うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1035日 】 2017年01月29日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1035 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   田中ましろ

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

よれてゐる付箋にさへもかなしみを見つけてあなたは詩人になつた

小中織絵

6 5+1

須磨蛍深影コトハぽつり大橋春人文佳

「詩人」という言葉の持つイメージは人それぞれかもしれませんが、何気なく進んでいく時間の中で、澱んでいたり逆行していたりしている事象に心の機微を見つけられる人なのかなと思いました。そして、それを端的で綺麗にイメージを描けるお歌だと思います。
須磨蛍


片っ端から剥がしてく思い出に片っ端から貼った付箋を

下弦

5 4+1


落第の日にもきらきらしてるのは少女漫画の付録ぐらいだ

雪倉なずな

5 4+1


こいつらとつい飲みすぎたというメール 添付ファイルは開かずに消す

深影コトハ

4 3+1

静ジャック東風めかり

賢明な判断です。あとは送信トレイとツイート履歴も確認が必要ですね。
須磨蛍

「こいつら」は馴染みの仲間でしょうか。それともたまたま知り合った見ず知らずの人でしょうか。どちらにしても、作中主体から見れば、いい気な極みの連中一同。添付ファイルなど、知ったことではないというのが正直な話でしょう。良くて酒場での記念写真、悪ければウイルスです。いずれにせよ、開かずに消すのが正解でしょうね。
雨宮 司


みずいろの付箋を多用する人のおでこにひとつ貼ってあげたい

七緒

4 3+1


うつくしい鱗のやうな付け爪が冬の海辺にひとひらひかる

桔梗

3 2+1

衣未(みみ)もーたろ

ひとひらの付け爪はいかにも夏らしい輝きをもって冬の海の浜辺にある。過去となった夏の日の出来事を否が応でも想像させる素敵なうただと思います。
もーたろ


もう牙はいらないのです。おおかみはだいじなことに気が付きました

森下裕隆

3 2+1

UrbanBlues

子どもたちと読んだ「あらしのよるに」を思い出しました。
寿々多実果

これなら最後にも「。」がほしくなりますね。
UrbanBlues

途中で送っちゃいました。おおかみが牙がいらないってことを大事なことだと思ったことがとても優しくていいなあと思いました。何回も読みました。
UrbanBlues


さくら色の付箋紙を春と見間違う ページを繰ってゆくきみの指

文佳

3 2+1


粘着をわざと弱めたももいろの付箋をバレないようにはる恋

ななの

2 1+1 葉 はじめて


北風が吹くたびそっと風上に立っていること気づいているよ

静ジャック

2 1+1

ミオナマジコ

なんて素敵な人なんでしょう!きっと男性だろうけど、こんなことされたら好きになってしまいますね。
ミオナマジコ


奥付に作者の住所が書いてありどんなところか想像をする


愛媛大付属高校二年五組越智の机に差すうすあかり

大橋春人 家

2 1+1


酸性雨の街を歩こう染み付いたあなたの影が溶けていくから

須磨蛍

2 1+1 星


私しか覚えていない思い出が付着したまま使えぬピアス

ぽつり

1 0+1 おとの日

私しか覚えていないということは、きっと、このピアスを贈ってくれた人には振られてしまって、まだ、その人のことが忘れられないってことでしょうか。せつないですね。
ミオナマジコ


色褪せた磁石を付けた冷蔵庫 道脇にまだ傾いている

きい

1 0+1 おとの日


世の中に傷つきやすいものだから落ちた一円拾ってあげる

1 0+1


脳内に記憶の付箋がついていてあなたの色はいつも水色

木蓮

1 0+1


付箋だけつけて机の参考書アンタレスまで積み上げておく

野守風聴

1 1


広重の富士山の絵が付いてきた永谷園のお茶づけ海苔に

たかだ牛道

1 0+1


「おまけ付き」という文句を見逃さぬ オトナになったはずではあるが

もーたろ

1 0+1 星

年齢だけはおばさんのはずなんですが、おまけの誘惑には勝てないです、私も。
ミオナマジコ


分けあった551の蓬莱にからしをつけるまでが遠足

東風めかり

1 0+1


昨日までさん付けだったひとが今日容疑者になる柿は剥かれる

西村曜

1 0+1 星

「容疑者」なってしまった人がこの先段々と事実関係を明らかにされていくだろう状況と、結句の「柿は剥かれる」が比喩的に効いているお歌だなと思いました。早いリズム感を意識するならこのままが良いと思いますが、結句の前を一字空けにして一拍置くとまた違った味わいになって面白いかなとも思いました。
須磨蛍

最近は肖像権等の問題があるから、芸能人以外は匿名であるのが当たり前になっています。つまりは、「知人」「友人」「近所の人」として顔をぼかして報道され、問題がなければ使い捨て、犯罪に関わると加工前の映像を掘り出して放送する。典型的なイエロージャーナリズムです。さて、短歌ですが、「柿は剥かれる」が作中主体とジャーナリズムとの距離を示していていいですね。
雨宮 司


お人形さんみたいだね張り付いた笑顔しかまだ見た事ないし

ひつじ 家

1 0+1


Tシャツに付いて取れないシミのよう胸に沁み込み消えない笑顔

UrbanBlues

1 0+1 星


未来でもわくわくもんと跡付けて魔法つかいは呪文を唱ふ

宮木水葉

1 1


わが窓に日付変更線の波打ち寄せ溺れゆく愛の詩

梶原一人 家

1 0+1


ぱらぱらと雨が降る中投函しカメラを落とす花壇が付属

だゆう

1 0+1

どんまい!

つくも神でもいるのだろう夕映えに照りゆく土の色からするに

1 0+1

どんまい!

お買物 君が主役のデートなら僕はひたすら付人になる

流歩詩

1 0+1

どんまい!

内容に興味のもてぬ雑誌買ふ付録のトートバッグのために

冨樫由美子

0 0


思い出を思い出としてゆくためにいまだつけてるストラップあり

さくらちあ

0 0 葉 はじめて


コンビニで何気なく取る雑誌には使わないけど気になる付録

瀬和璃羽

0 0


シャボン玉はじけるように気が付いて消えたあなたに取り残されて

chari 家

0 0


付け合わせのパセリばかり食べる君と濃厚なキスをしてみたい

のび

0 0


昨日 2017年01月29日(日) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 01 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31