『 クラゲ 』

見ろ!人がくらげのようだ 伊勢丹の最上階から眺む新宿


雨の日なのでしょうか。地上を行き交うたくさんのビニール傘たちがクラゲのように見えた、と解釈しました。違っていたらスミマセン。
有名なアニメのセリフを引用したコミカルな上の句と、「伊勢丹」「新宿」と固有名詞が出てくる現実味のある下の句のバランスが面白いです。
夏山栞さん

特別おもしろいことを言っているわけではないんですけれど、勢いがあって惹かれてしまいました。新宿を出してきたところが効果的だったのかもしれません。
シュンイチさん

上の句のテンションと下の句のテンションが一致せずに一人だとしたら病的なものを感じます。もっとやり過ぎるか、もう少し冷静に表すかどちらかに振り切ればもっと気持ち悪く病的に印象の残る首に仕上げれそうです。
鶴田よめさん

楽しい一首です、勢いと、伊勢丹、新宿、の言葉のチョイスがとっても魅力的です。でも、くらげのようかな?っというところで、ちょっと立ち止まりました。
甘酢あんかけさん

ひとがくらげのよう? と頭を捻りますが、伊勢丹の最上階とでたおかげで上から見た視点、ビニル傘の群衆をみているのではと景がひろがります。元ネタがある以上、このいいまわしにはどこか優越的な感覚がひそみますが、伊勢丹からというのがそれらしく、それでいてすこし弾かれたような、さみしい感じも深読みしてしまいそうで素敵です。「眺む」は厳密に言えば「眺むる」ではないかなとは思いました。
御殿山みなみさん

私も傘をさしている人の群れを想像しました。詳しくはないのですが、新宿伊勢丹の最上階が屋外だすると、主体もまた雨の中を傘をさして眼下を見ている景ですね。
新宿の有名デパート、それも最上階にいると選ばれた者になったような高揚感があるのでしょうか。そんな主体がちょっと可愛らしく見えます。
倉橋千帆さん

初句二句はムスカの台詞をもじったものですね。おそらく雨が降っていて傘を持って動く様を「くらげのようだ」といったのだと思いますが、新宿の伊勢丹の最上階(7階)だとちょっと地上から遠すぎて、ちょっとくらげには見えにくいかなと思うのと、くらげ自体をその位置(すごく上方)からはあまり見ないこともあって、ちょっとくらげっぽさには欠けるのかなというところが気になりましたが、ユニークです。
あと、文語の「眺む」は終止形なので、連体形ならば「眺むる」かなと思います。
桔梗さん

天空の城ラピュタのキャラクター、ムスカの印象的なセリフを取り入れていて、発想が面白いなと思いました。ただ、少し「俗」になりすぎてしまっているように思いました。
月丘ナイルさん

Name
Text
 誰でもいつでも選評を送れます。

好きな人

抹茶金魚 黒井真砂 御殿山みなみ 斎藤秀雄 キール なぎさらさ シュンイチ えだまめ ヱイ 宮嶋いつく 小泉夜雨 倉橋千帆 金子りさ 街田青々 薄荷。 桔梗

37代目 うたの人 総選挙

うたの日