うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1040日 】 2017年02月03日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1040 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 豆太 あつのり

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

三滴を零して耳の内側に湖底を作りだす点耳薬

月花

6 5+1 星

水底萩野聡404notF0816ナタカ

点耳薬のしずくを湖底に例えたところがとてもいいなあと思いました。
404notF0816

点耳薬がこんなに詩的になるなんて、と驚いてます。
水底

湖の底、湖底でないと作り出せない世界が一瞬で広がります。川、海、池、沼、水たまり、水がある場所は数々あれど、川や海のような流れのない湖、池や沼のような狭く浅くない湖、水たまりのような身近でない湖、時間が止まったような広く人間が気軽に乗り込めない湖。そんな湖の底は人を無口にさせる茫漠とした空間だと思います。たった三滴でで今いる現実のもしかしたら賑々しい世界から一瞬で湖底の冷たい静けさに沈み込む世界の裏表感の広がりが素敵だと思います。
秋中弥典


傘と傘、ガードレールの内側をためらいながらすれ違いたり

きい

5 4+1 星

みち小澤ほのか文佳月花

狭いところをすれちがう。一瞬のためらいは日常の風景。目くばせとかいったん止まるとか、動作に注目して詠むのもひとつの方法
村田馨


そういうのわかる気がすると言われおり内田眼科の看板の下

萩野聡

5 4+1

茜ナツキ西村曜森下裕隆西村湯呑

ただごと歌の亜種だと思う。「そういうの」が「どういうの」かわかればもっとしっくりくる。
村田馨


内耳から夜毎這ひ出てゐるだらうぼくを操つてる蝸牛かたつむり

森下裕隆

4 3+1

えだまめ風野瑞人

耳のなかの気管として蝸牛管という名称のものがある。聴覚を有するのは蝸牛管があるから。不気味なテーストに仕上がっていて目を引く。
村田馨


死体ひとつ隠したような心地する冷蔵庫奥、内緒のタルト

常盤このは秋中弥典ただよう

そう、大事なのはタルト。「内緒の」は「隠したような」とつながっているのでストレスなく入ってきますが、タルト。これは間違ってもカルビやポテトではいけない。その他スイーツ類でもいけない。タルトの艶かしさが効いていると思います。イチゴのショートケーキではどこか清楚ぶって定番で安っぽい、ミルフィーユだと繊細すぎ。マカロンだと可愛すぎる。死体ひとつとタイはるには、少々雑っぽく果実をガン載せしてクリームや蜜で照りがあるくらいのどかっとした生々しいボリューム感が出せるタルトでないと。簡単に隠せるものでない存在感は死体同様。いつバレるかヒヤヒヤドキドキする比喩としての死体隠しも悲惨さをタルトのスイーツ感が拭い去っていてシチュエーションコメディ的で面白いです。
秋中弥典


わたくしは正しきばかりを欲しがって心療内科が背中をさする

ひの夕雅

3 2+1

久保 直輝桜望子

正しい/誤りだ、で世界や社会を理解しようとする人が、この世に存在する。この世界に存在する万物には元々価値や善悪などなく、それらは人間が後に作ったものに他ならない。それでも善悪に意味があると考え続ける場合、心身に変調をきたす場合がある。これは身体の異常だけを治そうとしても容易には治らない。あまりに激しく物事を考えすぎ、それが原因になっているからだ。心療内科の出番だ。
雨宮 司

心療内科「医」が背中をさする、訳ではなく、心療内科という存在が私の背中とさすってくれている、と解釈したが。
村田馨

最近のことと重なって涙が出そうになりました…。
正しさという抽象的な言葉から心療内科という現実味を帯びた単語に繋ぐことで、私の心の中の葛藤と、でも構わずに動く現実の世界が交差して、すごく心に響きました。

若桜ユイ


丸の内線に丸の内駅がない私の家に私がいない

nonたん

3 2+1

ひの夕雅須磨蛍

丸の内駅…!確かにないですよね。
月花

機転のきいた歌。面白い。
村田馨

何かがある・あったことに人は気がつきやすいけれど、ないものにはその半分も意識を向けない。上句においてはあるのが当然のものが実はないという気づきだけではなくて、それがすでに当たり前になっている省みられなくなっている、だからなんだというのだという感じになっていることの方にこの短歌の怖さがあるように思える。下句の私の家に私がいないのは、当然おかしいのだけれど、単にその共通点だけでなく、それが当たり前で誰にも省みられることのない状態まで被せてみたら、自分の存在自体が自分の意識にしかない感じがするのが怖い。今はいないという意味での不在ではないのだ、そもそも存在が意識化されないのだ。世にも奇妙な物語的な怖さがある。言われてみればそうだなというのは、言われるまでは気がつかない、その人にとっては存在していないこと。私の家に誰か人がいるならその家の中の世界から疎外されている私という孤独感。でもこれはまだ誰かの存在を私が感じられるだけマシかもしれない。寂しいと思えるだけ。私の家に誰もいなければ、これは私が私の存在を意識できない状態であって、それは存在意識が根無し草になるような寄る辺ない暗闇に浮かぶような心持ちだと思う。寂しいよりただ呆然と自分がいない意識だけがある。それが当然のこととして省みられることもなく続いていく。静かな都会的ホラーだと思う。
秋中弥典


