うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1043日 】 2017年02月06日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1043 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

どうしてもどこに行つたか言はないが木彫りの熊がまた増えてゐる

桔梗

6 5+1

工藤吉生ミオナマジコ根本博基瀬戸さやか

面白すぎてしばらく笑いが止まりませんでした。秘密を抱えている方、木彫りの熊、よほどお好きなんですね。
ミオナマジコ

口は固いのに、どこへ行ってもついつい木彫りの熊を買ってきて玄関とかに飾っちゃうんでしょうね。お茶目でたのしい一首です。
工藤吉生


こんなにもJとRが親密な電車でどこへ連れ去るつもり

西村曜鳥尾鮭介久哲WPP森下裕隆

たしかにロゴがぴったりくっついてる。というか一体になっている。どこかへ向かう二人のイニシャルもJとRだったら…とか想像をふくらませました。
寿々多実果

JRのロゴのことを親密と言ってるんだと読みました。JRのロゴはJとRがくっついています。だとすれば、おもしろい目のつけどころです。
工藤吉生

正直言って、上句で何を示したいのか、全く解からない。難解歌です。それでもこの短歌に音符を入れようという気になったのは、難解な表現の中に、読み手を楽しませようとする心意気が充溢しているから。「JとR」では、JRの車両を連想するのが当然すぎるほど当然です。そうなれば下句の「どこへ連れ去るつもり」という台詞も必然性を持ちます。JRは全国を網羅していますからね。
雨宮 司

なんだろう、とっても好きです。
WPP

評を書く暇がなかったので、後だしですが日本、ロシアと読むと社会時事的な盛もできますね。
久哲


母さんが教えてくれたおにぎりの密度は今も真似ができない

UrbanBlues

5 5


鹿たちが秘密のように舐めている食卓塩の真っ赤なキャップ

ハリエット

4 3+1 星

かつらいす小中織絵一〇〇八

む。先日の「かばん関西」の歌会で類似歌がありました。これは原典を超えてはいないから明らかな盗作です。抗議します。
雨宮 司

思わず二度見してしまいそうな光景だなと思いました。おとぎ話や童話を連想させるような「鹿」と「秘密」というフレーズから始まって、下の句で一転、いかにも人工物!というアイテムが出てくるのがおもしろいです。物言わぬ鹿たちが、真っ赤な塩のキャップを舐めているのは何故なのか、人間にはわからない。
かつらいす

雨宮さん、コメントありがとうございます。少し思うところがあって、初句を変えてみたのですが、良くなってはいないかも、ですね^^;
ハリエット


「秘密だよ」祖母は笑って額縁の裏のへそくり私にくれた

4 3+1 星

のび流歩詩永昌

おばあちゃんっていいものだよなあと、このお歌を読んでしみじみ思いました。
ミオナマジコ

ミナミマジコさん、評と票を有難うございます。
掛け値なしの愛情ですね。
💛と♪を下さった皆さん、ありがとうございました。


秘密にはできないんだと言うように狐の嫁入りにかかる虹

さはらや

4 3+1

小澤ほのか松岡拓司蝶番

意味はよくわからなかったのですが惹かれました。情景がさわやかだし綺麗です。
蝶番


ふぞろいの密閉容器ふぞろいの指ふぞろいの正しい行為

WPP

3 2+1 星

加治小雨風野瑞人

「ふぞろい」のリフレインに引き込まれました。漢字ではなく、平仮名で「ふぞろい」としていることで、いびつな感じが出ていると思います。密閉容器や正しい行為が具体的に何なのか、あえて書いていないところがいいな、と思いました。
かつらいす


膨らんだラップが一気に密着し平たくなったレバニラ炒め

きい

3 2+1

雨宮 司静ジャック

ありますね。「ラップをゆるめにかけてください」という注意書きを忠実に守ったばかりに、加熱後の急激な減圧でメニューがぺちゃんこになってしまうことが。レバニラ炒めはニラの質感が大事なのに、ラップの内部で蒸され、ただでさえべとべとになりかかっているところに痛恨の一撃を受けるわけです。ニラは水気を嫌います。きっと歯ざわりがなくなっていることでしょう。ご愁傷様です。
雨宮 司

