『 クラゲ 』

この街が水槽となる雨の日にわたくしといふくらげいつぴき


きれいにまとまっているのですが、きれいすぎて引っかかるところが少ないので損なような気がしました。わたしがくらげになってしまうのは独特な身体感覚のようで惹かれますが、わたしが別の何かになるという歌はたくさんありますので…。
シュンイチさん

不安定に街で漂っているような気持が感じられていいなと思いましたが、「この街が水槽となる雨の日」という言い回しに、なんとなく説明ぽさが感じられました。
しま・しましまさん

くらげだから水槽である必然性はないわけで、やはり雨の日を水槽にたてるあたりに閉鎖的な感情の伴った景がひろがります。意外だったのは、結句の「いつぴき」で、閉鎖空間の中の孤独を覚えるのですが、水槽というチョイスにはどこか都市的なものを思い浮かべたからか、くらげはひしめいているのではと勝手に予想してしまったのです。しかしこのいつぴきは心理的なものなのではと考えると、とてもいい歌だと思います
御殿山みなみさん

骨のないクラゲになれば雨降りを憂鬱におよぐ街は一匹

完成されていて、難しい評は少し邪魔になりそうです。

相市 思咲さん

Name
Text
 誰でもいつでも選評を送れます。

好きな人

諏訪灯 抹茶金魚 高村七子 のぅてんき 御殿山みなみ 知己凛 大西ひとみ 斎藤秀雄 芍薬 しま・しましま 橙田千尋 シュンイチ しちみとう 甘酢あんかけ ことり 小泉夜雨 萩野聡 倉橋千帆 中牧正太 木蓮 薄荷。 ただよう 月丘ナイル 計以 わらび 宮本背水 淡海わこ

37代目 うたの人 総選挙

うたの日