うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1034日 】 2017年01月28日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1034 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

酔つてない酔つてませんといつまでも電柱にいふひとを見てゐる

桔梗

5 4+1

ものかげいばひでき民生静ジャック

あー、それ、わたしかもしれない…≧(´▽`)≦
宮本背水

「大丈夫だ」を繰り返す人が実は大丈夫じゃないように。
いばひでき

(笑)
蝶番

最初は何ていうこともない歌、と通り過ぎそうになったのですが、「見てゐる」で終わっていることで、焦点がこの景を「見てゐる」主体に集約されていることに気づきはっとしました。主体の感情がこの行為に対する否定なのか肯定なのか、愛なのか憎悪なのか、全く詠み込まれていないところに惹かれました。
静ジャック


おまえまたふられたらしいくすり屋のピンクの象に傘をかしてる

ふたり

5 4+1 星

のび文佳さかさ森下裕隆

ユーモラスな歌で一番好きでした。ただ、失恋→ヤケ酒→酔って象に傘をかす という流れなのだと思いますが、ややお題から距離があるように感じてしまい、題詠としてはどうなのだろう…と思うと特選が入れられませんでした。酔うと素が出ると言いますが、象に傘をかすこの人はきっと優しい人なのでしょうね。素敵な歌です。
ナタカ


酔えばそう、いろんな人に出会えるし夕べはたしか李白と飲んだ

たかだ牛道

5 4+1

ミオナマジコ梶原一人東風めかり

いい病院を紹介したくもなるけど、こんなお酒が飲めてる本人は幸せでしょうね。
ミオナマジコ

楽しげですね。
蝶番


あうあうと麻酔の切れたライオンが夢のなごりのシマウマを追う

ナタカ

5 4+1 星


こぼれたる冷酒をそつと舐めにきて おまえも酔ひたいか黄金虫

東風めかり

4 3+1

七緒きい桔梗

冷酒といい黄金虫といい夏でしょうか。
わたしはお酒普段飲まないので,フィクションでもこういうゆったりちょうどよい感じの余裕があるのは大人に思います。
お酒に黄金虫がくるのかはわたしの知る範囲ではわからないけれどこのお歌は風情があって何となく雰囲気がいいですね。
実際作中で声を出したか心のうちでの台詞かわからないけれど(台詞だからか?わざと?って可能性も?)文法的には
おまえも「酔ひたきか」黄金虫
かと思いました。

蝶番


なんてことない夜だったほろ酔いでジャングルジムに登ったまでは

七緒

3 2+1

小池佑野守風聴

そこから先がどうなったのかが気になる。
寿々多実果


熱燗も重ねるうちにさめてゆき恋に酔いたくなる時もある

宮嶋いつく

3 2+1


その人はやはり今夜も泣くだろうほろよい白いサワーで酔って

西村曜

3 3


酔ってなどいないよ僕はほら見てよ地球に沿ってちゃんと歩ける

静ジャック

2 1+1 星


酔狂も凡人も皆人の子で空の青さに救われたりする

蝶番

2 1+1 星


オリオンを見上げる首に吹く風よあともう少し酔わせておいて

永昌

2 1+1

蝶番

すっと入ってきました。
わたしは年に一度か二度程少量のお酒をのむだけ(だし多分酔ったことない)ですがこの感覚は想像できるというかリアルだなと思いました。

蝶番


カシオレで酔うフリするね 騙されたフリしてそっと手を繋いでね

アベハルカ

2 2

宮本背水しちみとう

うわ~、いいですね、いいですねこの歌~。たぶんちょっと走った読みなんですけど、これはたぶん、実際に宣言してるんですよ。口に出して。そんなこと言われたら騙されるしかないじゃないですか! その上で「手を繋いでね」までしか言わないんですよ。それ以上はこっちの責任なんですよ。もうたまらない小悪魔ですよ、これは!
宮本背水


「とりあえずビール」と始まる中にいてジンジャーエールでほろ酔いになる

きい

2 1+1

衣未(みみ)

