『 雌雄 』

ホッホーと夫婦喧嘩の最中につがいの鳩が相づちを打つ


犬も食わないという夫婦喧嘩に鳩の相槌。しかもつがい。喧嘩の微妙な間や空気感が上手く表現されていると思いました。ポッポじゃなくホッホーなところも絶妙だと思います。
幸香さん

これは面白い。鳩が実際に夫婦喧嘩の内容を聞き取ったりはしないのでしょうが、ホッホーという音といい首を傾げる鳥独特の仕草といい、いかにもあり得そうです。日常の場面を巧みに切り取っていて素敵な歌と思います。
WPPさん

今回のテーマ「雌雄」を「つがい」で詠まれたのだと思いました。鳩なので、雄とか雌のような言葉も使えるのにそれをしなかったのは、「夫婦喧嘩」との対照性を出すためかと推察します。ユーモラスな、どこかシニカルな雰囲気が感じられました。
岡桃代さん

この光景を思い浮かべると、クスッと笑ってしまいます。険悪な空気で冷たい言葉が交わされているであろう部屋に「ホッホー」。この夫婦も肩の力が抜けて仲直りするのでは、と想像しました。
遠木音さん

鳩のいる、公園かあるいは駅前などで夫婦喧嘩しているのでしょう(主体がそこに含まれているのか、それとも傍観者なのかはわかりませんが)。その喧嘩に鳩が相槌を打つ(ように見えた)というのはユニークだと思うのですが、鳩がその場に二羽いたとしてもそれがつがい(雌雄)かどうかを見分けるのはなかなか難しいように思いました。

桔梗さん

Name
Text
 誰でもいつでも選評を送れます。

好きな人

幸香 ルナク 寿々多実果 衣未(みみ) WPP 遠木音 木蓮 けら ひの夕雅 えだまめ 天田銀河 七緒 森下裕隆 中牧正太 みやこどり 井筒ふみ 民生 といじま CIPHER

35代目 うたの人 総選挙

うたの日