『 雌雄 』

いろいろとあって選んだ色でしょう孔雀雌雄はそれぞれに凛


孔雀の羽根を論じる場合、どうしても派手な雄のものに目がいってしまいがちですが、そこを敢えて「雌雄はそれぞれに凛」と言い切ってみせたところが素晴らしいですね。深読みかもしれませんが、どこかジェンダー的な視線を持ったうたにも思えます。固定観念にとらわれず、その孔雀の生き様を肯定的に捉える姿があざやかな発見に繋がっているように感じられます。
宮本背水さん

孔雀の雄と雌の姿の違いは皆知っていますが、それを、孔雀の祖先がみずから選んだ、と私は読んだのですが(神様が、とも読めますが)、そこが面白いと思いました。最後の「それぞれに凛」が格好いいです。
岡桃代さん

「それぞれに凛」いいですね。
雌雄、男女やそれにともなうさまざまな属性は、基本的には自分であらかじめ選べるものではないのですが、それを敢えて「いろいろとあって選んだ色」なんだと自分自身や誰かに言い聞かせているような語り口です。
けっして主張しすぎない、しなやかな思想を感じます。
森下裕隆さん

Name
Text
 誰でもいつでも選評を送れます。

好きな人

ルナク 村田一広 あひるだんさー 遠木音 御殿山みなみ えんどうけいこ 岡桃代 けら 侑子 淡海わこ 天田銀河 宮本背水 大西ひとみ 七緒 久哲 森下裕隆 みやこどり 須磨蛍 CIPHER

35代目 うたの人 総選挙

うたの日