よく見ていらっしゃるなあと感嘆しました。こういうなんでもない場面が詩になるのが、短歌のおもしろいところですね。「レバニラ炒め」も、しっくりきます。これはもやし炒めとか、間違っても麻婆豆腐とかではだめな気がします。「平たくなったレバニラ炒め」、目に浮かぶようです。
西村曜


冬空にひそかひそかと吐く息の白くおもいは隠しきれない

西村曜

3 2+1 星

夏凪中牧正太

「ひそかひそか」がとても良いです! ただし下の句が良くないです。「隠しきれない」が「ひそかひそか」を説明してしまっている。冬空に息を吐いたら「白く」なるのは言わなくてもわかります。三句から四句のあたりの接続がぎこちないと感じました。
工藤吉生

おもい「思い」だと思いますが、ひらがなにするとわかりにくい。
詩音


あまりにも密に編まれて短くてマフラーだとは思わなかった

一〇〇八

3 2+1

きいえだまめ

ランチョンマットじゃなかったのですか? これはこれは失礼いたしました。マフラーを密に編んでしまったら毛糸玉が足りなくなったんですか。それは大変ですねぇ。えっ、恋人に「ランチョンマットありがとう」って言ってしまった? それは酷いことを仰られましたね。謝ったらどうですか? お詫びは時が経つほどに言いにくくなりますよ。最後は笑い話にすればいいじゃないですか。
雨宮 司

くすっと笑える温かい感じがしました。編むほうは一生懸命こまかくこまかく編んだのでしょう。もちろん愛情をこめて。でも、貰ったほうは思わずツッコミを入れたくなったんだろうな。
かつらいす


夏祭帰るふりしたその後で二人秘密の花火大会

流歩詩

3 2+1


明日よりあかるい場所で生きたくて十三月に孵化する秘密

小中織絵

2 1+1


探偵を馬鹿にしてるよ密室を作っておいて自首するなんて

根本博基

2 1+1

たかたか

それは33分探偵か何かですか(笑)すぽるとの準備出来てないので鞍馬六郎に持たせてもらいましょう。(というか、もう、すぽると放送していないという・・・)
たかたか


えんそく、とふと呟けば緬羊めんようが春の密度で近付いてくる

森下裕隆

2 1+1


音のない月夜を昇る白湯気の密度の濃さよ缶詰め工場

松岡拓司

2 1+1

常盤このは

いつか夜空を、塗りつぶしたように白い筋がのぼる工場のそばを車で通ったのですが、あれ缶詰工場だったのかな。どこか幻想的な情景が浮かんでくる歌ですね。
WPP


光降るシャインコシャインタンジェント二年五組の秘密の授業

かつらいす

2 1+1 星

民生

「光降る」と「シャイン」が響き合ってるのがすごいと思います。一首全体がひかりに満ちている印象で、とても好きです。シャインコシャインタンジェントが具体的にどういうシチュエーションで出てきたのかはわからないんですけど、好きです。
窓から光が差す教室で「秘密の授業」が行われているイメージが浮かびました。
秘密の授業は、二年五組の教室での、一対一や少人数の集まりを最初は連想したのですが、別の読みでは、二年五組全体でのクラスぐるみの秘密ということもありえるのかな…。
(投票間に合いませんでした)

