うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1022日 】 2017年01月16日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1022 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 おたまじゃくし先生 万年青

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 赤信号 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

(ほらあれも青になれない信号機)もうこちら側で暮らしましょうか

10 9+1 星 秀歌

赤本海須磨蛍一〇〇八こわくないもり青かけす久哲しま・しましま桔梗

うまくいっているとも思えないが、失敗でもない詠み。でも好きですね💛
久哲

「青になれない」(=前に進まない)ことが必ずしも不幸ではない、そんな歌意と読みました。今いる場所をしっかりと意識することが大事なのかもしれませんね。
須磨蛍

ハート、音符、コメント、どれもありがとうございます。
今年初薔薇!かつ初秀歌……!嬉しい!ラッキー…!
まだ推敲の余地ありかなぁと思っています。
うまくいってる歌を作れるように頑張ります……!


単語帳捲る彼女も死にたいと思う私も立ち止まる赤

一〇〇八

5 4+1

可奈美小向大也わらび倉橋千帆

立ち止まってくださって良かったと思いました。辛い時はひとりで抱え込まないでくださいね。
ミオナマジコ

信号待ちでは、人生を進もうとしている人も立ち止まる。ほんの一瞬だけ同じ場所に居合わせた人と自分との対比が面白い。
倉橋千帆


この先は別れしかない僕たちに赤信号は祈りのように

七緒

5 4+1 星 連続50日詠

天使きらり詩音UrbanBlues美味しいこんにゃく

恋人たちはこの信号が青になったら反対方向へ歩き出すのですね。
ドラマティックな映像が浮かびます。赤信号よ、そのままでいて!

天使きらり


かみさまは赤信号のなかにゐてあなたのこともぢつとみてゐる

桔梗

4 3+1

だっきー風野瑞人きつね

こわい!かみさま。悪いことしてないならちっともこわくないですね。
どうかお守りください!かみさま。

天使きらり

順調に進んでいるときじゃなくて、立ち止まっているときこそ見てくれているよってことだと読みました。そういうふうに言われるとちょっと安心しますし、今伊坂幸太郎の小説を読んでいるんですけど、ふとしたときに助けてくれそうな気がしました。
きつね


磨りガラス越しに5回の赤信号見送り君は来ないのだろう

だっきー

4 3+1


いつまでも赤信号が変わらないことの嬉しい交差点がある


言いだせぬまま浪費する帰り道こんな日ばかり信号は青

須磨蛍

3 2+1 星


例えれば「ススメ」で渡る恋でなく「トマレ」で渡るような恋です

篠宮

3 2+1


赤い帯から一斉に青い帯に変わる雨夜の県道を行く

倉橋千帆

3 2+1 星


一人だと赤信号で渡ること知ってうれしいような気もする

小中織絵

3 2+1

文佳七緒

この歌は、「実は赤信号で渡っちゃうような人間味があった」という読みと、「ひとりだと赤でも渡るけれど、自分と一緒のときはそれをしないのだ」という読みができると思います。特に後者だと、ひとりだとまあいいかと思ってやってしまうことを、主体と一緒にいるからしない、という特別感を歌にした視点が面白いです。「うれしいような気もする」というある意味あいまいな表現が、ことこの題においてはとても鋭いように感じられてそれも好きです。
七緒


