うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1045日 】 2017年02月08日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1045 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 カオリナマンダイ うまこ 谷口泰星

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

お汁粉に少しの塩が要るように嘘にも少し真実が要る

いっくんママ

5 4+1 星

篠宮ミオナマジコ

嘘をつくのに慣れた作中主体の独白だ。この考えは作中主体の創出ではない。あの『徒然草』にも同様のことが記されている。「少しの塩」が、大阪では少しの塩昆布となるが、ここでは本題にならないので置く。真実はよく知られているものがよく、それに矛盾しなければ嘘は少々突飛でも信用されやすい。嘘に関する普遍の真実の話だ。
雨宮 司

深いなあと思いました。確かにそうなんですよね。いかにも作り話だとわかってしまいますものね。
ミオナマジコ

比喩の対応が絶妙でした。音符!
久保 直輝

美味しく甘いお汁粉には、しょっぱい塩が。上手い嘘には、真実が。正反対なものが必要なんて、面白い一致の歌だと思います。
篠宮

雨宮さん、ミオナさん、久保さん、篠宮さん、評をありがとうございます!塩が塩昆布か…少し迷いましたが味が分かりやすい塩にしました。個人的には塩昆布♡です。
いっくんママ


裏庭で軍手を干している家を少し過ぎたらもう春でした

しま・しましま

5 4+1 星

小澤ほのか萩野聡UrbanBlues西村湯呑

「裏庭で軍手を干している」が実景ならばとても好きです。
久保 直輝

軍手は春の農作業の準備のために使ったのかなぁ。あるいはその家の人は街を春にしていく人で、それのために軍手を使ったのか。
きつね


少しだけ遠くへ行こう今日中にバスで戻ってこられるくらい

椋鳥

4 4

加治小雨寿々多実果七緒StarLighter

ひらがなの「こられる」が目にも耳にも美しく優しく響きます。日常にちょっぴり疲れた人への応援歌として共感しました。
StarLighter


すこしだけ雪がやむのを待ちましょう今日は指輪を置いてきたので

4 3+1

翠歌久保 直輝ハナゾウ

ドラマチックなお歌だなあと思いました。いつもは指輪をしているけど、雪の日に指輪を置いてくるなんて、確信犯だなあと。
ミオナマジコ

これから起こる出来事の官能性が予感されます。
久保 直輝

「雪」とは対照的に、何かが燃え上がるのであろうか。すこしだけでは済まない何か。
のぅてんき


少女ではなくなった日の暁を真冬の聖画のように覚えた

4 3+1

大橋春人砂の三郎社会適合者

「聖画」はルオーの作品を想定しているのだろうか。それともラファエロ? エル・グレコ? まあ、今の表現みたいに幅を広げる余地があってもいいのだが。「少女ではなくなった日」は、端的に言えば処女喪失の日だろう。罪悪感があったのだろうか。暁の光景を、「真冬の聖画のように覚えた」という。悲しみの表現であると同時に、浄福の表現でもあるのだろう。少女に幸あれ。
雨宮 司


ほんたうに嬉しいけれどわたくしの欲しいことばにわづかにとほい

桔梗

4 3+1

守宮やもりきつね

どんな言葉が欲しかったんでしょう?想像するのも楽しいですね
葉月


納得のいかないことのあれこれを少し甘めのコーヒーで呑む

永昌

3 3

一佇夏凪静ジャック

苦い思いを、甘めのコーヒーに溶かして飲んでいるのかなぁ…と思いました。飲み終わった後、少しでも心が軽くなってるといいですね。
夏凪

納得のいかないことが多すぎて、いちいち腹を立ててたら身がもたないです。そういうときは少し自分を甘やかしたくなります。コーヒーを呑む、ではなく「コーヒーで呑む」がいいですね。言葉の流れ、リズムもとても美しいです。
静ジャック