椋鳥


ふたりして時間の密度を測ってる「恋」の目盛りを越えないように

瀬戸さやか

2 1+1


指先でやさしくなぞる緻密さに「いってもいい?」とゆるし請う君

一佇

2 1+1

ささゆり

釘付けになってしまいました(^_^;)恥ずかしいので♪です。
寿々多実果


密告は「あいつが密告した」という密告を生み際限がない

雨宮 司

2 1+1 星


入れられる隙間求めて探る足 密度の高い我が家の炬燵

可奈美

2 1+1


ずっ、と刃を果肉に(わたしに)うずめゆくメロンは種を密にひそめて

鳥尾鮭介

2 1+1


人はみな秘密持ちつつ生きるもの 寂しくもあり寂しくもなし

小澤ほのか

2 1+1

佐須葉子

言われてみるとそうですよね。秘密があるから相手に興味を持ち、秘密を隠されるとなんで自分に言わないのだろうと思い。そういうのが人とのかかわり合いのおもしろさですよね。
たかたか


生物の教科書を見ても分からない 夜空を見上げるこころの秘密

蝶番

2 1+1 星


咲かぬ間に食べられていく花なのに密度みっしりブロッコリーは

常盤このは

1 0+1


忘れたくないけど思い出したくもないことを密閉して海の底

椋鳥

1 1


湯上がりの鏡にうつる吾の顔に秘密の呪文また囁けり

永昌

1 0+1


ああまただ。すがすがしいほど明白な秘密を抱えて料理するきみ

えだまめ

1 0+1


妹の秘密を姉は知っている引き出しカラなのドラえもん来るから

茉莉

1 1


勝ったのは好奇心だけ秘密とはひとの口から漏れてゆくもの

加治小雨

1 0+1


胸中に干からびきった蟻がいる密封したと思っていたが

荻森美帆

1 0+1


密談の相手もいない 夕を受け塗りつぶせない鉛色の影

風野瑞人 家

1 0+1


隠密は正体明かせぬ者なので狐に変わり祀られている

宮嶋いつく

1 0+1


蜜月は遠くに在りて思い出す 密林に住む虎の王者は

ササキ アンヨ

1 0+1


満員の電車 額に唇が近づいてきて恋がはじまる

詩音

1 0+1 星


信用も預金も友も失いてかたく閉じなん水密扉

砂の三郎

1 0+1

どんまい!

秘密などないようなものだから今よりも密な関係になろうよ

たかたか 家

1 0+1 星

どんまい!

できるなら 誰にも知られたくはない 蜜より甘い 君のぬくもり

シキ

0 0


サボテンに二三日見えたミツバチは和風の蜜に飽きたのでしょう

0 0


燕の自然が醸す情景が数多の視線盗み生ビール

山と渓谷と酒

0 0 葉 はじめて


秘密なの貴女と私の恋心交わすキス蜂蜜の味がした

うた猫

0 0


結婚のあなたと交わした密約は闇に巣食って闇に滅んだ

もたろー

0 0

どんまい!

昨日 2017年02月06日(月) 明日

出詠した人選歌した人

一佇 たかたか家 シキ 風野瑞人家 ササキ アンヨ 椋鳥 かつらいす もたろー 詩音 えだまめ 小中織絵 中牧正太 根本博基 加治小雨 鳥尾鮭介 雨宮 司 うた猫 宮嶋いつく WPP ハリエット きい 可奈美 松岡拓司 蝶番 瀬戸さやか 西村曜 森下裕隆 桔梗 小澤ほのか UrbanBlues 流歩詩 砂の三郎 永昌 さはらや 茉莉 一〇〇八 荻森美帆 常盤このは 山と渓谷と酒

さはらや ササキ アンヨ かつらいす 工藤吉生家 のび 小澤ほのか 小中織絵 ミオナマジコ ささゆり 砂の三郎 詩音 衣未(みみ) 可奈美 寿々多実果 民生 根本博基 きい 流歩詩 たかたか家 荻森美帆 常盤このは 西村曜 一〇〇八 えだまめ 加治小雨 佐須葉子家 瀬戸さやか 雨宮 司 一佇 鳥尾鮭介 ハリエット 夏凪 だゆう 風野瑞人 久哲 静ジャック 松岡拓司 蝶番 中牧正太 WPP 宮嶋いつく 森下裕隆 桔梗 永昌 久保 直輝家

41 人

48 人



 2017 02 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28