『  』

もう若くないんですよと諭されて真顔でふける卒コンの夜


大学の卒業で教授は本当に若くないから講師あたりかな?と思い浮かべました。ユーモラスな雰囲気ですが、下の句に情報を詰め込みすぎだと感じました。限定要素を入れれば共感が散るのは仕方ないと思うので、濃くするか薄くするかは好みだと思います。卒コンと限定しなければ同窓会の恩師との会話とも思えます。
仙冬可さん

「卒コン」が、「卒業コンパ」とも「卒業コンサート」(アイドルグループの)の意味とも取れ、そこで悩んでしまいました。
前者だとしたら、大学を卒業したくらいなら社会的には若いと言われる年齢だけど、もっと若い人たちと比べたら確かに若くはなくなんとなく真顔になってしまう、という雰囲気なのかなと思いますし(誰が諭すのかという感じはしますが)、後者だとしたらいつまでもアイドルの追っかけをしている相応の年齢のヒトが誰か(身内かコンサート仲間か)に諭されるいるという感じにも読める感じです。個人的には後者の方で読んだのですが、いずれにしても「卒コン」は正式名称で書かれた方がよいかなと思いました。

桔梗さん

「卒コン」が色々な意味にとれるので、景色がぼんやりしてしまいます。卒業コンパかなとも思ったのですが、誰に諭されているんだろう。
薄荷。さん

卒コン 追いコン 老いコン の意味でした。
評 緑の葉っぱ ありがとうございました<(_ _)>
井筒ふみさん

Name
Text
 誰でもいつでも選評を送れます。

好きな人

せしん 小泉夜雨 高木一由 中牧正太 森下裕隆

32代目 うたの人 総選挙

うたの日