うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1003日 】 2016年12月28日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1003 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 アイドル 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

22時、営業2部のアイドルとしじまを分かち合う喫煙所

衣未(みみ)田村穂隆静ジャック

何とも言えぬ気まずさが素敵です。
久保 直輝

今回の詩だとダントツに素晴らしいと思いました、アイドル単品の単語の持つ性質からの落差で意外性を産んでます
果糖カヲル

遅くまでお仕事お疲れさま。会社のアイドルも大変なんですね。ふだんはタバコを吸う姿を見せることはないのでしょう。貴重な時間になったことと思います。
村田馨

シチュエーション短歌としてはバツグンの出来だと思います。上の句も素敵ですが、「しじまを分かち合う」の表現がとてもいいですね。
宮本背水


アイドルが輝きながら駆け抜けた時代を一緒に走っていたよ

きい

4 3+1


さようなら優しく手を振る中居くんにさようならって返せなかった

倉橋千帆

3 2+1 星

民生きい

中居くんが引退する訳じゃない。でも、ひとつの時代が終わったと思う。
村田馨


あいあいとぁぃぁぃがいてアイアイがおさるさんだったことを忘れる

大月閑

3 2+1


三人の中でも俺のスーちゃんだ 俺より先に死んでしまった

たかだ牛道

3 2+1

七緒シュンイチ

僕もスーちゃんです!
だから♪!

久保 直輝

キャンディーズ。スー、ラン、ミキはみな健康的な容姿だった。スーちゃんが亡くなったときはショックだった。
村田馨


ひかりの分影も色濃くなるひとの涙が綺麗だったこと、さよなら

長月優

3 2+1 星


ぬばたまの聖なる夜の訃(しらせ)あり 風に乗じて雪ぞ舞ひける

久保 直輝 家

3 2+1 星

須磨蛍村田馨

ワムのジョージ・マイケルのことですね。ラストクリスマスと言う大ヒット曲を残して自身もクリスマスに亡くなる。ドラマチックですらあります。4句結句での詠みこみ、主材の選び方、季節感、文句なく一番好きなお歌でした。
須磨蛍

クリスマス、訃報、アイドル。誰だろう。実話かどうかは分からないが、悲しい知らせに下句の雪がよくあう。
村田馨


アイドルを真似たポーズがどう見てもムンクの「叫び」になっている姉

WPP

2 2


横顔が石原さとみにそっくりと君が言われて照れている僕

静ジャック

2 1+1


毒を吐く僕の代わりにはとバスはまたアイドリングストップしてる

須磨蛍

2 1+1 星

望(ぼう)

ひとつくらいidolではなくidleの歌があるかなと思ってました。毒を吐く僕という自虐的な表現にも驚いた。
村田馨


カツオ出汁の中華そば屋に色褪せたアイドルのまだ若き日の笑み

宮本背水

2 1+1 星

久保 直輝

何というかわびさびの世界です。緑と赤の背もたれのない丸椅子のある
焼肉屋とかラーメン屋の油まみれの壁に貼ってありそうな感じが好き。
(途中送信したかもしれませんすみません)

久保 直輝

わびさび、という評がすごく嬉しいです。ありがとうございますヾ(●´∇`●)ノ
宮本背水


アイドルの脚を鞄に放り込みツタヤにDVDを返した

吉田ほとり

2 1+1 葉 はじめて


アイドルであったんだなと呟いてみる安売りのポインセチアに

小宮子々

2 1+1


アイドルは清く正しく美しく雨後のアスファルトの匂いの如く

だゆう

2 1+1

長月優

典型的なフレーズの上の句の分、下の句の比喩が効いているように思いました。
長月優

「清く正しく美しく」はどこかで聞いたことがあると思ったが、キョンキョンの「なんてったってアイドル」のフレーズだったか。
村田馨


モーニング娘。になれなかったけど同じホールに楽器といます

亜梨

2 1+1


踊り出す神の偶像人の子はいともたやすく奇跡をおこす

さはらや

2 1+1


いくつまで我が家のアイドルと言うてもいいのだろうか 娘は5歳

ずっとでいいんです!!
大西 久季

親にとって、娘は永遠にアイドルです。
村田馨


「僕」じゃなく「ファン」を見ているアイドルの涙がやけに刺さってしまった

雪倉なずな

1 0+1


田舎家に古きアルバム見つけたり若かりし母がマドンナの頃

蓮香

1 0+1


アイドルになれない猫はあくびする大きく震える冬の空気は

天野うずめ 家

1 1


「アルテミスちゃーーん!!」って闇にオリオンが振りかざしてる光る棍棒

下弦

1 1

吉田ほとり

マンガっぽくてバカバカしくて好きです。
久保 直輝


将来の不安を胸に封じこめ地下アイドルの熱き笑顔は

村田馨

1 0+1 星


アイドルが立って歩いているうちは世の中に黒い雨は降らない

あ太郎よ

1 1

宮本背水

おもしろい一首だな、と。もちろんアイドルは平和の象徴ではないし、戦時下には戦意高揚に使われる存在にもなりえるので、うたの事実性という面では疑問符があるのですが、「黒い雨」という鱒二の著作から用いた表現と対比させることによって、そこに再定義されたアイドル像が浮かんでくるように感じます。
宮本背水


風強き橋の上にて君待てばセンジュナマコは海のアイドル

秋山生糸 家

1 0+1


アイドルになりたいわけじゃないけれど桜に晒せない右手首

田村穂隆

1 0+1


憧れたアイドルがヒガシだけになりしんと寂しいカウコンを見る

月丘ナイル

1 0+1


本当に時代をつくりセクシーになってしまった Sexy Zone

シュンイチ

1 0+1

どんまい!

アイドルになりたい終戦記念日の街の本屋で見かけた『群像』

水沼朔太郎

0 0

言葉にし切れない、胸に来るものがありました。
雪倉なずな


ステージに立つとき少女の偶像はどこぞの神より強いしかわいい

小宮いち

0 0


罪深き偶像崇拝美しきおっぱい崇め奉り候

社会適合者

0 0


昨日 2016年12月28日(水) 明日

出詠した人選歌した人



 2016 12 
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31