅の最中に、地元の方とはできるだけ雑談を交わす機会を捻出します。普段話しかしませんが、それでも時に、自分自身では気付かなかった物事を相手が口にする瞬間があります。宝です。飾らない話だから、相手も出して下さるのですがね。言葉を飾ったら出ない。
雨宮 司

そうは言い切れないのではと思うけど、こう堂々とはっきり言われると変に納得してしまいそう。
久保 直輝


無理矢理は 中身はなにも 変わらない 身体も心も飾り付けても

シキ

1 0+1


衣更え春の雪解に山笑ふ雨飾山景君笑ふ

流歩詩

1 0+1

俳句だったら季重なりの上に季違いとこっぴどくダメだしを喰らいそう。短歌だからいいんです。雨飾山は実在するようだが,景君笑ふがわからない。雨飾山景/君笑ふ,と切って読むのだろうか。
村田馨


飾りじゃない涙の意味はなんでしょう教えないと私が泣くわ

たかたか 家

1 0+1 星


飾らない笑顔でキライだなんてね女子ってそういう生き物だから

@aokikenichi 家

1 0+1


「飾らない人柄」なんて要するに地味なやつって言いたいだけでしょ


雛飾り出してくる日の両親が広げる写真に写った少女

あい

0 0

これは自身のことでしょうか。なんとなく期待にそえなくて申し訳なく思ってるみたいに感じました。存在そのままがありがたいのです。大丈夫。
外川菊絵


飾られて華やかにして晴れやかな はずの今日の日娘の門出

もたろー

0 0


黒髪にそっとかんざし飾り付け少女から今女に変わる

心伝

0 0


昨日 2017年02月17日(金) 明日

出詠した人選歌した人

セトリョーシカ のぅてんき 宮本背水 牛隆佑家 @aokikenichi家 もたろー 村田馨 大橋春人家 たかたか家 松岡拓司 なぎさらさ 信りさこ 龍也 鳥尾鮭介 小李広花栄 薄荷。 仙冬可 珠子 ふるたつむぎ 桜望子 瀬和璃羽 久保 直輝家 久哲 荻森美帆 霜月実結 静ジャック といじま 小泉夜雨 倉橋千帆 加治小雨 心伝 深影コトハ 外川菊絵 シキ 流歩詩 小池佑 あい 永昌 須磨蛍 きい はだし いずみ 美帆家

セトリョーシカ 久哲 信りさこ 須磨蛍 高槻杏 珠子 夏凪 といじま 荻森美帆 ふるたつむぎ 外川菊絵 なぎさらさ 久保 直輝家 小泉夜雨 霜月実結 ミオナマジコ 羊我堂 永昌 鳥尾鮭介 加治小雨 むーん 桜望子 いずみ 美帆家 村田馨 龍也 小李広花栄 宮本背水 はだし 大橋春人家 深影コトハ 倉橋千帆 小池佑 きい 薄荷。 たかたか 衣未(みみ) 流歩詩 静ジャック 仙冬可 シキ @aokikenichi家 だゆう

44 人

45 人



 2017 02 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28