「少し甘め」がいいなって思います。どうせ呑み込むなら、苦みは出来るだけない方がいいですよね。
しま・しましま


名も知らぬ少年からの挨拶に「おかえり」なんて返せてしまう

加治小雨

3 2+1

冬桜しま・しましま

見知らぬ少年が挨拶をしてくれるなんて嬉しいですね。微笑ましい光景だと思います。
ミオナマジコ

詳しい状況がわかりませんが世慣れした感じが余裕を生んでいます。
久保 直輝

結句の「返せてしまう」におどろきがあっていいなって思いました。
ゆっくり、自分でも気がつかない内に、今住む土地の習慣が馴染んできてたんでしょうか。

しま・しましま


菜の花がまっすぐ伸びる 僕たちはちょっぴり嘘をついて生きよう

七緒

3 2+1

笠和ささね真坂きみか

菜の花は空に向かって真直ぐ。人間はそうじゃなくてもいいんだっていうのはいいなって思います。
しま・しましま


満月は走りませんね少しだけ遠回りして野良猫になる

ハナゾウ

3 2+1


もう少しもう少しだとネコヤナギ銀のしっぽがふくふく太る

薄荷。

3 2+1


「好き、きらい、好き!」と花びらちぎり終え 少女は首を傾げた「だれを?」

翠歌

3 2+1

遠木音葵の助

ツッコミを入れましょう。「いないんかい!」
久保 直輝

花びらをちぎり終えふと我に返った少女。「だれを?」がいいなと思いました。
首を傾げるという仕草もかわいらしく、少女が我に返っても、まだこの場面は甘い夢の中という感じがします。

葵の助


少な目の油で作るチャーハンがパラパラになるくらいのしあわせ

UrbanBlues

3 2+1

ただよう橙田千尋

幸せの表現が、個人的なものに過ぎないところがかえって共感を覚えます。
久保 直輝


二月って少し寂しい 「春よ来い」「早く来い」って言われつづけて

静ジャック

2 1+1 星


「少々」と「適量」がよくわからずにうまくいかない恋も料理も

寿々多実果

2 1+1 星

流歩詩

料理にしても恋にしても、不得手にはかなり高いハードル。
久保 直輝

化粧水とか日焼け止めもそう!
きつね


コーヒーに砂糖は少し 運命に負けないコツを教えて欲しい

大橋春人 家

2 1+1


年を経るごとに少数派にならん同窓会に未婚のわれは

梶原一人

2 1+1


初恋の人でも見送るかのような新幹線のホームの少年

遠木音

2 1+1


嫌いではないよいつでも少数派だったあなたの歪む口元

葵の助

2 1+1 星

きい

「ではない」と否定形でいうことにより、
「あなた」の複雑な心理が想像されて好きです。、

久保 直輝

多数派を冷ややかな目で見ているような「あなたの歪む口元」。それをまた「嫌いではないよ」となんだか遠回しな好意を示しているのが似た者同士な感じで、ふふふと思いました。「少数派だった」とあるので写真でも見ながら、あ、こんな風に笑ったりしたよね…なんて昔を思い出しているのかもしれないし、再会して、ああこんなだった…なのかもしれないなあと思ったりしました。
きい


少しだけ あと少しだけ 日々思い また明日ねというさよならを言う

シキ

2 2


少量のグラニュー糖でいいからさ、君に無理してほしくないんだ

野守風聴

2 1+1


短針が傾くにつれ言葉数少なくなって月はおぼろげ

一〇〇八

2 1+1


少しだけ死にたいときのハーモニカ君が好きなら正解だろう

橙田千尋

2 1+1

西村曜

ハーモニカの音の切なさと、ふたりの幸せ同時に伝わってきます。、
久保 直輝


色彩の足りぬまま絵に残されて風景として少女は笑ふ

小中織絵

2 1+1


大声で泣けないことを寂しさのせいにはしない少女が好きだ

冬桜

2 1+1

小中織絵

少女が登場するお歌は他にもありましたが、私もこの少女が好きです。頭に浮かんだのは小公女セーラです。主題歌の歌詞にもある「わたしだって泣こうと思ったら声をあげていつでも泣けるけど 胸の奥にこの花あるかぎり強く生きてみようと思う」という部分と重なりました。
ミオナマジコ


