『  』

もうここで会うことのない日々たちに手を振るように舞い散る桜


手を振りたい主体はだれなんだろう?
日々たち、という言葉のチョイスは三年間?という時間そのものを表していてとってもすきなんですけど、舞い散る桜という結句が美しすぎてなんだか馴染めない。ごめんなさい。
井筒ふみさん

具体があまり描かれていないので今ひとつ共感に足りないものの、日々たち、手を振る、舞い散る桜、と追憶のセンチメンタリティが散りばめられた美しい歌と思います。
WPPさん

卒業式の当日、桜の散る様子がそれまでの学校生活を見送っている風に思えたのでしょうか。「日々」ですでに複数形だと思うのですが、さらに「たち」で擬人法かつ複数形になっているのが気になりました。
桔梗さん

Name
Text
 誰でもいつでも選評を送れます。

好きな人

さはらや 寿々多実果 えんどうけいこ わらび 金子りさ きつね 井筒ふみ 西村湯呑 遠井海 淡海わこ 薄荷。 中牧正太

32代目 うたの人 総選挙

うたの日