うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1009日 】 2017年01月03日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1009 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   あおきぼたん

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 ミイラ 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

復活をただ待っているミイラより走るゾンビは前向きである

けら

12 11+1 星 秀歌

淀美 佑子ミオナマジコ仙冬可えだまめ祐鈴西村曜ハナゾウ渚さらさ立帆だゆう

面白い視点だなあと思いました。ゾンビのようにしぶとくつよくなりたいものです。
ミオナマジコ

一度は死を受け入れて次に備えるミイラと、死を拒んで腐乱するゾンビと、どっちが前向きかは議論が分かれるところです。(と思う。)ミイラを宗教的に定義している一方、ゾンビはイメージが人によって異なるのが難点では。
一読して面白いとは感じました。ゾンビ確かにアクティブ!

堂那灼風

小説の書き出しのようで、この後の広がりがありそうです。
祐鈴

着眼点がいいなと思いました。
ゾンビもミイラも死者なのに、前向きなどという価値観を持ち出す可笑しさ。

文屋亮

なんだかよくわからない迫力を感じました……。そう言われれば、そうかもしれない……。ゾンビが前向きという発想が、とてもすきです。じっさいはミイラもゾンビも、前向きとか後ろ向きとかいう人間世界の価値観は持ち合わせていないとおもうのですが、それでもゾンビが走る(あれ走ってるんですかね……?)姿に「前向き」さを見出した点がおもしろいです。
西村曜

大好きなゾンビで薔薇を頂けて嬉しいです
ありがとうございました

けら


感情はミイラにするの泣けるだけ泣いてあなたを抜いて眠るの

ハナゾウ

5 4+1


脳みそを鼻から抜くとかそういうのキスの合間に言っちゃうタイプ

仙冬可

5 4+1

文屋亮蝶番山川翠月丘ナイル

そんなにムードのない発言をする人なのにキスをする相手がいるのは羨ましい限り。
ミオナマジコ

彼氏の性格が端的にうまく描写されていると思いました。
そういう具体的な話から垣間見えるものが、読者をひきつける短歌になるのではないでしょうか。
ところで鼻の穴から脳みそを抜くというミイラ作りの手法は、一般によく知られているのでしょうか?
その辺りの共通理解があるとないとで、受容の度合いが変わりますよね。

文屋亮


幼子はミイラの子へと話しかけエジプト展の暗がりを出る

松岡拓司

3 2+1


包帯でぐるぐるにした思い出がミイラになったらまた会いましょう

立帆

3 2+1


ぼろぼろの体にいつかよみがえる孤独をガラス越しに眺める

3 3

風野瑞人小泉夜雨久哲

シンプルだが、ミイラと言う強めのお題でこの抒情はお見事です💛
久哲


ミイラにも命は確かにあったのだ干からびているときめきにだって

渚さらさ

3 2+1


本当はうらやましかったトイレットペーパー巻いて「みんなでミイラ」

祐鈴

3 2+1 星


夜ごと夜ごとミイラ男は空を見て星を数える 滅びし星を

たかだ牛道

3 2+1


復活を願って手当てした恋はそのままミイラになってしまった

笠和ささね

2 1+1


無撚糸むねんしの布をぐるぐる巻き付けて木乃伊ミイラでいたい夜の不可思議

蝶番

2 1+1 通算100首詠


コノ我ヲ三十一文字ニ封ズルト?ドンマイノ呪ヲカケテクレルワァッ!

野守風聴

1 0+1


ああこれがそういうことかと苦笑してこの地に住むと決めたミイラ取り

西村湯呑

1 0+1


天空に到る半ばで倒れたるミイラの眼にはなお光あり

堂那灼風 家

1 0+1


ミイラ取りがミイラになったと言われても 君から離れる事は出来ない

しちみとう

1 0+1 星

この切なさが好きです。
ミオナマジコ

そう言っていただけて嬉しいです💕
選評ありがとうございました♪

しちみとう


きみがくれた本のあいだに挟まっているイカセンベイ ミイラの私

詩音

1 0+1


ぼんやりと時間のなかで永遠につづく想い出さえもミイラに

風野瑞人 家

1 0+1


生き返る術のまだない時代ですもうしばし待てツタンカーメン

スコヲプ

1 1


饒舌なあなたの部屋にあるミイラ 少し背中が煤けてないか?

ササキ アンヨ

1 0+1


もののふの八十の警備を振り切ってミイラを水で戻してみたい

西村曜

1 0+1 星


静寂に色あでやかに整列す麵のミイラを品定めする

ただよう

1 0+1


心配性なあなたの横で生きるからミイラみたいに愛に巻かれて

月丘ナイル

1 0+1


湯上がりの隠しきれない柔肌に富山の箱をひらいたミイラ

山川翠

1 0+1


即身仏になりし聖の手間を思へり湿潤日本でミイラになること

文屋亮

1 0+1 星


三日かなミイラも仮眠を取りにけりレトルト米飯どん兵衛食べて

だゆう

1 0+1


本当に脱け殻なのか真っ黒なミイラの眼窩が我を見ている

小川けいと

0 0


干からびたミミズの死体よ頼むから今だけは僕の言うことをきけ

坂本 睡

0 0 葉 はじめて


昨日 2017年01月03日(火) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 01 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31