『 クラゲ 』

ありふれた夜に沈めるきょうの嘘くらげの動画だけがあかるい


主体はどんな気持ちでクラゲの動画を見ているのか。そういえば、クラゲの動画には明るいイメージがあります。
嘘を沈めた夜はきっと真っ暗なのでしょう、そこに浮かぶクラゲは嘘をついた主体を責めるのか救うのか。
明暗のコントラストが美しい歌だと思いました。
なぎさらささん

下の句の「くらげの動画だけがあかるい」が、液晶画面で見る動画のリアルな感じがあるなって思いました。上の句が、なんとなくわかるような気がするけど、具体的にわたしの想像が追いつかなくて残念な気がしました。
しま・しましまさん

就寝前に電気を消した状態で、クラゲの動画を見ながら物思いに耽っている主体が浮かびました。どんな嘘だったのかは分かりませんが「ありふれた夜」と言うから、誰かを傷つける嘘ではないのだと思います。
暗い気持ちと明るい画面の対比がいいですね。
倉橋千帆さん

どんな嘘だったのでしょうか。「くらげの動画だけがあかるい」という下の句からすると、やはり真っ暗な部屋のなかでひとり液晶画面を見ている主体の姿が浮かび上がってきます。そしてその嘘は主体にとってあまり気分のよいものではなかったのでしょうね。

桔梗さん

ありふれた夜を迎えているのだから、その日主体がついた嘘もありふれたものだったのかもしれない。誰の傷にもならないような小さな嘘のように思える。しかし主体にとっては夜になってもなお気にかかる嘘となってしまった。暗い部屋で(おそらくは癒されたくて)開いたクラゲの動画。明るさを放ちながらも小さな画面の中で動くクラゲたちに主体は息苦しさを感じ、自分と重ねたかもしれない。ひとつの景の中で明暗の対比が活きている。
二宮 隼人さん

上の句と下の句の対比がいいと思いました。
岡桃代さん

Name
Text
 誰でもいつでも選評を送れます。

好きな人

抹茶金魚 度会 高村七子 御殿山みなみ 斎藤秀雄 しま・しましま なぎさらさ 静ジャック えだまめ ヱイ 甘酢あんかけ 宮嶋いつく 小泉夜雨 木蓮 中條茜 ただよう 月丘ナイル 西村湯呑 岡桃代 宮本背水 カズト 桔梗

37代目 うたの人 総選挙

うたの日