私の他にもジンジャーエールを詠みこんでいる方がいて嬉しくなりました。
ミオナマジコ


きみになら騙されててもよかったな酔いやすいお酒ばかり覚えて

文佳

2 1+1


高架下飲み屋で溢れでる愚痴と先への不安と少しの望み

しちみとう

2 1+1


正座にて電話をかける おぼろげな記憶にダチョウの交尾のくだり

鳥尾鮭介

1 0+1 星 おとの日


「おやすみ」の「み」を打つ指を止めながら雨月の寂にワインを飲んで

野守風聴

1 0+1


夜一人泣きたいけれど泣けなくて酎ハイ空けた泣き真似をした

ただよう

1 0+1


どうせなら酔いに任せて二人ともあの三日月を追いかけようか

心伝

1 1


角欠けし鬼のやうなる酔客のむ煎り豆はなみだにも似て

WPP

1 0+1

おとぎ話みたいだなぁと思いました。飲んだくれが炒り豆を食ってるところを「やうなる」「似て」で現実から少し離れる。角欠けし鬼=はぐれ者、炒り豆=怒り、泪=哀しみ、でしょうか。深酒の前にたくさん言葉を飲んだはず。やるせなさが伝わります。
鳥尾鮭介


盃に月を浮かべて粋だねぇ 星座とスイスイ夜の淵まで

1 0+1


車酔いしやすい君が眠るまで青信号よ続きつづけよ

梶原一人 家

1 0+1


千鳥足でっち上げてるハイヒール彼はあの子の掌で酔う

さかさ

1 0+1


ルネサンス名作絵画に囲まれて百円ワインで酔っ払う夜

森下裕隆

1 0+1


酔っているふりしてごめん そうじゃなきゃ笑って終わることができなくて

宮本背水

1 0+1 星


言葉の濁流に酔って定型が戻ってこない戻りたくない

桜望子

1 0+1

(“言葉の濁流に酔”うこと)ありますよね、
「(定型が)戻ってこない戻りたくない」のジレンマというか葛藤というかがなんとも…(いい意味で)。

蝶番


完璧なあなたは下戸で隙がないジンジャーエールで酔ってみせてよ

ミオナマジコ

1 0+1 星


歯茎へと麻酔注射を4箇所も打たれ鈍さに磨きがかかる

雨宮 司

1 1


酔拳を真似て壁撃ち捻挫するシャンデリアに飛び移りたくなる

いばひでき

1 0+1 星


君は言う酔ってる姿がかわいいって残念あたし覚えてないの

のび

1 0+1


運転が上手いと言ってるあなたほど荒い運転 人を酔わせる

可奈美

1 0+1


君と飲んだビールが思い出せなくて酔わない方だったはずなのに

ものかげ

1 0+1

どんまい!

酔ってない!酔ってるでしょ?酔ってない!吾が腕の中駄々こねる君

キナコモチコ

1 0+1

どんまい!

赤ワイン飲みすぎて吐く酔っぱらい「なんじゃこりゃあ!」って言ったらウケた

松木秀

1 0+1

どんまい!

うつしみに雪降りかかりゑひもせず道往くわれと名も知らぬ山

坂本 睡

0 0


後悔は酔って電話をかけたこと いいよあなたは素面じゃ言えない

寿々多実果

0 0


酔ったフリするわたしと君の距離ゼロより近く畳にねそべる

大西 久季 家

0 0


改札の前まで見送る君がいる酔った私に熱を渡して

天野うずめ 家

0 0


悪い子なワタシはキミに指絡め「ちょっと酔ったの」誘惑吐息

瀬和璃羽

0 0

こういう駆け引きのできる小悪魔的な美女、憧れます。自分には絶対真似できない。誘惑吐息って、桃色吐息みたいでいいですね。
ミオナマジコ


昨日 2017年01月28日(土) 明日

出詠した人選歌した人

キナコモチコ しちみとう いばひでき ミオナマジコ 坂本 睡 松木秀 蝶番 さかさ 天野うずめ家 大西 久季家 たかだ牛道 WPP ただよう 西村曜 雨宮 司 ふたり 可奈美 寿々多実果 静ジャック 鳥尾鮭介 宮本背水 野守風聴 アベハルカ 森下裕隆 桜望子 のび ナタカ 心伝 宮嶋いつく 梶原一人家 桔梗 七緒 東風めかり ものかげ 文佳 きい 永昌 瀬和璃羽

ミオナマジコ WPP ものかげ ただよう たかだ牛道 のび キナコモチコ 衣未(みみ) 宮本背水 可奈美 しちみとう 七緒 ふたり 宮嶋いつく ぽつり いばひでき 文佳 鳥尾鮭介 きい ナタカ 小池佑 梶原一人家 さかさ 民生 蝶番 松木秀 永昌 だゆう 桜望子 桔梗 森下裕隆 東風めかり 野守風聴 静ジャック

39 人

36 人



 2017 01 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31