少しでも君と一緒にいたいから切った髪の毛貰うね少し

社会適合者

2 1+1


夢を見た少年時代あの山へ息子とパパは冒険へ行く

流歩詩

2 1+1


少なめのおかゆ、ブドウ味のゼリー、胃ガンの父の最後の食事

砂の三郎

1 0+1 星 おとの日

私の父も胃癌で胃を全摘出したので、しばらく消化の良いものしか食べられずすっかり痩せてしまいました。最後の食事をゼリーの味まで記憶しているのがせつないです。お父様への愛情を感じます。
ミオナマジコ

ただただ切ない。幸せに旅立たれたならせめてもの供養。
久保 直輝

実はブドウ味かどうかまでは、よく覚えてないんです。ただ、そこは短歌ですから多少は創作が入ってもいいんじゃないかと思ってます。
砂の三郎


愛情がだんだん少なくなってゆき君と傾いだシーソーゆらす

もたろー

1 1


少女らは化粧せずとも美しく休み時間にリップをつける

可奈美

1 0+1

少女の巧まざる美しさと、でも美しく見せたいという自我を同時に表していてうつくしい。
久保 直輝


テトラポットにほんのすこしの絶望を纏いつつ打つ粉雪が見ゆ

萩野聡

1 0+1


人影が少なくなった思い出の商店街でポケモン探す

ツナマヨ

1 1


手をとりて偽名呼び合う少女たちリンデンバウム立つ丘の上

松岡拓司

1 1


春来れば 巣立ち羽ばたく愛し子ら 僅かな日なたで 影踏みしてる

夏凪

1 0+1 星


眠れない夜が長くて少しだけ愛する人のために祈ろう

守宮やもり

1 0+1

よく眠れるようになりますように。愛する人もあなたも幸せでありますように。
ミオナマジコ


10g余分なご飯を取り除くしゃもじが惑うその少なさよ

笠和ささね

1 0+1


少しだけ大人になった夜だった迷わず選ぶほろよい二缶

カオリナマンダイ

1 1  Birthday


少しだけ君が笑ってくれたから明日も生きていけると思う

StarLighter

1 0+1 星

大切な人の笑顔を見ると、それだけで元気になれますよね。
ミオナマジコ

ミオナマジコさん、コメントありがとうございます。大切な人には、いつも笑顔でいて欲しいものですよね。
StarLighter


オムライス独りで作れどお前より ケチャップ、卵、胡椒、なにかが、

篠宮

1 0+1 星

「もう恋なんてしない」の歌を思い浮かべました。少しだけ、なにかが足りないのですね。足りないのは卵や調味料じゃなくて、彼女の存在かもしれない。
寿々多実果


道をゆく小学生の少女らのスカートに棲むかわいい小鳥

一佇

1 0+1


ふぞろいな日本語並べ会話する青き瞳の少女愛らし

ささゆり

1 0+1


塾帰りらしき少年遠き目でちゃいなマーブルレジに投げ置く

西村曜

1 0+1 星


大人にとなりたくなくて真夜中に海へと走る少女だった日

キナコモチコ

1 0+1


少年の飛ばす折り紙 飛行機の行き先みている少女も犬も

1 0+1

夢がある。その夢を見届けている視線が夢を後押ししている。
久保 直輝


電車から見下ろす街並みハットリくん跳びする少年が胸にいる

西村湯呑

1 0+1

屋根の上に飛んでは走る忍者を想定するの、というのはどれだけの人が経験するのでしょうか。
久保 直輝

「ハットリくん跳び」!
自分が見ている街並みでぴょんぴょんしてるに、「いる」のは自分の胸のなかっていう外側と内側がまじりあってるところがいいなって思いました。

しま・しましま


少しずつ応募はがきに増えてゆくシールの数は缶ビールの数

きい

1 0+1 星

缶ビールに付いている応募シールを応募はがきに貼ってゆく、とうぜん「シールの数は缶ビールの数」となるわけですが、なにかこう、後ろめたいというか、知りたくなかったことを知らされてしまったかんじです。なにかのキャンペーンにつられて、ほいほい飲酒してしまって、開けた缶ビールの本数がしっかり目に見えるとは……。わたしはこのお歌から後ろめたさを感じましたが、シールの数が増えてゆく、缶ビールの数が増えてゆくことに、幸福感を感じる方もいらっしゃるのでしょうね。他の方の評も拝見したいです。おもしろいお歌です。
西村曜