オムライスにスプーン入れたら内にあるケチャップライスのあたたかい赤

常盤このは

3 2+1

ミシシッピアカガメ静ジャック

ケチャップライスはチキンライスでもよかった気がしますが、オムライスが食べたくなりました。
ミオナマジコ

おさなごがオムライスを食べている様子が目に浮かぶような歌。カナが多いせいでしょうか。可愛くて、あたたかで、とても美味しそう。
静ジャック


内がわにこぼれた孤独しろくまよ氷の旅に出かける時間だ

風野瑞人 家

3 2+1


手のひらを映さずそこにはただ強き内村航平笑っておりぬ

桜望子

3 2+1

ぽつりきい

次々と素晴らしい技を決める内村航平のその「手のひら」を見たくなりました!初句に「手のひら」を持ってきたのがすごくインパクトがあって良かったと思います。
きい

内村航平の笑みは繊細かつ豪快に思える。
村田馨


手の内は見せないつもりの天邪鬼 「かわいい手だね」で呆気なく落ち

3 2+1 星

ななのWPP

目に留めてくださったみなさま、ありがとうございました!


それぞれに思惑いだく者を載せ内堀通りをゆく選挙カー

村田馨

3 2+1 星

しちみとう

「内堀通り」が効いていますね。千代田区の選挙、どうなりますかね。「思惑いだく者」って、なんかゾクゾクする表現です。
のぅてんき


雪晴の庭におり立つベニマシコつばさの内にぬくみを抱いて

薄荷。

3 2+1


悪魔でも天使でもなく弁護士がひとり勝ちする脳内会議

高木一由 家

2 1+1


脱ぎ捨てた服からころがる豆ひとつ 言へず終ひのことばのやうに

桔梗

2 1+1


体内に福を取り込む炒り豆をあなたと食べる年を重ねて

しちみとう

2 1+1 星

村田馨

心が温まる
村田馨

♥も評もとても嬉しいです。ありがとうございました。
しちみとう


うち「も」そう思うばかりでうち「は」そう思うを口にくわえて眠る

こじこ

2 2


内々に処理のできない過ちにラムネがビンから溢れだしてる

須磨蛍

2 1+1

寿々多実果

なんだかわからないが、ヤバそうな雰囲気がただよう。
村田馨


十五回目の不採用通知にも「想定内」と揺れている肩

静ジャック

2 1+1 星

一佇

バブル期の歌とは対照的歌。生まれてくる時代は選べないもの。がんばってくださいとしか言いようがない。
村田馨


内側に住んでるきのこたちがまたぽこぽこ怒りのダンスをおどる

2 1+1


ごーしちごしちしち君の内心をぜんぶおしえて魔法の言葉

水底

2 1+1 星


シワになるスーツ横目に内腿がめくられるまま そして快感

秋中弥典

2 1+1 星

ハナゾウ

わあ、おっ大人ー
1字あけしてるのにスピード感が増してるような気がします
速度官が気持ちいいです

ハナゾウ

どんな場面なんだろう。内腿がめくられる、というのもどんな状況なのかわからない。快感?
村田馨


僕の可愛い人だから内輪差に巻き込まれても可愛い人

茜ナツキ 家

2 1+1

若桜ユイ

いや、これ、可愛いのでしょうか……笑 内輪差には巻き込まれないでほしいです……。歌題『内』で「内輪差」が出てきたところがもうおもしろいです。
西村曜

可愛いの繰り返しがあまり効いているように感じられない。破調の意図はどこにあるのだろうか。
村田馨


内角の低めばかりに投げ込んで言いたいことを忘れてしまう

ナタカ

1 0+1 おとの日

上句は比喩ではないのか。内閣に投げ込むとは懐に鋭く切れ込む、つまり相手にズバッと言うことではないのだろうか。
村田馨

内角の低めが相手が打ち返しにくく打ち返したとしてもあまり飛ばない球ということだすれば、投げ込む言葉が相手の言い返しにくいこと、自分にはあまり影響のない相手を黙らせてしまう言葉であるように思います。もともと自分に言いたいことがあって、そのために相手に言葉をかけていたのに、その言葉の機能が相手を黙らせてしまう暴力性をもってしまい、初めは気持ちを伝えるための言葉をかけようとしていたのにもかかわらず、相手を黙らせる力の行使にのめり込んでしまいあるいは意地悪く見れば酔いしれてしまい、自分の気持ちを伝えるための状況を作るイニシアチブであった言葉が、手段だったはずの言葉なのに目的に化してしまう底なし沼的な支配力に取り込まれてしまったのだと思いました。その結果、言いたいことを忘れてしまう。相手と関わりあう形を言いたいことを伝えることではなく、内角低めに投げ込んだ時の成功体験に決められて、いつのまにか乗っ取られてしまった悲劇。でもまだ忘れたことを自覚しているところに救いがある。自分のしたことを相対化できるうちは。忘れたこと自体を忘れてしまったらこれは闇。それはそれで怖い短歌になるでしょうけど。ついつい人を追い込むずるさを発揮する私としては考えさせられる短歌でした。
秋中弥典


