うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1017日 】 2017年01月11日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1017 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 知己凛 瀬和璃羽

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 ウ冠 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

冠を捨て去り一人胸を張る安い女と呼ばれぬように

倉橋千帆高木一由いずみ 美帆大西 久季淀美 佑子ミルトンむとうゆか村田馨

安い女が気がかり(木がかり)になるとついつい案じてしまうのですね。
久保 直輝

これはシンプルかつ強烈な主張を籠めた短歌だ。白川静の著書をまた読まないといけないな。「安」の原義は何だったのか。それはともかく。女はうっかり冠もかぶれないわけだ。「安い」はひどいな。そう言えば、セックスを拒んだらカタい女と言われたとの話もあった。うっかり関係を持ったらカルい女と言われそうだが。女の人はこれぐらい志を高く掲げている方がいい。
雨宮 司

「安」にはやすらか、落ち着く、という意味もありますよ。何だかいじらしいあなたへ。
WPP

決意の潔さ。
村田馨


うかんむりみたいなベレー帽光り飛び立ちそうな宇宙センター

7 6+1

文屋亮衣未(みみ)野井英子久哲深影コトハ

うかんむりとベレー帽とUFOの三重の見立てに
思わずベレーを脱ぎました。

久保 直輝

ちと上句と分断があるが、気になるほどではない。良い景です💛
久哲

ベレー帽の比喩が面白い。
村田馨


点描で模様を書き足していく傘の名前を宇宙としましょう

渚さらさ

6 5+1


自転車で告白にゆく青空の革命として夕焼けがある

ミルトン

4 3+1


いつ大人になれるのだろう寛容をかなぐり捨てて子を叱る夜

文乃

3 2+1

笠和ささね藤 かづえ

共感を覚えるだけにやりきれなさもひとしおです。ウかんむりのように、さまざまを受け入れられる時が来ますように。
WPP


ウ心四丁目とくちずさみながら丁寧と書きへこむペンだこ

3 2+1

佐藤博之むうこ

二貝の女が木にかかる(櫻)よりよっぽど洒落がきいている。ペンだこで収めてよかったか。
村田馨

「寧」といふ字を分解しての初句二句。
「ペンだこ」の具体が実際に文字を手書きしてゐる様子をうまく表してゐる。
四句五句の動詞の組合せかたにはまだ推敲の余地があるとは思ふ。

佐藤博之


サンズイで書くと怒った窪田くんはウ冠でもなかったんだよ

倉橋千帆

3 2+1

あくまで想像ですが、窪田くんはきっと久保田くんに対して
いわれのない引け目を感じているのだろうと思います。

久保 直輝

窪は穴冠。うまく逆手にとった妙手。
村田馨


実家では寒がりの母つらかろう宇都宮は零下三度の予報

藤 かづえ

3 2+1

ひの夕雅WPP

これが実話で本当に宇都宮がご実家ならとても感動的です。お母さんを大切に思う心が素晴らしいと思います。
ミオナマジコ

全ての詠草のなかで、この短歌だけがトリッキーなお題の使い方をしていなかった。「実家」「寒がり」「宇都宮」と、自然な使い方にしてはちょっとウカンムリが多いかな。おそらく、作者は短歌を単に面白がって詠むのではなく、自然な流れの中にどうやってウカンムリの漢字を入れるのか腐心したはず。見ている人はきっと私以外にもいますよ。
雨宮 司


うかんむりきみの名一字にかぶせたらソラと呼ぶからぼくは背伸びして

高木一由 家

3 2+1

ぽつりふたり

背伸びしてどうするの?
尋ねたくなるかわいさ。

ふたり


ハエたちは蒼き空見て憧れるさあウ冠かぶってごらん

遠木音

3 2+1

しちみとう静ジャック

本当は穴かんむり…という野暮な指摘は置いといて、
発想が大変面白いです。

久保 直輝


UFOのような宇宙のうかんむり たまにぶつけて流星が飛ぶ

深影コトハ

2 1+1

遠木音

言われてみればなるほど、UFOですね。ポップな感じが好印象。
WPP


寒波きて家にこもった寂しさも寅さんでわらいはじける宵です

2 1+1 星

ミオナマジコ

これだけたくさんうかんむりの漢字を使って、自然で面白い文章になっているのが素晴らしいです。昔は日本のお正月映画といえば「男はつらいよ」でしたが、寂しさが笑いで吹き飛ぶ様子と、季節感の両方を感じさせる寅さんの使い方が秀逸だと思いました。
ミオナマジコ

ウ冠五つ。なるほどの一首。
村田馨

ミオナマジコさん、💛を有難うございます。嬉しい感想も励みになりました。
村田馨さん、なるべくウ冠を多く使って自然に感じられるように詠んでみました。有難うございます。


寂しさを宿した吾は不安定 まるで宇宙ね実家の客室

ひの夕雅

2 1+1


知らなんだ 川でゴミ拾う父が「宇治川G(爺)」と呼ばれてるとは

WPP

1 0+1 星

なぜ爺をGに変換したのかよくわかりませんでした…😅そりゃ変換しないと「?」って歌になってしまうけど…ゴミのGと掛けてあるのでしょうか。Gというとゴキブリ連想したりもしてしまうしゴミと考えると汚いようなイメージもあるのでフィクションかとは思いますがだとしてもわざわざ川のゴミ拾いをするなどすごいことなのでもっとカッコいい称号がその「父」に与えられたらいいなと思いました😌。
蝶番


宇宙という名前をもった鳥がいて宇宙のような瞳をしていた

薄荷。

1 0+1

宇宙の繰り返しが効果的とは思えない。
村田馨


ウ冠宇宙のはて釈迦の掌に孫悟空ならオカンムリだな

yosioo

1 0+1

茶化した中身をどう受け取るか。
村田馨


宇宙コスモスの秘密を探る者が居り解き明かされるであろう真実

村田馨

1 0+1 星

宇宙をコスモスと読ませるのがすごく好きなんですが、下の句がストレート過ぎて勿体無い気がしました。秘密を探っているので、表現をもっとミステリアスにできたら上の句がもっと活きたのでは、と思いました。ウ冠にこだわると真「実」が確かに妥当なのですが…うーん
大西 久季


たくひれの鷺狙ひたる鮒の背の鱗に映る野鳥家の眼

佐藤博之 家

1 0+1 星

どんまい!

昨日 2017年01月11日(水) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 01 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31