「またせたな!!」いくつになってもバカやれる そんなあなたが羨ましくて

可奈美

3 2+1 星

久保 直輝寿々多実果

ここでコント赤信号を出されてはハートを出すしかありません。
久保 直輝

どなたかが コント赤信号 を詠んでくれないかと期待していました(*≧∀≦*) このお歌がまさしく羨ましい
寿々多実果

コント赤信号ですか。うたの日の伝言板見なければわからなかったです。
きつね

ん???て思う人がたくさんだろうなぁ…と、わかってはいたんですがこれにしてみました!!まさかハートをいただけるとは(^^)ありがとうございました!
可奈美


横断歩道はさんで君とジェスチャーで会話交わしたまたたきの日よ

萩野聡

2 1+1

結句がなければ選んでいませんでした。
「またたきの日」の力にやられました。

久保 直輝

ジェスチャーで会話!パントマイムみたいで楽しそうです!
ミオナマジコ


この先の信号がもし赤ならばきみと別れてしまうのだろう

ミルトン

2 1+1


てくてくとだいぶ遅れて来ればいい 今日は日なたにひっかかりつつ

小向大也

2 1+1


信号の青は狂気を駆り立てる正気にもどる赤よ点れよ

たかだ牛道

2 1+1


信号が赤から変わる 息を止め対岸目指しゆらり漕ぎ出す

久保 直輝 家

2 1+1 星


一ッ目のお化け信号点滅す行くか戻るかおのれが決めろ

けら

2 1+1


ちょうど立ち止まる時間が欲しかった少し荒い呼吸を緩める

こわくないもり 家

2 1+1


冬将軍溶かせるほどに君思う赤信号がでてるとしても

知己凛

2 1+1

ミオナマジコ

とても共感します。人を好きになる気持ちは止められないですよね。
ミオナマジコ


音さえも冷え切った夜「ねえ見て」と狂い咲きする点滅信号

風野瑞人 家

1 0+1 おとの日

誰も見ていなくても点滅を続ける信号に自己主張を見出したところに音符を。
久保 直輝


恋愛に自信がなくてどの道も赤信号だと思ってしまう

きつね

1 0+1 星 おとの日

恋愛に慎重であることは決して悪いことではないと思います。恋愛以外のことに熱中しているうちに、いつか信号が青に変わる日も来るでしょう。
ミオナマジコ


いつまでも「おしてください」赤信号変わらず僕と夜はふけていく

八索

1 1 葉 はじめて


赤くなることに気づいて欲しいんじゃなくて理由に気づいて欲しい

セトリョーシカ

1 1 葉 はじめて

松岡拓司

信号のようであり恋人のようでもありどちらともとれるのが好き。
久保 直輝


信号が赤になるたび立ちどまるあたりまえみたいなやさしさで

文佳

1 0+1


妹は死んだと言えば逢えるのに赤信号を渡れぬ私

青かけす

1 0+1 葉 はじめて


青信号みたいな父と黄信号みたいな母だ止まるな自分

ツナマヨ

1 0+1


大げさにため息をついてみたけれど赤信号は変わってくれない

小泉夜雨

1 0+1


赤信号迷わず突破したけれど世界は何も変わらなかった

UrbanBlues

1 0+1

冒険せずに平凡に生きた方がいいのでしょうか…。
久保 直輝


冬の蝶温い手をした彼女らの赤信号のランプが割れる

1 0+1


赤信号いっしょに渡ってくれる人探し続けて過ぎてゆく日々

南瑠夏

1 0+1


赤信号。赤信号だよ。人生の。走り出す日はきっとまた来る。

野守風聴

1 1


歩車分離信号で「まだ赤だよ」と教える人はまた探してね

堀口万理奈

1 0+1


赤信号きみと渡った手を繋ぎ 不幸になるとわかってたのに

詩音

1 0+1


碧眼の副駅長の手を逃れぼくらは信号を突破する

雀來豆

1 1


この犬は赤信号を識るごとく動かずいるとお思いですか

松岡拓司

1 0+1


何から逃げてるのか知らないけど赤信号では止まるんですよ

赤本海

1 0+1


昨年は赤信号でキスをするひとを隣に乗せていたせい

1 0+1


「なめらかに運転してね」とおさな言うアクセル踏むも赤信号だぜ

天使きらり

1 0+1 星


ぎりぎりで走り抜けても停まりますほどなき先の赤信号で

一佇

1 0+1

通勤の時そう思います。
きつね


信号が赤く点滅することを知らなかったよ君に会うまで

史乃 家

0 0

「君」と会うようになって夜更かしするようになったってことでしょうか??
きつね

ありがとうございました。大学に入るまでも夜更かしはしていたのですが、深夜に部屋に戻ってくるようなことはそれまでありませんでした。誰も気にせず深夜まで仲間と語れるのは一人暮らしの大学生の特権だと思います。
史乃


昨日 2017年01月16日(月) 明日

出詠した人選歌した人

詩音 だっきー 南瑠夏 一佇 小中織絵 たかだ牛道 風野瑞人家 セトリョーシカ 八索 野守風聴 知己凛 ツナマヨ 青かけす UrbanBlues 松岡拓司 こわくないもり家 雀來豆 小向大也 久保 直輝家 ミルトン 篠宮 倉橋千帆 天使きらり 史乃家 可奈美 萩野聡 きつね 一〇〇八 けら 七緒 桔梗 赤本海 小泉夜雨 須磨蛍 しま・しましま 文佳 堀口万理奈

久保 直輝家 ミルトン 可奈美 ミオナマジコ WPP 天使きらり 南瑠夏 小泉夜雨 だっきー けら 松岡拓司 詩音 一佇 UrbanBlues 衣未(みみ) 赤本海 寿々多実果 小中織絵 須磨蛍 たかだ牛道 美味しいこんにゃく 小向大也 文佳 ぽつり ツナマヨ 知己凛 一〇〇八 風野瑞人 みち 篠宮 七緒 こわくないもり家 青かけす 堀口万理奈 きつね わらび ただよう 久哲 しま・しましま 桔梗 だゆう 静ジャック 倉橋千帆 萩野聡

40 人

48 人



 2017 01 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31