わからない気持ちがあってマーマレードがまだ内側にこびりついてる

天野うずめ 家

1 1

根本博基

ひっかかるところがあるのですね。悩みながら成長するものです。マーマレードがよく効いている。
村田馨


開けたことないけどきっとこの箱の内側にあるはずの異世界

根本博基

1 0+1

パンドラの箱?玉手箱?この箱のなかに入っているものは…
村田馨


赤錆びた案内板の旧道を指でなぞってうちへ帰ろう

さかさ

1 0+1


洗濯機に手をさしいれてきみの履く靴下の内側には春が

文佳

1 0+1 通算300首詠

下句の句割れはどうだろう。素直な韻律でもいいような気がするが。
村田馨


「捨てないで」 「もうやめるって決めたから」 内ポケットのマルボロが泣く

1 0+1


美しい白内障の瞳から思い出こぼし忘れゆく老女ひと

えだまめ

1 0+1

白内障で視覚を失っていく話なのか、そこから認知症になっていく人なのか。
村田馨


恋という君への想いは内に隠し道化となりて寄り添い歩む

小澤ほのか

1 0+1


言葉には出す事できず内に秘めこの恋心死ぬまで言わず

心伝

1 1

ミオナマジコ

死ぬまで内に秘める恋。辛いけど、ドラマチックですね。
ミオナマジコ

「かの時に言ひそびれたる大切の言葉は今も胸に残れど」啄木の歌を思い出す。
村田馨


繋がりを心の内に秘めたまま孤独を演じる役者魂

うた猫

1 1

だゆう

誰かを想定して詠んでいるのだろうか。それとも…
村田馨


種として勝手に鳴りだすオルガンの内側にいるちいさな君が

久哲

1 0+1


脳内に棲みつく君が今宵また妖しく放つ女の香り

一佇

1 0+1


わからない いないしらないなにもない 三十一字以内の空虚

若桜ユイ 家

1 0+1 星


内容は鼓動の音が消してゆく君と交わした会話数秒

さくらちあ

0 0 おとの日


夕陽る明石海峡大橋へ内航船はひたすら進む

のぅてんき

0 0


遡る内閣総理大臣の4代前はあれ、誰だっけ

冬桜

0 0

誰でしたっけ……。総理大臣も国民が投票で選べたらいいのにと思います。
ミオナマジコ

安倍→野田→菅→鳩山→麻生。民主党(当時)の政権より前はかなり昔に思える。
村田馨


免許証持ってるだけじゃ意味がない 内気なあの娘に勝てない私

結紀 家

0 0

どんな土俵での勝ち負けの話だろうか。内気なあの娘が大胆なドライビングテクニックをもっているのだろうか。サーキットの娘?
村田馨


内定日バスで温泉連れられて拘束されたバブルの頃よ

えがぷり

0 0

あったみたいですね。私はポストバブルの第一世代なので、時機は逸したものの、感覚的には非常によく判ります。そろそろ、また売り手市場になりつつありますが、バブルの頃の様な盛況はもうないのかもしれません。それほどあの熱狂ぶりは異常でした。青田買いが横行していましたから、短歌の内容の様なことはあったのでしょう。ちなみに、「温泉連れられて」は舌っ足らず。助詞が必要です。
雨宮 司

わかるなあ。私もバブル世代。ひとりで内定をいくつも持っているから会社はヒトを確保するために内定日は遠くに連れ出す。当然泊つき。いまの若い人は信じられないだろうけど。会社訪問もアゴアシ付きは当たり前。一日の何社も見学してその都度交通費をかすめ取ったツワモノもいた。
村田馨


昨日 2017年02月03日(金) 明日

出詠した人選歌した人

冬桜 さくらちあ 風野瑞人家 うた猫 水底 一佇 のぅてんき 小澤ほのか 高木一由家 結紀家 ナタカ 天野うずめ家 久哲 森下裕隆 えがぷり 村田馨 薄荷。 桜望子 月花 えだまめ こじこ さかさ 茜ナツキ家 根本博基 ひの夕雅 西村曜 若桜ユイ家 萩野聡 nonたん 静ジャック 心伝 しちみとう 秋中弥典 須磨蛍 桔梗 文佳 きい 常盤このは

茜ナツキ家 ひの夕雅 ななの みち 小澤ほのか 水底 ひらたてる 久哲 ぽつり だゆう さかさ 常盤このは WPP ミオナマジコ 萩野聡 一佇 西村曜 しちみとう 寿々多実果 秋中弥典 根本博基 404notF0816 えだまめ nonたん 久保 直輝家 ミシシッピアカガメ 文佳 衣未(みみ) 高木一由家 ハナゾウ 月花 ただよう 民生 桜望子 薄荷。 静ジャック 桔梗 須磨蛍 きい 森下裕隆 西村湯呑 風野瑞人 ナタカ 村田馨 若桜ユイ家

41 人

49 人



 2017 02 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28