シールの数は買ったり飲んだり貼ったりした数。
ふと気づくと摂取カロリーとか使ったお金とか気にしたりして。

久保 直輝

僕の場合はローソンのパンですね。今二枚目(僕と同じ)です。
きつね


少しずつ春の訪れ見えてきて 窓の外には梅の花咲く

小澤ほのか

1 0+1

人間は寒い寒いと言っているのに植物はいつの間にか春の準備をしているのすごいですよね。
「窓の外に」から人間は寒がって部屋の中にいるんだろうなぁと想像しました。

きつね


「こんなもの」「こんなんだよ」とみずからを過小評価しいまをいきてる

いばひでき

1 0+1

「過小評価」を目立たせるために、自ら、今、生きてるをひらがなにひらいたのかなー?ちょっとひらいた目的がわからなかったです。それから題は「小」ではなくて「少」ですね。
きつね


少女の死でアクセス数を競い合い5765のいいね

きつね

1 0+1 星


おたがいに戦化粧を施して少女らは咲(え)む叛乱前夜

森下裕隆

1 0+1


最初から多い訳では無かったがだいぶ淋しくなって過疎村

たんたん狸

1 0+1 葉 はじめて


犯罪だ そう思っても迷ってる あの少女から好きと言われて

1 0+1

いけません どうしてもなら 待ちましょう
そのうち少女は 忘れるでしょう

寿々多実果

付き合うこと自体は犯罪ではないので、迷う理由がそこだけならばぜひ付き合ってください。
きつね


少女らを連れて初沢訪れば梅のつぼみにやはらかな雨

真坂きみか 家

1 0+1


また下を向いて歩いた少しだけ信じる勇気があったらいいな

天野うずめ 家

0 0


少しなら遊びで済むよ囁いた貴方の影で尻尾が揺れる

瀬和璃羽

0 0

きつねの尻尾ですかね!?きつねの尻尾ですかね!?
きつね

尻尾、見えてるんですね。少しでも遊びじゃ済まないかも知れないことが分かってて、それでもいいかもしれないっていう危うい魅力があるんでしょうね。妖しい雰囲気と漢字表記が多めのところも似合ってていいなって思いました。
しま・しましま


少年の心は今も忘れない空の向こうに探し旅立つ

心伝

0 0


少しだけでいいから欲しい一人時間わたしがわたしに帰れる時間

淡海わこ

0 0


「少時様」不気味な文字の脅迫状狭山事件か夕餉のグラタン

だゆう

0 0


昨日 2017年02月08日(水) 明日

出詠した人選歌した人

いばひでき 冬桜 シキ キナコモチコ もたろー 一佇 小澤ほのか UrbanBlues 笠和ささね 守宮やもり 小中織絵 静ジャック 西村曜 天野うずめ家 砂の三郎 椋鳥 ささゆり たんたん狸 社会適合者 薄荷。 可奈美 寿々多実果 加治小雨 夏凪 野守風聴 松岡拓司 ハナゾウ カオリナマンダイ 一〇〇八 桔梗 萩野聡 森下裕隆 流歩詩 遠木音 篠宮 永昌 梶原一人 心伝 大橋春人家 しま・しましま 葵の助 西村湯呑 いっくんママ きつね 淡海わこ 翠歌 ツナマヨ きい 瀬和璃羽 だゆう 橙田千尋 真坂きみか家 七緒 StarLighter

流歩詩 小澤ほのか 西村曜 翠歌 遠木音 ささゆり 一佇 ぽつり 一〇〇八 守宮やもり 冬桜 小中織絵 久保 直輝家 夏凪 加治小雨 ハナゾウ たんたん狸 寿々多実果 いばひでき 笠和ささね ただよう 篠宮 ミオナマジコ 梶原一人家 いずみ 美帆家 橙田千尋 衣未(みみ) のび 葉月 薄荷。 萩野聡 いっくんママ きい 可奈美 七緒 UrbanBlues StarLighter 大橋春人家 真坂きみか家 砂の三郎 森下裕隆 きつね 西村湯呑 野守風聴 桔梗 静ジャック 社会適合者 しま・しましま キナコモチコ 葵の助

58 人

55 人



 2017 02 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28